switch

switch101-18 ハーモニカ

引っ越しの為に荷物を整理していると、懐かしいものが出てきた。

 放置していたにも関わらず、銀色に光るハーモニカ。

 吹けもしないのに、あいつは死ぬまでこれを大事に持っていた。

 最後の最後で、ハーモニカを俺に渡して。

「記念だから吹いてみせてくれ」

 そんな事を言うから、俺は言う通りにしたんだが、まさか、それが最後になろうとは思いもしなかった。

 一応、吹いた事はあるので、簡単な「キラキラ星」を一曲やってやった。

 あいつは嬉しそうに聴いていた。
 これが誰から貰ったのか俺は知っている。
 あいつを殺した病気を移した奴。

 あいつは言った。

「これは、あの人に最後のプレゼントって貰ったんだ。別に俺は吹けないんだけどさ。何をプレゼントして欲しいのか解らなくてな。咄嗟に目に入ったこれを強請った。それが最後」

 そう、そいつはそれを渡して直に自殺をした。

 病名は、エイズ。

 奴は悲観して、あいつを置いて先に楽な方へ逃げた。
 そいつがエイズだった事が解ったのは、解剖して調べられた時だ。

 あいつは、毎年、検査をしていたし、奴以外とは寝ない主義だったから、あいつから移る訳はないから、奴が何処かで貰ってきた事になる。

 奴は自分がエイズなのは知っていただろう。そしてあいつに移してしまったという事も解っていた。
 それなのに、自分だけが悲観し、置いて逃げた。
 最低な野郎だ。


 それでもあいつは仕方がないと笑っていた。

「あの人が悲観する気持ちは解るよ。俺に相談してくれなかったのは悲しいけど、あの人は弱い人で心が繊細過ぎたんだ。だから病気の事でパニックになっただけだよ。感染したのは仕方がない。危険性があるのに、避妊具をつけなかった俺が悪いんだ。失敗とは思わないけど、後悔はしている」

 心が繊細な奴程、自分を美化しやがるから嫌いだ。
 リスクがあるのは当然で、それを解っていないのはおかしすぎる。

 それに、他で貰ってくる様な奴が繊細なのか?
 だが、それは言えない事だった。
 もう、奴はいないし、今更だからだ。

「そういえば、恭は、いつも万全だよな。ナーザスがぼやいてたよ。嫌な程完璧だってね」

 俺は、別に病気は怖くないが、常識として認識している。
 自分はよくても、相手に悪い。
 こっちは、性の捌け口にしているだけだから、病気のリスクを相手に負わせるのは違うと思っている。
 相手がリスクを背負うと言っても、後で揉めるのは解っているからな。

 俺がそういう考えでいる事をあいつは納得していたけど、あいつなりのこだわりはそういう事ではなかった。

「自己中心的な考えなんだけど、俺は、本当に好きだったから、病気を移されても仕方がないと思った。だから、避妊はしなかっただけ」

 では、何に後悔をしているんだ?俺がそう聞くと、あいつは笑って言った。

「うん、それはやっぱり、両親かな? せっかくさ、あの人との事を理解して貰った矢先にこれだろ? 息子が幸せになるはずが。養子でもいいから、子供を持てとも言ってくれたのにね」

 理解のある両親。
 あいつの両親は、こんな俺でも優しくしてくれる。
 俺がバイである事も知っている。
 それでも偏見はない。それが不思議だった。

「昔は偏見も多いし、誤解もあったけど、両親の親友にそういう人がいて、ちゃんと幸せになった人がいるんだって。だから、息子がそうなったとき、まっ先にその人に相談して、やっと理解したらしい」

 あいつに包容力があるのは、こういう親がいるからだろう。

「避妊しとけば良かったよね。そうすれば、少なくとも両親は悲しませずに済んだから」
 あいつは最後に笑ってそう言った。

 でも何故最後の最後に、俺にハーモニカを吹かせたのかは解らない。
 俺もさほど気にせずにその日は帰ったのだが、次に会いに行った時は、もうあいつには会わせて貰えなかった。

 あいつが嫌がったんだそうだ。
 元気だった自分を覚えておいて欲しいから、死に行く姿を見せたくないと、母親に伝いに言われた。

 俺はどんな姿になろうとも、あいつが元気だった頃を忘れたりはしない。
 それでも、あいつが頼みごとをした2つ目だったから、俺は容態だけ聞きに病院へ通 った。

 あいつが死んだのは、それから一年後。

 仕事で出ている先に、エドから連絡があった。
 葬式は既に済んでいるし、急いで行った所で何にもならないのは解っていた。だから、俺があいつを訪ねたのは、それから半年後だった。


 久しぶりに訪ねた、あいつの両親の家でハーモニカを渡された。

「あの子がね。それを恭に渡してくれって言ったの。大事にしてたモノだから、形見分けにはいいんだけ、これだけは恭に渡してくれって」

 あいつは遺言は一切残していなかった。
 ただ、これを俺にとだけ言ったそうだ。

「幸せだったのよね、あの子。だって、最後は笑ってたのよ。こうして訪ねてくれる友達もいるし、忘れないと言ってくれる人もいる。あの子は愛されてたのよね。今はそれだけでいい」

 両親は言って笑っていた。

 最初にあいつに会ったのは、確か検査の時だ。
 その時、もうあいつは感染していて、発症もしていた。
 それでも、あいつの話を聞いていると安心した。
 ただそれだけだった。

 あいつは幸せだったのか? そう聞かれたら頷くしかない。
 俺はあいつじゃないから、最後に何を思ったのかなんて解らない。

 でも今は解る気がする。

 少なくとも、好きな相手といる時間と、何をされてもいいと思う気持ち。
 ただ愛し合いたいと思う心。
 それは解る気がする。

 たぶん、あいつは幸せだっただろう。
 あいつは、奴を失ったが、精神的には失わなかった。
 奴が自殺したお陰で、誰にも奪われずに済んだ。

 ハーモニカは、奴の分身だったのだろう。

 だけど、何故それを俺に吹かせて、遺言で形見として渡したのかは、まだ解らない。