switch

switch101-42 メモリーカード

 恭の記憶力は俺の事に関してはまさにコンピューター並み。
 メモリーカードでも入ってるんじゃないかって思う程、俺が言った言葉や行動、仕事の事とか色んな事が入っている。

 喧嘩したりしたら、一言一句間違えずに言い返すし。

 それを他で使えればいいのに。

 あ〜でも、料理とかは見よう見まねで覚えたと言っていたし、一度作ったモノは本とかいらなくても大丈夫だし。

「透耶、そっちの棚にメモ帳入ってるからな」

 いきなりそう言われて俺は振り返った。

 恭が掃除機を持って居間へ入って来ていた。

 いつの間に…。
 それもどうしてメモ帳探してたの分ったんだろう?

 俺が不思議顔でいたからなのか、恭が掃除機を置いて近付いて来た。

「悪いな、掃除するのにちょっと退けといたんだ」

 恭は言って、棚からメモ帳を取ってくれた。

「ありがとう」

 俺が礼を言うと、すっと盗むように唇にキスしていく恭。

 んもう、何でそうなるの?  さっぱりだよ。

 朝の挨拶キスはしたのに。

「…いきなり、何?」
 俺が戸惑って聞くとニコリとして言われた。

「可愛かったからキスしたかったんだ」

「何それ?」

「だって、透耶と約束したぞ。いつでも何処でもキスするって」  

 解釈は違うけど、この間、恭が怪我した時の事を言っているのだ。  

 確かにキスくらいいくらでもするって言ったけど、そういう意味じゃなくって…。  
 とは通じないよね。  

 でも恭のメモリーカードは少し故障してると思う。  

 だって、記憶の仕方を間違ってるんだもん。