switch

switch101-33 白鷲<

 イメージで言えば、恭は黒豹。

 エドワードさんは、虎。

 ヘンリーさんは、白鷲だ。

 俺は…例えて貰うと。

「そうだな、透耶は怯えた子猫」

 らしい。
 何だよそれ。

「綾乃は気が強い猫だな」

「なんで、綾乃ちゃんが普通の猫で、俺が子猫なわけ?」

 その違いは何なんだ?

 すると恭はニヤリとして言った。

「最初からずっとそうだと思ったから」

「はい?」
 なんだよそれ?

「だって、ずっとそう見えた。何かに怯えてるんだ。で、小さくて可愛いから子猫」

「何かって、それって鬼柳さんに怯えてたんだけど」
 俺がそういうと、恭は首を振って言った。

「俺には怖がってたけど、怯えてたのは別のモノ。たぶん、呪いの事じゃないか?」
 恭にそう言われて俺はふっと考えてしまう。

 そう、恭に好きだと言われて、優しくされて、俺の気持ちがどんどん恭の方へ向き出した時、俺はずっとそれを恐れていた。

 好きになってはダメ。
 思ってはダメと思い続けながらも、一緒に行動し、矛盾した自分にも怯えていた。

 なにより自分の気持ちに怯えていた。

「そうかもしれない」
 俺はそう答えた。

 全てはそこにあったから。
 でも恭は笑って、俺の頭を梳いてくれる。

「今は、子猫だけどな」

「やっぱり子猫なんだ」

「いや、ネコというとなんだか、まんまな気がしてな」
 恭が吃りながらそう言ったので、俺はさっぱり意味が解らない。

「なんでまんまなの?」
 そう聞き返しても、恭は答えてくれない。
 それどころか、さっき終わったばかりだってのに、もう酷い。

「だ、ダメ!」
「いいじゃん、もうちょっとだけ」
 そう言われて恭に迫られると、俺も断わりきれなかったりする。

 この数日後。
 白鷲こと、ヘンリーさんから、ネコの意味を聞いた。

 もちろん、激怒したかったけど、もう脱力するしかないよね。
 そのまんまなんだもん。