novel

calling-5

がたがたと音がなる。
 机にうつぶせにされたまま、腕の力が抜けて机にしがみついているような体勢になってまでも、激しく突き上げてくる衝動に寧野(しずの)は甘い声を上げた。
 ニチャニチャと粘るような音が段々と大きくなり、水が波打っているような音が自分の耳にまで聞こえてきた。
「あっ……あぁ」
 気持ちが良くて善がり声を上げる寧野(しずの)を耀(あき)は激しく揺さぶる。
「あっ外……見えちゃ……」
 真正面にあるのはガラス窓、外はビル街で夜の様相を見せている。
 こちらの部屋の電気は付けたままであり、外から見れば見えるかもしれない。
 ギュッと寧野(しずの)の孔が小さくなり、耀(あき)自身を締め付けてくる。
「……くっ」
 激しく打ち付けていた耀(あき)の動きが緩くなる。
 そのゆるりとした動きに寧野(しずの)の体が更に震える。
 背筋が反り返り、耀(あき)を誘うように腰が動き始める。
 耀(あき)が動きをほぼ止めてしまうと、寧野(しずの)が自分で腰を使って、甘い声を吐きながら耀(あき)自身を飲み込むために動き始める。
「ん……んぁあ……ああんっ」
 その揺らぐ腰を眺めながら耀(あき)が寧野(しずの)の尻を撫でた。
「あっん……やだ、耀(あき)……」
 その尻を掴んだまま、耀(あき)は一気に腰を入れた。
「ああああぁぁぁ!」
 体中に快感が走り抜け、寧野(しずの)自身は精を吐き出した。
 それでも耀(あき)の方はまだ達しておらず、緩やかだった動きがたたきつけるような動きに変わる。
「達ったばかり……あぁぁあああっ! んぁあっ!」
 パンパンと肉がぶつかり合う音が部屋中に響いて、その激しさを知らしめる。中をえぐるように入り込み、引きずり出すように出て行く耀(あき)自身を、離すものかと必死な寧野(しずの)の孔が引き締めて吸い付く。
 耀(あき)の額に汗が浮かび、それがあごを伝って寧野(しずの)の背中に落ちる。
「んぁっ!」
 速さを増す耀(あき)自身が絶頂に向けて、寧野(しずの)の奥まで張り込み精を吐き出した。
「あぁあああ!」
 たたきつける精を感じて、寧野(しずの)も絶頂を迎える。
 耀(あき)はゆるりと自身を抜きながらも、また何度か奥まで精を吐くようにたたきつけてくる。
 吐き出した精液を何度もすりつけるように耀(あき)は腰を動かし続ける。一旦萎えた耀(あき)自身は、ものの数秒で復活し、更に大きく寧野(しずの)の中で膨れる。それは圧迫感はあるのだが、寧野(しずの)にはたまらない快感でもある。
「……耀(あき)……あぁ」
 達したばかりなのだが奥が疼いている。何度でも耀(あき)を堪能したいとばかりに中はいやらしく耀(あき)を誘う。それに合わせて寧野(しずの)は言う。
「ねぇ、突いて。もっと……」
 淫らに誘うその姿に、耀(あき)は寧野(しずの)に覆い被さるようになり、激しく腰を打ち付ける。吐き出した精がジェルの役目を果たして、内部は申し分なく濡れている状態だ。出入りが更にスムーズになり、大きくなった耀(あき)自身も難なく飲み込む。何度も出て行く耀(あき)自身を寧野(しずの)は締め付け、そのたびに入る時は熱をおびえているままねじ込むように入り込んでくる。
 ぎりぎりまで抜いて突っ込むと、もう精をはき出せないほどになっているが寧野(しずの)は何度も達していた。頭がおかしくなるのではないかと思えるほどの快楽におぼれ、耀(あき)に溺れていく。
 もっともっとと貪欲にねだっても耀(あき)はその手を休めない。
 何度でも応じて、寧野(しずの)がもういいと言っても耀(あき)はその先の快楽を寧野(しずの)に与えてくる。
「あぁああぁっっ!」
「んんっ!」
 耀(あき)がすべてを注ぎ込むように突き上げて絶頂に達すると、寧野(しずの)もまた快楽の中で絶頂を迎えた。
 抜かずに五回目だった行為を、やっと耀(あき)が抜いた時には、寧野(しずの)の孔はなかなか塞がらず、吐き出した精が一気に流れ出て、寧野(しずの)の太ももを伝って落ちていく。
