novel

Distance 3round やわらかな傷跡 13


 斗織に好きな花はなかった。
 ただ選ぶのは、いつも百合だった。好きだからではなく、母親がそれがいいと言っていたという理由だけ。

 女の子らしいところは全然無く、寧ろ無茶苦茶な人生だったと思う。
 けれど、彼女は沢山のものを残していった。
 それはどれも大介や水渚を助けてくれる存在であり、生きていくのに必要なものだったりする。

 それをどうして憎むだなんて馬鹿なことを思ったものだろう。
 問いたいのであれば、自答するのではなく、彼女が守った全てに聞くべきだった。

 彼女はその問いに対して、全ての答えを用意してくれていたのだから。

「まったく、なんて人なんですか。貴方は」
 そう言う大介は、眩しそうに目を少しだけ伏せた。


 本当に卑怯だ。こんなやり方でしか本当のことを知れないようにしていくなんて。
 お陰で、3年もかかってしまったではないか。

「きっと、そこで「今頃なの? 案外馬鹿ね」って笑ってるかもね」
 水渚はそう言って、大介の手を握った。大介もその手を握り返した。

 言うべきは今だろう。

「斗織。貴方が育てた可愛い子を本当に貰ってもいいでしょうか?」
 いきなりそう言う大介を水渚は驚いた顔で見上げた。

「返事が無いのは、沈黙による承諾と受け取っていいんですね。じゃあ、貰っていきます」
 大介はそう一人で決着をつけてしまうと、水渚をすっと抱きしめた。

 急な展開に水渚の頭は真っ白である。どう考えても大介が貰うといっているのは、水渚のことだ。

 それも本当にということは、今までと違う形である。

「だ、だ、だ、だ、大介!」
「はい?」

「ぼ、僕の、意見とか……気持ちとか……そういうのは?」

 しどろもどろとして一応言う。どうしてバレていたかなど問題ではないのだが、大介がいきなりこんなことを言い出した意味も解らない。
 とにかく誤魔化せという気分だった。

 しかし、大介は水渚の耳に口を寄せると低い声で言ったのである。

「負けてくれるんでしょ?」
 ぐっと体温が上がっただろう。

 いきなり気分が浮上したかと思えば、なんだこの積極的な態度は。
 こんな男だったかと考えても、ストイックな面影しかない。

「だって、いきなり過ぎ……!」

「先手は水渚でしたよ。憎んでもいいからって言ったでしょ。それを自分なりに解釈してみました」

「か、解釈って」

「私を好きだからこそ、忘れて欲しくなかったんですよね?」
 憎まれていてあえなくなって辛くても、それでも大介には覚えていて欲しかった。それはまさに図星だ。

「そ、そそれは」
「それは?」
 こう言った大介の顔は普段の涼しい顔ではなく、ニヤニヤとした笑いを含めた顔だった。
 もう知ってるのだし、ここで頑張っても無駄なことを水渚は理解した。

「……ま、負けてやる!」
 もう、どうでもよくなってきて、水渚はそう叫んでいた。
 すると、大介はクスクス笑って。

「ありがとうございます」
 と言ったのだった。

 その時の大介の笑顔は、多分一生忘れられないだろう。
 それくらいに一番綺麗だった。

 それに見惚れていると、ふっと唇を奪われてしまった。えっと思っている間に、何度も啄むようにされてしまう。

 うわーうわーっと真っ赤になったところで大介のキス攻撃が終わった。

「キスは初めてでしたか?」
「うわ! そんなこと聞くな!」

「経験がなくて良かった。じゃあ、ファーストキスなんですねえ」
「だ、だから言うなって!!」

 水渚は叫んで、大介の腕を抜け出すと、さっさと斗織の墓を後にした。それを眺めて、クスリと笑った大介は、桶やらを片付けて水渚の後を追った。

 また、ここに来るときは、別の報告も出来るかもしれない。

 それにその時は、きっと大勢で来て、ここには百合の花園が出来るだろう。

 貴方が守った、今生きている人たちが作る花園があるに決まってる。








 大介から逃げ出した水渚は、結局、車で来ているのだから、正確には逃げるわけにはいかなかった。
 仕方ないので、車にもたれていると、携帯が鳴った。
 相手は梧桐だ。

「はいはい」
『嗄罔、昨日凄かったなー』
 梧桐はゲラゲラ笑っている。

「この、裏切り者が……」
『裏切ってません。そうだ。そっちはどうだった? 駅』

「京都府警所属のサンタがいたよ」
『すげー。大掛かりだなあ』

「馬鹿馬鹿しくて涙が出るよ。おまけにそのまま飲みにいったらしい」
『あははは。こっちもあのまま飲みにいったんだけどな。考えることは何処も同じか』

「で、何か用?」
『まあ、その。玖珂さんとどうかなと思って』

「……」
『キスぐらい墓前でしたかどうか。言いたくないならいいんだけど』
 どうしてそのまま今してきたことを、的を射たことを聞くのだろうかと水渚は思った。

「……した」
 隠したところでと思って正直に答えたのだが、向こうの状況が違っていた。

『した? したんだ。おーいしたってよ!』
 梧桐がそう確認して叫んだとたん、携帯の向こう側から、ぎゃーだの、やったーだの。賭け金がどうだのこうだの。
 明らかに、十人くらいはいるだろう声が聞こえてきたのだった。

「……こんのぉ、梧桐、仕置きだ! 覚えてろよ」
 酔っぱらいどもはまだ解散しておらず、まだ水渚たちで遊んでいるのだ。もしかしたらまだサンタの格好をしているかもしれないと思うと、本当に頭に来る状況だ。

『うわ、たんま! あのさ。情報だけど。東京駅…』
 そこまで梧桐が言ったところで、水渚はさっさと携帯を切ってやった。たぶん、折り返しはかかってこないだろう。

「どうかしました? 大きな声を出して」
 携帯を睨み付けていると、大介が戻ってきた。結局、そのまま電話のことを話すと、大介は苦笑するだけだった。

「暫くは仕方ないですよ。3年分きっちり返ってくると思いますし」
「……いっそのこと、どかっと来た方が楽だよね」
 準備が出来なかったから、ああだったと思ったが、実はこうやってチビチビ仕返しをすることで、こっちにダメージを与えようという作戦なのかもしれない。