switch

switch101-20 合わせ鏡

 透耶が面白い話をしてくれた。

「鏡をね、合わせて。こう、対面させると合わせ鏡って言うんだけど、これやると自分の死に顔が13番目に映るって言われてる」

「他にも、夜中の二時、昔は丑三つ時って言って、丑の刻参りって聞いた事あるでしょ。わら人形を神社とかの樹に釘で打って呪いをするの。その時間が一番霊界に近いんだって。それで、その時刻にやると尚効果 的ってね」

 透耶はそう言う話をよくしてくれる。
 子供の頃の小さな噂から、嘘くさいゴシップやら。
 何故か、日本の子供は、自分が怖くて堪らなくなる話を自分で作って、恐がって、噂にして、それがいつの間にか全国に知れ渡って、本当の話にしてしまう。

 透耶は自分でも嘘くさいと笑う。

「大体さ、丑三つ時なのに、なんで死に顔が映るのが13番目なんだろうねえ? 昔からって言うけど、日本じゃ、4とか9とかが縁起悪いって言われてるだけなのに、西洋の13が出てくる時点で、これって現代で誰かが作ったって解るよね」

 まあ、確かにそうだ。
 他にも色んな話を聞いたが、この合わせ鏡は妙に面白かった。
 アメリカでも、合わせ鏡はしてはいけないと言われている。
 悪魔を呼ぶ儀式として用いられていたから、悪魔崇拝の話がよく出てくる。
 ただ13番目に死に顔が映るというのは、聞いた事はない。

「やった事ある?」
 俺がそう聞くと、透耶は「まさか」と笑っていた。
 怖くてやれないのかと思っていたら。

「起きてられないんだ。大体、小学生が午前2時まで起きてられると思う? 十二時前には寝ちゃうんだよ。頑張ったって無理だ」

 なんて真剣に言うから、俺は笑ってしまった。
 確かに透耶は、余程の事がないと深夜は起きていない。
 午前2時など、今でも難しいかもしれない。


「合わせ鏡でもさ、三面鏡ってバージョンもあるよ。あれは昼間に見た事あるけど、結局どれが13番目なんだか、よく解らなかった」
 
 三面鏡でどうやって反射させるんだ、と思ったら、日本の三面鏡は蓋みたいに二面 が一面に重なって閉じるのがあるんだとか。
 それを顔だけ挟んで閉じると、合わせられるわけだ。

 まったく、奇妙な事を考えるものだ。

 俺がそう言うと、透耶は苦笑する。
「日本人は基本的に怪談話が好きなんだよ。妙な迷信も多いしね」

 だが、合わせ鏡をして、もし死に顔が見えたとしたら。
 それでどうなるのだろうか?
 怖いと思うだろうか?
 それとも、納得するのだろうか?

 俺は、そんなものには興味はない。

「ま、別に慌てて死に顔拝まなくてもいいのにな。自分では自分の死に顔なんて見ないもんだし」

 俺がそう言うと、透耶がクスクスと笑い出した。
 何かおかしな事でも言っただろうか?

 俺がそう聞くと、透耶は違うと言った。
「慌てて死に顔拝まなくてもって、確かにそうだし。自分の死に顔なんて見ないんだなって納得しちゃったんだ。誰もそんな簡単な事に気が付かないんだね」

 透耶はまだ笑ってる。
 そんなに笑える事なのだろうか?
 
 まあ、透耶が楽しいのなら、それでいいんだけどな。