novel

calling-10

 寧野が戻ってきたのは、誘拐から一週間経ってからだった。
 寧野の言葉によると、覚えているのは二晩のみで、他は運ばれていたのかもしれないと言った。誘拐犯が船を使ったのもあり、輸送に二日ほどかかっていたと思われる。
 寧野がロシアから戻ると、真栄城俐皇(まえしろ りおう)が連絡をしてきた。
 耀が受けた電話では。
「寧野が新潟に今日のウラジオストクからの飛行機で到着する」
 そう言われただけだった。
 どうして寧野がロシアにいることを俐皇が知っているのか。いやもし偶然であったとして、どうして日本に帰そうとするのか。いや、そもそもお前は何を考えている。
 いくら考えても分からない答えは置いておいた。
 それでも寧野は戻ってきた。
 そして戻ってくると、皆の安堵の言葉を受けるよりも早く、耀が寧野を連れて屋敷の離れに連れて行った。



 ベッドに沈む寧野の体を追いかけて、耀は獣のように四つん這いで歩みを進める。それから逃れるように寧野がベッドから降りようとするのを耀は捕まえた。腕を掴んで仰向きにしたが、寧野がまた逃げようとしたのを押さえつけるようにし、素早くズボンに手をかけ、一気に下着までも脱がせた。
「……あ」
 ズボンが中途半端に脱げていて、足が拘束されたように動かない。そのズボンには耀の足が乗っていて、完全に足は拘束したような状態だ。
 耀の前にお尻を突き出したような形になってしまっていることに気づいて寧野が逃げようとするも、それを耀がしっかりと両手で掴んだ。尻の割れ目を開き、孔を露わにするといつの間にか出してきていたコンドームを指につけて寧野の孔に指を二本も入れてきた。
「あっ……あぁ!」
 中を抉るように動かされ、一瞬で寧野の逃げる気持ちがなくなる。こうされると弱いことを耀は知っていた。
 指が抜けてしまうと、そこに耀の唇が当てられた。熱い舌がぬるりと寧野の体内に忍び込む。また指が入り、それが孔を広げ、そして舌がその周辺を舐めてくる。
「んぁあああぁっ……あぁ……んふ……んっ」
 堅い蕾を広げられるだけ広げ、孔は唾液で溶けてぬちゃっと音を立てている。指が三本入り、くちゅくちゅと音を立てながら出入りを繰り返す。
「ぁああぁ……だめっああ……だめ……んぁあっ」
 孔を耀の指でかき回され、触ってもいない寧野自身が、ポタリと精の先走りを見せていた。ねったりとした液がどんどん溢れ、ベッドのシーツを汚していく。
 寧野は枕を掴んでそれを抱きつき、快楽を味わいながらただひたすら悶えた。
 指が抜き取られた時には、そこはすでに淫蕩に変えられていた。いつの間にか足されたジェルで、孔は完全に耀を受け入れる準備を整えてしまっている。
 ひくひくと収縮をし、待ちわびるように動くうねりに耀自身が近づけられた。
「あぅっあぁっ……んっ」
 ズッと耀自身が寧野の中に入り込んできた。大きさや熱が一気に伝わってきて、寧野の中で耀はさらに大きくなる。耀自身が脈を打っているのすら伝わってきて、耀の愛の強さを感じる時だ。この時こそ、耀の寧野への執着がいかに強いか感じることができるのだ。
 根本まで入り込むと、勢いよく引き抜き、そしてまた奥まで突いてくる。激しい動きを二三回繰り返した後、耀は小刻みに孔をかき回した。
「あぁあっ……あっは……はっあ……んんぁっ」
 中をこすられる感覚が心地いい。それに併せて寧野も腰が動いてしまう。ゆらゆらと動きに合わせてくる寧野に耀はニヤリと笑う。
 こういう風にしつけたのだ。気持ちよければ好きに動いていいと。それを寧野は恥ずかしながらも、段々と慣れてきた。今では言われなくてもそうするし、気持ちいいと体で表現することも得意だ。
 寧野の内部が耀自身を捕まえ射精へと導く。孔の中で弾けると、寧野も一緒に達した。
 ぐったりとした寧野がそのままベッドに沈むと、耀はすぐさま寧野中から出て、寧野の体を仰向けにした。
 露わになっている達したばかりの寧野自身に、耀はそれを掴んで口に入れた。
「……ああぁああっ……だめっいったばかり!」
 残滓のある寧野自身を耀は口で何度もしごき、寧野自身を起たせると、密を吸い取るように丁寧に舐め、そして口の中に射精させた。
「も……ああぁあああ!」
 搾り取るようにいった後も舐めとり、そしてそのまま寧野の腰を持ち、一気に孔に耀自身を忍び込ませた。
「ひっぃぃっ……やぁあっ……死ぬ……あぁ!」