 ワイシャツだけを残し、それ以外は周りに脱ぎ散らかした様子は陵辱をしましたというように見える。それは耀(あき)を満足させ、本当を言うともう一回したくなるのである。
 だが、絶頂の絶頂というような達し方をした寧野(しずの)は、快楽の世界からまだ帰ってこられず、体を何度もびくびくと震わせていた。
ドライオーガズムに達すれば、しばらくはこのままだ。
 寧野(しずの)の場合、ドライオーガズムになると一回の絶頂で数分間も味わい続けることになることがある。それが寧野(しずの)の限界で、それ以上すると確実に寧野(しずの)は気絶する。まあ、今も気絶したようなものではあるだろうが、それでもまだ目が動いているのが気絶はしていない証拠くらいなものだ。
 耀(あき)は、まわりに散らかった服を片付け、社長室の隣にある寝室にあるバスルームの湯船にお湯を張り、それから寧野(しずの)を抱えに部屋に戻る。
 やっと寧野(しずの)の絶頂が終わり、本人はゆっくりと起き上がっていた。流れてくる精子を濡れたタオルなどを使って耀(あき)が拭き取る。それからふらふらとしている寧野(しずの)を抱え、風呂に入り、体を丹念に洗いながら、結局もう一回した。
 シャワーが止まったと思ったら、掻き出していた指が出て行って、違う堅さのものが入ってきた。
「……うそ……なんで、ああぁあっ」
 掻き出す作業で敏感になっているところをこすられると、さっきまで散々したと思っていた行為を思い出して興奮する。
 先が少し侵入してくると、出て行くのを止めるように寧野(しずの)の中がそれを抱き留める。
「出て行ってほしくなさそうだが?」
 抜こうとしたとたん、内部が全力でそれを止めることに慣れていて、思わずそうしてしまった寧野(しずの)は。
「違うっ そうじゃなくて……んぁ」
「どうするんだ?」
 じりじりと押し戻されるが、それはゆっくりとで、首を振ると出て行こうとするから更に内部が止める。
「ほら、寧野(しずの)はどうしたい?」
 ゆっくりと動かれ、胸の突起まで両方が摘ままれた。
「そこ、だめっあっんっ」
 乳首を摘まんだまま、くいっと指で撫でたり押しつぶしたりされると、収まっていたものがムクリと起き上がってしまう。
「体は正直なのにな」
 すっと寧野(しずの)自身を握られて擦られた。
「あっあんっあぁ……ああぁっ」
 収まっていたはずの体の熱さが戻ってきて、耀(あき)を求め始める。
「ちょうだい……耀(あき)をちょうだい」
 寧野(しずの)がそう言って、耀(あき)が深く突いた。
「くれてやるよ」
 柔らかくなっているそこは奥深くまで耀(あき)を受け入れ、数回の出し入れを繰り返すだけで、二人とも達してしまう。さすがに高まった気持ちのままだと一回目の時と変わらない速さだった。



「しないって……言ったのに……」
 散々されてしまった寧野(しずの)は、片付けが終わった寝室のベッドに腰をかけたまま文句を言い出す。
「いいケツしてるのが悪い」
 言い訳ともなってない理由を言って寧野(しずの)を呆れさせるのはいつもの耀(あき)だ。耀(あき)は本当に寧野(しずの)の尻をいい尻だと思っていて、最近は後ろからしたがるのだ。
特に寧野(しずの)絶ちになる海外出張などになると、その傾向は酷くなる。
 帰ってきたばかりなのに、自宅に帰れないといらだっている耀(あき)のところに、寧野(しずの)が訪ねていって笑顔を見せたら、周りにいた全員を早急に追い出してこうなったわけだ。
「怒るな。愛してる」
 いきなり耀(あき)がそう言って寧野(しずの)の髪を拭きながら言った。
「俺だって愛してるけど、それとこれは話が違う」
 寧野(しずの)はさらっとそう返してから、まだ怒っているのだと告げた。
「それで、自宅で待ってられない理由は?」
 耀(あき)がそう尋ねてきてやっと寧野(しずの)は言った。
「それを最初に聞けよ、本当に」
 そう言ってから、もう昨日になる真紅(マリーノヴィ・ツヴェート)との取り引き現場で、自分が金糸雀(カナレイカ)と呼ばれたことについて話した。
