switch

switch101-4 マルボロ

鬼柳は、煙草を吸う。
 日に2箱。
 多くて、3箱。

 種類は赤のマルボロ。

 灰皿はいつも満杯。

 こんなもの美味しいのか?
 そんな事を思いながら、箱を取り上げて眺める。

 じっと見ていたら、肩に鬼柳の頭が乗ってきた。
「やめとけー。透耶は」
「はい?」

 手に持っていた煙草を取り上げられた。

「吸わずに済むなら、こんなものはやめといた方がいい」

 吸ってるやつに言われたかない…。
 しかも、そのニコチン、しっかり俺は吸ってるわけで…。

「煙の方が悪いって知らないの? 俺、鬼柳さんといるだけで、もう吸ってるのと変わらないんだけど」

 なんて俺が言ったら、ものすごく…くくくくっ、笑っちゃいけないんだけど、すごく情けない顔してた。

「あー、んー、御免。でもやめられない」
「別にいいんだけど」
 人の好みをあれこれ言うのも何だし、俺に辞めろという資格はない訳。

 でもね、その後から、鬼柳が明きからに本数を減らしてる訳よ。

 わざわざ庭に出たり、窓開けて換気したり。

 笑っちゃ悪いけど、あからさまだから、もう苦笑するしかない。


 でもねえ、口移しで貰ったら、意味ないんだどね…。