 今度は早急に奥まで突かれ、その衝撃でドライオーガニズムに達する。びくびくと震える寧野の体をさらに耀は突き、一度吐き出した精のせいでなめらかになった内部を自由自在に動き回り、寧野だけがまた達する。
 寧野の上着を剥ぐと、そこに残るキスマークの数に耀は一瞬だけ我を忘れそうになる。だが、こうなったのは己の未熟が呼んだものだと言い聞かせて、そのすべてを上から塗り替えた。
 震える体の乳首に吸い突き、飴玉を舐めるように舌で転がして美味しそうに耀は舐め尽くした。
「ふっう……んぁあっあっ!」
 片方の乳首を吸い、吸ってない方を指でこね回し、寧野自身は耀の腹にこすられている。腰は緩やかに動くというやり方はすべてを攻めている。寧野の腹には吐き出した精がまた貯まった。それでも勃起は止まらず、起ったまま精を吐き出している。
「あああ……あぁああ……ああぁぁっ!」
 気が狂ってもおかしくない快楽に寧野はただ翻弄されるだけだ。
 それもこれも全部自分が招いたことであるから、受け入れるしかない。
「耀……んぁあ……すき……」
 怒りに満ちている顔を眺めながらも、寧野は微笑んで耀にそう言っていた。
 するとその答えは簡単だった。
「そんなのは知っている」
 その言葉と同時に耀は寧野の中に射精した。吐き出た瞬間、孔から抜き、残りの残滓を寧野の体にもかけた。
 それは雄がするマーキングだ。
 寧野精と耀の精が混ざったものが、寧野の腹に乗っている。寧野はそれを混ぜ合わせるように手に取って、腹を撫でるようにした。
 そうだよ耀のものだよと言うようにだ。
 耀はそれを見て少し驚いたような顔をしたが、穏やかな笑顔を向ける恋人の言いたいことは理解できた。
「お前を今更ほかの誰かにくれてやるつもりは毛頭ない。お前が望んでもだ」
 耀がそう言い切ると、寧野は頷いてから言った。
「そんなことがあったら、その時は殺して。そして耀のものにしておいて」
 そんなことはないと言わない。
 もし耀の命に関わることで寧野が選ばざるを得ない時がきた時、寧野は耀の命を優先するために、耀には不快な返答をするかもしれない。
 だからその時は殺してくれて構わないと言うのだ。
 耀を生かしてなおかつ、足かせにならないために。
「二度と耀の重荷にはならない」
 寧野の決意は、耀が考えているよりも重い。普通の人間ならこの重さに耐えられはしないだろう。気に入らないなら殺してくれていいと口では言える人間は多いが、寧野は心の底からそう願っている。這いずってでも戻ってくるような人間が言う言葉だ。軽いわけがない。だがその答えに満足して微笑むのが宝生耀だった。
「いいだろう、その通りにしよう」
 そういう約束を作った。だから絶対に寧野が耀を裏切ることはない。耀のためにしか生きてないと寧野が言うのだから、その通りにしておこうというのは卑怯なことかもしれないが、それでも耀には嬉しいことだった。
 地獄の底までこの恋人は付いてきてくれるというのだ。
 それを幸福と思う方もおかしいのだろうが、この世界にいて、いつ死んでもおかしくないのだ。こういう約束はありだ。
 寧野は答えを受け取った後、耀の残滓で溢れる孔を広げてみせ、そして言った。
「もっとちょうだい」
 欲しくて甘える様子に、終わっていた興奮がよみがえる。そそり立つ物を見て寧野は嬉しそうにしながらも恥ずかしそうに顔を赤らめる。
「欲しいなら」
 耀がそう言うと、寧野は起きあがって、耀自身を躊躇なくくわえた。耀自身の先をちろちろと舐め、側面を舐めながら、ゆっくりと口に含んでいく。口の中一杯になるほど大きくなった耀自身を口腔を使ってしごいて吸う。
「……んっ……はっ」
 耀も気持ちがいいのか、うめきをあげて寧野の頭を撫でている。寧野はそれが気持ちよくて、耀の足に手をかけて、体を使って口腔の耀自身をしごいた。
 そのうち、耀が寧野の頭を掴んで、強引に喉まで突き刺さるような動きをして寧野の口腔を犯す。
「うっうぅ……」
 喉まで突かれてむせかえりそうになりながらも、それさえも気持ちがいいと思うほど寧野は耀の物を大事にくわえていた。
 その寧野の口の中に、耀は精を放った。
 熱い迸(ほとばし)りが口腔からあふれ出すも、寧野はそれを必死にこぼさないように飲んだ。耀自身をくわえたままあふれ出た精を飲み、耀自身についている残滓さえも丁寧に愛おしげに舐めた。
