novel

Distance 2round カウントダウン 4


 翌日から、卓巳(たくみ)が家を出ると、北上神(きたにわ)が外で待っているという日々が続いた。

 北上神は、一応仲川対策というのだが、母親はそれを聞いて大いに感謝しているのだ。
 教室は隣だから、朝は教室まで送ってくれるし、帰りも迎えに来てくれる。

 田上や熊木とも上手くやっているし、トラブルもない。
 二人に北上神の背景を聞いてみても、変な噂も聞かないという。

 中学の時までは、かなり学校をサボっていたらしいが、それも全部家のことを手伝っていたと北上神は言う。

 それでも成績がよくて、1組から一度も落ちたことがないというのだから凄いと思う。

 一方、仲川の方は、あれから気まずいのだろう。近寄ってくることもなくなったし、電話もかかってくるようなこともなくなった。

 変なことと言えば、廊下を歩いている時、下級生からの視線が多くなったことだろう。

 移動時間などの時など、あきらかに待ち伏せされているような気がする。何かされるわけではないが、ジロジロと見られている。

 あれは何だろう? 意味が解らない。

「なーんか、視線が熱烈だなあと思ったけど。なんだ、そんなことか」
 そう言ったのは熊木だった。

「何か知ってるのか?」
 この妙な視線はなんだと卓巳が問いかけると。

「あ、あれ、多分、北上神(きたにわ)の非公認ファンクラブってとこらしいよ。うちのクラスの奴とか後輩がさ、真剣に「北上神先輩と東稔(とね)先輩は付き合いだしたんですか?」なーんて言われたらしいよ」

「はあああ?」
 卓巳は田上と一緒に声を上げてしまった。
 そんなことがあったなんて。

「ある意味、男のコンプレックス刺激するような人間だし、普通なら反発があるもんだけど、北上神って結構人付き合いが上手いじゃん。だから、対抗するより、憧れるって感じらしいよ」

 そう熊木が言った時、卓巳は後ろからギュッと誰かに抱きしめられた。 だがこんなことするのは、一人しか思い当たらない。

「き、北上神ーーーーっ」
 いきなりやられると、体重が支えられないのだ。思わず、前のめりになってしまって卓巳は唸る。

「上半身の体重を全部俺に乗せるなっ!」

「わりぃわりぃ。なんか俺のこと言ってるなーと思って」

 体重を乗せるのはやめてくれたが、抱きしめるのはやめてくれない。しかも卓巳の肩に顎を乗せている。 それでも田上や熊木が全然驚かないのは、北上神がスキンシップが好きだということを理解していることと、なんだかんだで卓巳がそんなに嫌がってないというところだろう。

「話ってか、噂聞きつけてって感じだけど」
 熊木がそう言ってさっきの話をする。

「ふーん、そんな噂になってんだ。面白」
 北上神は大したことはないとただ単に面白いとだけ言う。

「俺は面白くない。なんで、付き合ってもないお前と噂された挙句、見覚えも無い下級生に睨まれなきゃならないんだ」
 卓巳がそう言うと、北上神はケラケラ笑っている。

「俺が卓巳と付き合ってることになってるなら、それも好都合。余計なのがこないし、それに卓巳なら向こうも納得って感じだろう。別 に何かされたわけじゃないよな?」
 最後の方は全然ふざけてない。声が低くなっている。

「別に、ただ見られてるだけだし、何かされたわけじゃないよ」
 最後が妙に真剣に言ったような気がしたので、卓巳は慌てて答えていた。

「ならいいじゃん。見てるだけで、呪い殺せるわけでもなし、妙な電波を受信するわけでもなし」
 そんなリングや着信ありじゃあるまいしと切り捨てられた。

「呪い……電波って」
 がっくりとする卓巳。

 そういう問題だろうか?

