manga
小説のHowlingからspiralling、calling
spirallingから出てくる俐皇(りおう)は、正直主人公でよかったかなと思ったほど、
動かしやすいキャラで、耀(あき)ほど人間ができて無くて、
暴走もさせられたから割と好きである。ので、そっちの話が中心になり、
耀(あき)が特においてけぼりになってしまった。
callingは補足として、俐皇(りおう)のことも書いた。
お互い世界は同じだけれど、向いている未来が違う。
そういう意味で、寧野(しずの)とは対比になってるかなあ。
なんだろ、spirallingは寧野(しずの)と俐皇(りおう)の物語な気がした。
マフィアな世界なら、今後俐皇(りおう)もでてきそうではある。
動かしやすいので好きなキャラである。