「目が合って、ぼそっと一言だけ言われたんだけど、金糸雀(カナレイカ)って呼び方は初めてで……」
「普通なら、何のことか分かっていないはずのことだな」
 寧野(しずの)がロシア語のその言葉の意味を知らなければ、向こうの独り言で済んだ話だったはずだ。
「そうなんだ。向こうはそう思って呟いたんだろうけど、俺はたまたま知っていて、反応はしなかったけど、何?みたいな顔はしたかもしれない」
 寧野(しずの)がそう言うので、耀(あき)は今日の取り引き相手のことを思い出す。真紅(マリーノヴィ・ツヴェート)とはいえ、いつもならば、ナンバー二の人間が担当していたと思うが、今回が真紅(マリーノヴィ・ツヴェート)のボスが出向いたはずだ。
「確か名前は……」
「ジヤヴォール・クリエースト」
「そいつが金糸雀(カナレイカ)と呼んだのか?」
「そう……」
 寧野(しずの)は気にしすぎなのかと思っていたが、どうやらそうではないようだった。耀(あき)もさすがにそれはおかしいと思っているようで、じっと考え込んでしまった。
「この一年、何の話もなかったのに……なのに急にだから」
「確かにおかしいな」
寧野(しずの)の周りはこの一年、平和そのものだった。何の問題もなくきただけに、今更金糸雀(カナレイカ)を持ち出されても困る。
「噂を信じて、今更狙うなんてことはないと思いたいが」
「問題は……相手が俺が子供を作れないことを知らないってことだよね」
 寧野(しずの)はそう言っていた。
 寧野(しずの)の精子に問題があり、寧野(しずの)は子供を望むことは不可能とまで言われている。いわゆる非閉塞性無精子症であると思われる。精巣中で精子が作られない、というものでホルモンの異常が原因ではないかと言われている。
 寧野(しずの)を捕らえたそれを調べた煌和会(ファンフォフゥイ)が、未だにそうした兆候を見せていないのを見ると、不妊治療などでどうにかなるものでもなかったようだ。
 しかし寧野(しずの)の場合、それにプラス、ストレスもかかっている。子供ができると不幸にするという明確な事情がある故、子供を作りたくないと強く思っている以上、子供は絶対にできないだろう。医者からはそう言われた。
 だから寧野(しずの)を捕らえてどうこうする人間は必ず頓挫する計算だが、これに納得しない連中が毎回沸くのは、金糸雀(ジンスーチュエ)伝説のおそろしいところだ。
 しかも昨今、金糸雀(ジンスーチュエ)一族は死に絶えた。唯一生きているとされる高黒(ガオヘイ)は行方が分からないままだ。
 彼も一応は金糸雀(ジンスーチュエ)一族の末裔ではあるが、プライドの高い彼がその事実を認めて大人しく誰かに使われるとは思わない。
 捕まっているとしても別の目的であろう。例えば、金糸雀(ジンスーチュエ)一族の行方や出身。そういうルーツをたどる人間もいるだろう。
 寧野(しずの)の無精子症を知っているのは、本人と耀(あき)たち、白鬼(なきり)の幹部、煌和会(ファンフォフゥイ)の人間、和青同(ワオチントン)の人間、そして真栄城俐皇(まえしろ りおう)だろう。
 ここからひろまったりしていないところを見ると、誰も喋る気はないらしい。自分たちに関係がないことをペラペラ喋るような人たちではないということだが、今回に関しては少しくらい噂を撒いてくれてもいいと思う。
「とにかく暫くは気をつけろ。何なら護衛も付ける」
「ふだんからぞろぞろ連れてるのに、それで誘拐されるなら、きっと酷い事件になってると思うよ」
 寧野(しずの)は真面目にそう言った。それこそ抗争だと。
 白鬼(なきり)と他の組織に喧嘩を売ってまで寧野(しずの)を手に入れる人間がいるなら、耀(あき)はその組織を潰してしまうだろう。だがそれも本人はやりたくないと思っている。
「どこかの誰かにいいように使われてる気がしてならない」
 そう言うのだ。
 とにかく、今回の問題は寧野(しずの)の周辺の出来事を極力注意するという話で終わったのだが、その翌日には早速問題が出てきてしまったのだった。