「さあ、次はどこに欲しい?」
 耀がそう言うと、寧野は耀に尻を突き出した。そして自ら足を大きく広げ、孔がよく見えるようにして見せた。寧野の孔はさっきの耀の残滓がトロトロと溢れ、シーツに落ちる。
「ここ、突いて」
 可愛くねだるように寧野が言うと、耀はそこへ自身を当てて、ゆっくりと進入した。その途中でローションを足した耀は、激しい突きで寧野を犯し、達する寸前に止めては首筋にキスを降らせ、さらに腰を進めという行動を繰り返した。
 我慢しきれなくなったのは寧野の方で、寧野はとうとう叫んでいた。
「中をもっと突いて、もっともっと、中で出して一杯出して」
 耀の首に手を回して耀の耳元でそう言った瞬間、耀は激しい動きで寧野を一気にドライオーガニズムにさせると、そこをさらに突き、ほぼ痙攣していると言っていい寧野の孔を陵辱し、エクスタシーという最大の絶頂を得られた。
「しんじゃ……う、ふ……あぁあああっん!」
 望み通りに奥まで突いた瞬間に耀も中にすべての精を吐き出した。内壁は耀自身を抱きしめるようにギュッと締まって絡まり続ける。
 耀はその締まりを快く感じながら、寧野の絶頂が終わるまで中から出て行くことはなかった。
 寧野の快楽が過ぎるのは、いつものように長い。最近はもっと感じるようになっているのか、気絶寸前まで行ってしまう行為でも寧野は何でも受け入れた。
 耀のすべてが欲しいと、平然と言う寧野は、耀がさらけ出す凶暴性すらも受け入れてくれる。
 無理矢理始めることもあるセックスでも、寧野は本気で嫌がりはしない。戸惑いながらも結局行為をさせた後、何があったのかと聞くような性格だ。気持ちいいことをしているのに罪悪感を与えたくないと思っているらしく、耀には甘いのだろう。
 耀もそれを知っているから、寧野に甘えて、無茶をする。その無茶さえも寧野は包んでくれる。
 懐の大きな相棒だと思っているが、それ以上に寧野の懐は深く甘い。
 

 風呂に入るのも一緒になるともちろん、ただですむわけはないが、今回は寧野も自分が悪いと思っている部分が大きいと分かっているのか、耀を快楽に誘い、怒りを静めようとしてくる。
 普段なら風呂セックスはいやがるのだが、今回は積極的に耀の体を触りまくり、乳首を愛おしげに吸い、体中をなめ回した。それに反応した耀自身をまた大きくなったと喜んで舐める。
「んふっ」
 どうやらフェラチオは好きらしく、躊躇なくくわえるようになっていた。口の中に出してやるのも喜ぶようになっているから、耀好みに成長を遂げてきている。
「ん……ん」
 くわえている口の端から涎が溢れ、それが滴っているほどの執着で、寧野は耀自身を舐めた。先走りが出始めると、先端を集中的に舐めて、くわえては舌で舐め、キャンディーみたいな舐め方をしてはくわえると繰り返した。
 そして本格的にくわえてくると、口の中に出して欲しくて催促するように舌を絡めて吸いついてくる。寧野の好きに任せておくにしておいたが、それでも耀は達することができた。その耀が達したものを口一杯に頬張ると、寧野も一人で達した。口内を犯されるだけで達してしまうほどに寧野はどうしようもなく、耀のことが好きだった。
 口の中一杯にしてやると、綺麗に舐めとって飲み込み、嬉しそうに笑う。だが萎えた耀を見てまたそれをくわえて起たせようとする。


 湯船に入っても収まることはしなかった。
 座っている耀の上に寧野が跨がり、さっきまで己がくわえていたものを孔の中に招き入れる。
 水の浮遊力を借りて動きやすくなっているのか、寧野は自分のペースで進めた。
「んっあ……あぁっ……んっ」
 バシャバシャと水が鳴っているが、その音に負けないほど寧野は声を上げていた。気持ちよくて仕方がないという腰の動きに合わせて動いてやると、寧野の声はもっと甘くなる。
「んぁっはっ……あっ……あぁっ!」
 とどまるところを知らない性欲というのは、通常、どっちかが参ってしまう。いわゆる性の問題というところに突き当たる。
 もし寧野が普通の男とできていたとしたら、ここまでつきあってはくれないだろう。それくらいに淫乱で妖艶である。持て余してしまうところなのだが、耀はそれ以上の絶倫だった。
 本人は寧野に煽られればどこで欲情できると公言するほどの絶倫で、前は寧野がついていけずによく気絶していた。最近は体力をつけた寧野が耀のペースについてくるようになり、ついにはほぼ同じほどの性欲である。