「気になるなら何とかするけど」
 そう言い出した北上神に、卓巳は慌てて止める。

「何もしなくていい!」

「そう? じゃ何もしない」
 まるで♪マークでも出てるようなノリのよさで答える北上神。

「俺、卓巳のこと気に入ってるから、もしなんかあったら、言ってきていいからな」

「言ったらどうなるんだ?」
 面白そうに田上が聞く。

「そうだな……どうしようかな」
 何かたくらむような顔をして、北上神はニヤリとする。

「なんかヤバそうだな」
 熊木が苦笑して言った。

 特に北上神が何かしたわけではないし、そんな噂もないのだが、なんとなくヤバイ気がするのだ。
 そこへ学級委員長が通りかかった。

「あ、東稔、田上。次、自習だってよ」

「うっそ。やり」
 田上がガッツポーズして喜ぶ。次は、確か移動教室だったのだ。

「篠原ちゃん、腹痛で病院だって。急だったからプリントもないらしいよ」

「更にやり! 東稔、次クロスワードやろうぜ」

「うん、いいよ」

「あ〜あ、俺も混ざりたい」
 熊木が悔しそうに言う。

「お前ら、クロスワード系好きだよなー」
 関心したように北上神が言う。

「趣味だし。でも、北上神、数学パズルは簡単に解くじゃん」
 田上が言う。

 そう、北上神は数学パズルを意図も簡単に解いてしまったのだ。こっちが少し苦労していても、すすっと問題を解いてしまう。

「あれは、普通の問題だろ。テストと変わらんから解けるだけだ」

「あれを普通というか……」

「ある意味嫌味だよな」

「うんうん」
 三人にそう言われても北上神は困った顔一つしない。

 数学パズルの問題は、高校生のレベルで、下手すれば大学レベルもあるのだ。それを普通 という北上神のレベルは理数系大卒くらいはあるだろう。

「あ、ちょっと卓巳貸してな」
 いきなり何か思いついたらしい北上神がそういうと、卓巳の腕を引っ張って行く。

「あ、どこ行くんだよ」
 こういう展開には慣れてない卓巳。ポカンとする田上と熊木を置いて、さっさと別 館の方へ歩いていく。

 ちょうど昼休みの終わりを告げる予鈴が鳴った。

「北上神、次授業だろ?」

「いいって、さぼるから」

「さぼるって」

「いいから。それより気になることがあるからな」

 北上神はそう言うと、別館に入った。ここは、普段使わないような教室やらがある建物で、部活時間くらいでないと人が行きかっているということもない。
 当然、シーンとした中を歩くことになる。

 一体何処へ行くのか解らないが、北上神には目的があるらしい。

 北上神が向かった先は美術室だ。そこの教官室には鍵がかかってなくて、すんなりとドアが開いた。
 部屋の中を見ると、教師がいる。

「お、世嘉良(せかりょう)センセ、久しぶり」
 北上神はそう言って中に入る。腕を掴まれていた卓巳も一緒に中に入る羽目になった。

「予鈴が聞こえなかったのか、それとも故意に無視なのか?」
 特に怒ってるのではなく、むしろ面白がっている口調で、世嘉良は言った。

「故意に無視。で、ちょっと様子見とね」
 北上神はそう言って、卓巳を椅子に座らせると、自分は隣の教室の方へ行ってしまう。
 世嘉良がちらりと教室を見にいったが、すぐに戻ってきた。

「探偵でもやってんのか?」
 世嘉良が首をかしげて言うのだが、卓巳にも理由が解らないのだ。

「さあ? 急に言い出したんで」

「ま、戻ってくれば解るか」
 世嘉良は大して気にせず、資料を広げて作業に入ってしまった。

 することがなくて、じっとしてた卓巳がふっとドアの影に気が付いたのは、ほんの数分してからだった。
 この教官室に用事があるなら、入ってくればいいのに、影は少し様子を探っている感じだ。

