switch

switch101-5 釣りをする人

釣りをする人。

 それを思い出すのは、小さい頃、近所に住んでいた、じいさまの事。
 じいさま、そう呼んでたけど、本名は知らない。

 いつも釣り道具を持って歩いてて、時々公園の池で釣り糸を垂らしている。
 もちろん、公園だから釣りしちゃいけないんだけど、じいさま曰く。

「釣ってる訳じゃないさ。ただ糸を垂らしてるだけ」

 なんだそうだ。

「でも魚釣らなきゃ釣りって言わないんじゃないの?」
 俺がそう言うと、じいさまは笑った。

「釣れるだけが釣りって訳じゃないよ。こうやって、ぼけーっとしてるのもいいだろ? でもただぼけーっとしてたら、俺がボケたと思われる。だから、釣りはいいぼけーとする格好のやり方さ」

 などと、じいさまらしい考え方で言ってくれた。

 時々、じいさまを見かけると話し掛けていた。

 皆、あのじいさまはボケてるんだ、と言ってたけど、ちゃんと会話になるし、受け答えも出来るから、ボケてる訳じゃない。
 
 だけど、ある日を境にじいさまを全く見なくなった。

 じいさまは気紛れだし、そう思ってたけど、いつもの公園で、じいさまが座った場所に立っていたら、公園の管理人さんが俺に声をかけてきた。

「あれ。じいさまと一緒にいた子だよね?」
「あ、うん。じいさま、どうしちゃったの? 全然見なくなったんだけど」
 俺がそう聞くと、管理人さんが話してくれた。

「じいさまねえ、とうとう老人ホームへ入れられる事になったんだ」
「え? どうして?」

「うーん、実はね、もうかなりボケてて、まともな会話が出来なくなってたらしいよ。家族が付きっきりで見る訳にもいかなくて、それで」

 俺は信じられなかった。
 じいさまがボケてた?
 だって、ちゃんと話出来たよ?
 何処もおかしくなんかなかったのに。

「君と話してる時は、それはじいさま楽しそうだったよ。昔を思い出したんだろうねえ。じいさま、家でも時々君の事を口にしてたらしい。だから、これを渡してくれって、家族の人に頼まれたんだけど。じいさまからだよ」

 そうして渡されたのは、釣りの浮き。
 じいさまのお気に入りだったモノ。

「悲しむ事はないよ。人は老いるから仕方がないんだ」

 俺は、それを貰って家に帰った。

 俺があまりに悲しそうな顔をするから、光琉が泣いてしまった。
 どうして光琉が泣くんだ。
 俺は泣きたい訳じゃない。

 じいさまは、ボケてなんかなかった。
 俺の前では普通だったんだ。
 それでいい。

 それから、何度か公園を通ったけど、俺はじいさまとの思い出の場所には近付かなかった。
 
 釣りをする人。

 そういう人を見ると、俺はいつでも、じいさまを思い出す。
 あの楽しかった日を思い出す。