 なので、どちらかが終わりにしようと言わない限り、絶頂の回数が多い寧野がそれこそ気絶するまで続けることになる。
「耀……耀」
 もっと欲しいと誘う腰が性器を飲み込んだままで何度も中が収縮する。催促するように締め付ける内壁に、耀は満足して手を貸してやった。
「あ! あっ!」
 押しつければ吐き出すように寧野の甘い声がバスルームにこだまする。バシャバシャと水がうねって跳ねる音がなるが、それでも浮遊からなのか、何かが足りない感じであった。
「寧野、立ってこっちにケツを向けろ」
 耀が壁に手をつくように言って、寧野を立たせ、湯船の中でそのまま閉じそうな孔にまた耀自身を一気に根本まで突き刺した。
「……っ!」
 声も出ないほどの衝撃に寧野は一気に達した。
 パシャリと精が吐き出され、滴る様をみて耀は動き出した。
「ああぁ! ああっ! いってる! いってるの! やぁああっ!」
 パンパンと体がぶつかり合う音がなるほどの激しい動きに、寧野は壁にすがりついたまま快楽に耐えた。
「きもち……いい……あっあっん……いい!」
 もはや何を口走っているのかさえ本人は分かってないだろうが、とにかくいいとだけ口にしか出ないほど、快楽は相当気に入っているようだった。耀も寧野の中を犯しながら、その気持ちよさを味わっているから、気持ちは同じだ。
「ふっん」
「……あぁああっ!」
 寧野は欲しかった奥に熱い迸(ほとばし)りを受けて、体の力が抜けそうになるのを耀が支えてやった。そのせいでさらに奥まで精が塗られ、寧野はそれさえも感じて、快感を味わった。
 それから今度は真面目に体を洗い、寧野の中に出したものを掻きだしたのだが、その時寧野が一回達して、さすがにやりすぎたと耀が思った時には、寧野が完全に気を失っていた。
 気を失った寧野を大事に抱え、体を拭いてやってバスローブに包んで別の部屋のベッドに寝かせた。さっきのベッドは使えないので、シーツを外し、それを洗濯機なのかに入れて洗いをして、それからベッドに戻ると寧野の安らかな寝息が聞こえてきた。
 耀はそのベッドに入り、寧野の頬を撫でてから言った。
「本当に今更なんだ。お前を手放すなんてあり得ないんだ」
 耀は寧野を選んだとき、自分の確たる未来を捨てた。寧野と一緒にいるために様々なことを模索し、実行してきた。もはや一緒に生きることが耀にとって一番大事なほどだ。
 それをたかだか親戚程度のつながりで、簡単に引き裂けるとでも思ったのかと怒りがわく。そしてそれに会っていた寧野にもだ。
 本人はその気はなかったと言っていたが、本当にそうなのか分かったものではない。
 そこまで思って、耀は心を静める言葉を思い出した。
「その時は殺して」
 寧野はそう言った。
 耀のものであるために、耀がそれでも信じられないなら、殺してと。
 まさに今のことだ。
 寧野は耀が信じられないと憤っていることを悟って、疑うなら殺してくれて構わないと言ったのだ。
 たぶん、その時でも寧野は耀を愛していると言うのだろう。嘘偽りなく、この手に掛かりながらも耀を信じて死んでいくのだ。
「……あーき……す……き」
 不意に飛び込んできた寧野の寝言に、耀は我に返る。
 寧野をこの手で殺すことなんて、きっとできない。
 だって寧野は耀を愛している。そのために寧野は一般人でいることや平穏な未来を簡単に捨てて耀を選んだ。汚い仕事にもせいを出して耀の信頼を得ようとがんばってきた。そんな寧野が耀を裏切るなんてことはあり得ないのだ。
 彼の中で耀が何よりも大事で、生きる目標。
 今回のことも生きて帰ることを選んだ結果にすぎない。
 耀はそれを知っている。だから殺せない。
「……お前、分かってて言ってたな」
 耀が寧野を殺せないことなんて、寧野は知っているだろう。だから殺してと言った。
 ずるいとは思う。だがそれでも寧野は耀が分かってくれると思っている。寧野は耀に嘘を吐いたことはない。何もかも正直に話してきた。だから今回のこともきっと罪悪感を覚えながらも答えを言ってくるだろう。
 よくいえば耀に対しては馬鹿正直なのだ。
 耀は寧野の頬を撫で、小さくため息を吐く。
「後で覚えてろよ……」
 この程度で許してやるほど、耀は慣用ではないと口に出してみる。
 やることは一つだけだが、ただ少々しつこくなるだけのことだ。それくらい寧野も分かっているだろうけれど。