switch

switch101-11 柔らかい殻

よく、殻に閉じこもっている、そう言われる。
 別にそんなつもりはないのだけど、俺が俺らしくいる事が、どうも人に与える印象がそういうモノらしいんだ。

 もっと人と付き合って、自分を見せろと言う。
 何故、そこまでして人と付き合わなければならないのか。
 俺はそれが不思議でならなかった。


「透耶のは、柔らかいんだ」
 訳の解らない事を突然言う鬼柳。
「は?」
 何だそれ?

「固いとさ、触ろうとも思わないんだけど。見るからに柔らかそうって解る。触りたいって欲が出る。触ると実際に柔らかいんだ。でも、中が見えない。見えないから皆怖いんだ」

 全然意味が解らなねえ…。

「まあ、俺は見えるけどね」
 得意そうに言われても話が見えない俺。

「何の話だよ…」
 そういうと、胸をトンと叩かれた。

「心」
「…?」
「透耶の心。皆、殻がある。透耶のは柔らかい殻」

 何だそういう話だったのか。
 しかし鬼柳がそういう話をするのは珍しい。

「…鬼柳さんは?」

「さあ? どうだろう? 自分のは解らない。透耶にはどう見える?」

 言われて俺はじっと鬼柳を見つめた。
 心に殻があるなんて、そんなの聞いた事ない。
 アメリカ人的な考え方なのか、鬼柳的考え方なのかは不明。

 んー。斗織は壁って言ってなかったっけ?
 心の中に幾つも壁がある。誰にも見せないように、自分を取り囲んでいるとか。
 難しくて、よく解らなかったけど、そういう事らしい。

 だけど、鬼柳の殻は見えない。

 俺が真剣に考えていると、鬼柳の悪戯をする手が服の下に…。

「…ちょっと、何やってんだよ」
 俺は我に返って、慌てて鬼柳の手を止めた。
 でも、まだ動いている。

「ふざけんな! 人が真剣に!」
「…だって、そんな目で見つめられたら」
「や! 動かすな!」
「透耶…」

 駄目だ、目がイッてる。
 もう!何でこうなる訳!?


 殻の話はどうなったんだ!