 すると、世嘉良がガタリと音を立て、電話をかけ始めたのだ。

「ああ、すみません、この資料ですが、全部揃ってます?」
 世嘉良がそう言ったとたん、影は逃げるようにして去ってしまった。
 パタパタと数人が走るような音がしてそれがすぐに遠くなった。

 それからすぐに北上神が戻ってきた。
 世嘉良はそんな北上神を睨みつけて言った。

「つまんねえ役やらせるな」

「機転が利くから、センセは好きだなあ」

「つーか、最初からいるの解っててきたくせに」
 世嘉良は盛大に溜息をはいて卓巳を見た。

「さっきの電話、嘘なんだ」
 そう言われて卓巳は首を傾げた。

「え?」
 北上神が傍に座るのを確認すると、世嘉良が説明をつけてくれる。

「つまり、さっきの人影は、お前と北上神を探してたとなる。ここに俺がいるとなれば、ここにはいないと思ったのだろう。それで逃げたってわけだ」

「え?」
 世嘉良の説明でもまだ解らないことだらけだ。
 世嘉良は顎で北上神を差すとそっちに聞けという態度を示した。

「つまり?」
 卓巳がそう聞くと、北上神が答えてくれた。

「さっきから変な噂が流れてるだろ? それでな、出所が何処かと思ったわけだ。そうしたら、仲川がこっちを見てた。ニヤリとしてな。それでこいつかと思って、ちょっと行動してみようと思ったわけだ。案の定、悪い友人とカメラ持って追いかけてきた」

 北上神がそう言うのを卓巳は真剣に聞いていた。

 ということは、仲川はまだ自分のことをどうにかしようとしているとなる。
 だからと言って、変な噂とカメラがどう繋がるのかが解らない。

「そんな噂、仲川が流してどうするんだ? カメラって?」
 卓巳がそう言うと、世嘉良が。

「おいおいおい、天然くん過ぎるぞ。ここまで言って連想できないとは。まあ、純粋に出来てるなあ」

「そういうところが、俺は好きなんだけどな。センセも天然好きじゃん」
 北上神は笑って世嘉良にそう言う。

 それから卓巳の方を向いて言った。

「俺との噂は前哨戦なわけだ。俺といると損をするとか、他の奴に何かされるとか色々目論んでたらしいな。でもお行儀がいい生徒はそんな色々をやらないわけだ。精々卓巳の顔を確認するくらいだけ」

「そこまで、やるのか?」
 仲川にそこまで恨まれているとは思わなかった。
 卓巳は驚いた顔をしていた。
 だが、それはまだ可愛いものだ。

「それくらいなら問題はない。けど、あいつは、それをネタにして、俺とお前の噂に値するような写 真を撮ろうとしたわけだ。当然、お前への脅しになるようなものを撮る為だってのは解るか?」
 そう言われて、卓巳は目を見開いた。

 まさか、仲川が狙っている脅しになるネタというのは、仲川がしようとしたことと同じことなのだろうか? そう思った卓巳に、よく出来ましたとばかりに北上神が微笑んだ。

「思ってる通り」

「だ、だって! そんなの撮ったからって!」
 どうやって脅すというのかと続けようとしたら先に北上神が言う。

「じゃあ、お母さんに見られたらどうする?」

「あ……」

「だろ? そういうこと」
 北上神にそう言われ、卓巳は呆然とする。
 そういう北上神は、卓巳を抱きしめている。これはどうなのかと、世嘉良が突っ込む。

「あ、これ。ちゃんと俺がスキンシップ好きってことになってるから、こんなの撮ったところで笑って済ませられるもんだよ」

「ふーん、役得ってわけか」
 世嘉良はケッと言って煙草を吸い始めた。

「だって、卓巳抱きしめてると、なんか安心するから」
 北上神は言って、ぎゅっと卓巳を抱きしめる。

 こういう場合どうしていいのか解らない。

「一人前にそんなこと言うようになったか」
 世嘉良はそう言って妙に可笑しそうに笑った。