switch

switch101-6 ポラロイドカメラ

 鬼柳は沢山のカメラを持っている。
 
 報道用なのが沢山ある中にポラロイドカメラがあった。

「何で?」

 俺がそれを持って聞くと、鬼柳もそれが出てくるとは思わなかったらしく、懐かしそうに見ていた。

「もう無くなったと思ってたが、やっぱりそこら辺にあったか」

「珍しいよね。こういうのも使うの?」

「いや、使わないんだが。これは、貰ったんだ」
「貰ったの? 使わないのに?」

「うん、押し付けられたが正しいか。人物撮ってる奴が、試し撮りするのに使ってたんだが、それで風景を俺が撮ったもんだから、縁起でもねえとかで押し付けられた」

「はあ?」
 意味がわかりませーん。

「んー、なんか、これは人物だけ撮ると決めてたらしい。残る訳じゃねえのに、一枚でも他を撮ると、価値が落ちるとか言ってた。縁起担ぎだとか」

 よく解らないが、左足から動くと決めた人が、右足から動いて、今日は縁起が悪いとか思うのと左程変わらない考えらしい。

 大体、鬼柳の友達もおかしいぞ?
 それだけで、カメラをくれてやるとは。

 そう考え込んでいたら、フラッシュが焚かれた。

「え? 何?」

 鬼柳を見ると、出てきた写真を取り出している。

「あ、フィルム入ってた。古いからどうだろう?」
 などと言っている。

 撮る前に一言言え!

 引っ越しの後片付けも忘れて、鬼柳は写真の画像が出てくるのを待っている。
 阿呆だ…。

「恭、ポラロイドはどうする?」

「ん、透耶にやるよ。後でフィルム買ってやるから、何か撮ってみれば?」
 意図も簡単に言い放つ。

 簡単に言うなあ。
 しかも、どうするは、何処に仕舞うかって事なんだけど…。

 んで、出来上がった写真を見てにやけている鬼柳。
 絶対馬鹿だ。


 でも、初めて貰ったカメラ。
 さて、何を撮ろうかなあ?

 俺は少しワクワクしていた。