switch

switch101-24 ガムテープ

「あ、あのね、鬼柳さん」
 俺は言いながら、どんどん下がっていく。

「何だ?」
 鬼柳は言いながら近付いてくる。

「それはちょっと」
 さすがにそれはどうだろう?
 

「ちょっと?」
 いかん、全然聞いてない…。


「何で、そんな物持ってるわけ?」
 俺は鬼柳の手にある物を指差して言った。

 鬼柳の手にあるのは、荷物用のガムテープ。

 何処から持ってきたのか知らないが、それを持って部屋へ入ってきたとたん、妙に上機嫌でニッコリ笑って近付いてくるから、俺は瞬時に危険を察して逃げてたのだけど。

 とうとう、部屋の隅まで追い詰められている訳だ。

「あったから」
 当然だ、とでも言い出しそうな口ぶりだ。


「あったら何でも使うのかよ!」
 俺が怒って、立ち上がると、鬼柳も素早く立ち上がった。


「うん」
 鬼柳は言って、身体の大きさからは想像出来ない程の素早い動きで、逃げる俺を捕獲。

 冗談じゃない!!


「嫌だってっば!」
 床に押さえ付けられて、俺は力一杯暴れる。

「大丈夫って」
 鬼柳は、俺の背中にのしかかって、俺の両腕を背中で纏めて押さえつけている。
 
 右手が使えないから、左手と口で器用にガムテープを切っている。
 
 何でそんなに器用なんだ!!!
 ってここ、そんな事で驚く所じゃないし…。

「大丈夫じゃない!」

「痛くしないから」

 鬼柳は言って、ガムテープで俺の腕を縛る。
 妙に手慣れている手付きで、とうとう俺は一丁あがりーな感じだ。

「十分してるってばー!」

 こいつ鬼畜だ!
 絶対変態!!
 頭、おかしいってば!!

 ぎゃあああ!!
 誰かこいつを止めろ!!



 で、俺がどうなったっかって…。
 言えないよ…情けなくて。