manga
漫画のAgnus Dei
咏士は十和(じつか)が人でなくなることへの恐怖もあり、
一度見放した手前、好きなど言えるわけもなく、
ただ十和(じつか)が望むように生きていくことに決めた。
たとえ己が人ではなくなっていくかもしれなくても
その恐怖はすでに十和(じつか)が味わったものなので
咏士は受け入れるつもりでいる。(お家とかどうでもいいので)
まあ、神様の乗っ取りはほぼ完了したので、二人は寿命をのほほんと
神様にからかわれながら生きていくのだろう。