switch

switch101-17 √

「うわ、無茶苦茶可愛い!」

 俺はそう言って、慌てて自分の声を飲み込んだ。

 ゆっくりと視線を上げて透耶を伺う。
 透耶は、机の上のパソコンから視線を反らしてはなかった。
 黙々と作業をしている手は止まる事がないのを確認して、俺はホッと息を吐いた。
 
 危ない…危うく透耶に気付かれる所だった。

 俺は、書斎のソファに座って、最初は暇を持て余していた。
 何気なく、書斎の本を漁っていたら、何故かそこから透耶のアルバムが出てきたのだ。

 勝手に見るのは何だと思ったが、どうも透耶が隠している風だったので、絶対見てやる!と意気込んで、4冊のアルバムを引っ張り出した。

 どうも引っ越しの時おかしかったんだよな。
 写真は高校時代…それも転校してからのしか見せてくれなかったし。
 他は本家に送ったとか言ってたが、思いっきり嘘だったんだ。

 で、何で見られたくないのか。
 それは、その写真が女の子にしか見えないからだ。

 これを見て、男の子だと言ったら誉めてやる所だ。
 幼稚園時代は、制服の色で男の子だと認識は出来るが、小学になった頃になると、私服なのでハッキリ言って解らない。

 大抵、光琉と一緒に映っているのだが、どっちが透耶なのかはすぐに解る。

 途中になってくると、光琉の肌が焼けて見分けはつく。透耶は相変わらず白い色で日焼けはしてない。
 
 そういえば、肌が紫外線に弱いとか言ってたな。
 双児でも、肌質は違うのか。

 身長は高い方で、これで小さかったら、まず苛められてるな。
 順調に身長は伸びたらしい。

 小学の終わりの頃には、もうガキ臭さは一切ない。
 見事な美少年ぶりだ。
 この頃から、光琉が一緒に映っている写真が少なくなっている。

 面白い事に、写真の光の角度で、透耶の瞳の色が微妙に違うのが解る。
 薄い茶色ではあるが、ここまで周囲の色が載って変わるのも珍しい。
 光琉の方はそうでもないのだが。

 途中で、光琉以上に透耶にそっくりな女の子がいた。
 ああ、これが従姉か、思わず納得だ。

 中学に入ると、学校関係の写真がまったくない。
 行事ごとの集合写真程度で、友達とかと映っているのは殆どない。

 それより多くなっているのが、例の京都の写真だ。
 集合写真らしいのに、家族と、あの一族の関係者が映っている。

 こりゃ、美形の一族だな。
 これだけそっくりなのが一緒にいたら、一発で解る。
 透耶は母親そっくりで、母親は従姉にそっくり、その従姉と子供はそっくりで、その子供は透耶にそっくり。

 見事だ。
 絶対、旦那の遺伝子は何処にもないんだろうなあ。
 まるでクローン再生でもしているかのようだ。
 これが全員なのか、子供4人に青年が1人に女性が2人。(透耶の父親は省く)

 写真では笑っているが、途中から透耶の表情がなくなっていくのが解る。

 いつからだ? 笑わなくなったのは。

 大体、中学の半ば頃か?
 冷めた目になっている。あまり表情のない透耶と従姉はますます似て、光琉とは断然違う。
 
 これのお陰で、透耶は光琉関係で騒がれなかったのかと納得。
 あまりに違い過ぎて、いくら似ているとはいえ、印象が違い過ぎる。
 高校時代の写真の方が、光琉と似ている印象が深い。

 意外な事に、ここまでで透耶がピアノを弾いている写真は一枚もなかった。

 しっかし、美人さんだ。
 壮絶な美とでも言った方がいいんだろうか?
 これでは誰も近付けない。そういうオーラがある。

 高校くらいになると、表情は殆どない。
 暗くはないのだが、淋しい印象がある。
 気が付いたが、春、高校二年になるくらいだろうか、珍しく従姉が映ってない。

 学校が長期休みの時は、必ず京都へ行っているみたいだが、あの家族が映ってない。
 透耶の表情もまったくない。
 ああ、これが例の従姉の事件の後か。納得だ。

 ここから京都の写真がない。

 何処かの家らしい、写真がいくつかある。
 映っているのは、13才くらいの中学生の子供と一緒のが多い。 
 知らない子供と男。

 で、それが夏で終わっている。

 そこから写真がなかった。
 アルバムのページはまだ余っているのに、まるでそこから全て切り取ったように何もない。

 ああ、そうか、この後が学校を辞めるきっかけになった事件が起こったのか。

 別のアルバムには、転校してからの透耶の写真はあるが、半年の空間が、このアルバムにもあるわけだ。


「恭…何見てるの…」
 透耶の声がして俺は視線を上げた。
 見ると、透耶が青い顔をして俺を見ている。

 俺は黙って透耶を見つめ返した。
 もちろん、何を見ているのか、それは透耶にだって解っている。

 暫く見つめ合いが続いたが、透耶の方が先に折れた。
 深く息を吐いて、言った。

「それは見られたくなかったんだ」

「だろうと思った。わざわざ隠してるしな。でも俺は透耶の全部が見たかった」

 俺が正直に言うと、また透耶が溜息を吐いた。

「もういいけど…全部見たんでしょ?」

「見た」

「ならもういい。適当に戻しておいて」
 透耶は言って、またパソコンに視線を戻した。

 別に怒っている訳ではない。
 必死に隠してあったのを見つけられて、見られたから、もう隠す必要がなくなったという意味だ。

「なあ、これ貰っていい?」
 俺がアルバムを持ち上げて言うと、透耶がまた視線を上げた。
 ありありと、胡散腐そうな顔をしている。
「どうするの?」

「俺の秘蔵の宝物にする。可愛いのはコピーして引き延ばす」

 俺がそう言い切ると、透耶がクスクスと笑い出した。

「馬鹿だ馬鹿だって思ってたけど、やっぱり馬鹿だ」

「馬鹿でも何でもいいよ。頂戴」

「欲しいならあげるけど、コピーして引き延ばしたりするなら駄目」

 透耶は笑いながらそう言った。
 
 ちっ!秘蔵の宝物の辺りで言うのやめときゃ良かった。
 俺がそう思って悔しい顔をしたので、透耶がまた笑い出した。

 やっぱり、透耶はこうやって笑っている方がいい。
 こういう冷めた表情は似合わない。

 このアルバムの、透耶が見られたくない部分は、誰にも見られないように俺が何処かへしまってしまおう。
 
 後は俺のお楽しみって事で許して貰うとするか。