switch

switch101-62 オレンジの猫

 朝、珍しく透耶は早く起きた。

「……?」

 隣を触ると、既にシーツは冷たくなっていて、鬼柳が起きてからかなり時間が経っているのだと解る。

 時計を見ると、ちょうど6時半で、自分でも驚く位の早起きだった。

 暫くぼーっとしていたが、ゴソゴソと起き出して部屋を出た。

 部屋を出ると同時に、ニャーと足下で猫が鳴く。

「クロト…またそこにいたんだ」
 透耶が下を見ると、ドアが開いてもちょうど当たらない所に猫のクロトは座っている。

 透耶を見ると、咽を鳴らしてうっとりと目を瞑る。
 どうもこの猫は、透耶の事を好きらしく、こうして付きまとっている。
 この家に来て、まだ3日目なのだが、慣れたようにしている大物だ。

 クロトは、透耶がよく庭にいる時にやってくる野良猫の子猫だった。
 ちょうど半年くらい経っている年齢にみえ、親はオレンジ色をしているのに、クロトだけが真っ白な猫だったので目立っていた。

 別に飼う気はなかったのだが、ある日、こっそり(透耶はそのつもりだったけど)餌をやっていたら、オレンジの猫がにゃーと鳴いて、他の子猫がついて塀に登った。
 それなのに、クロトだけが透耶の元に残ったのである。

 透耶はどういう事だろうとオレンジの猫を見たが、何か言われている気がした。

「もしかして、この子、俺に飼えって事?」
 透耶がそう呟くと、オレンジの猫はにゃーと鳴いて、他の子猫を連れて行ってしまった。

 どうしよう…。
 透耶がそう迷っていると、クロトの方が摺り寄ってきて懐いてしまった。

 猫は飼っても別に鬼柳は怒らないだろうが、この展開がいきなりきてしまったので、少しパニックになっていた。
 だが、このまま置いておく訳にもいかず、家まで付いてくるクロトと一緒に部屋に入ると、鬼柳がずっとそれを見ていたらしく、苦笑して。

「それ、風呂に入れろよ」
 そう言って、クロトを指差した。

「飼っていいの?」
 透耶がそう聞くと、鬼柳は笑って言った。

「透耶が猫を飼いたかったら飼ってもいいって、俺言ったよな?」
 そう言われて、透耶は思い出した。

 何か動物を飼いたいと話した時、透耶が好きなのを飼っていいと鬼柳は言っていた。
 だから、猫であろうが何であろうが、透耶が飼いたいと思っているなら、鬼柳は反対しない。

 そういう訳で結局、クロトと名前を名付けて飼う事になってしまった。


 ただ、鬼柳とは相性が悪いらしく、言う事は聞くのだが、わざと鬼柳を苛立たせたりしたりする悪戯をする。

 一緒に寝ようと寝室にも入ろうとしていたのだが、さすがに鬼柳がそれを許さなかった。鬼柳の主張によると、寝室くらい二人の空間だ、という事になるらしい。

 おかしな理屈なのだが、透耶もさすがに猫の前で性交渉を行う気はなく、寝室だけは出入り禁止になっているわけだ。クロトもそれを理解しているらしく、ドアが開いていても絶対に中に入って来ようとはしなかった。

 透耶は苦笑して、座ってクロトを撫でてから、一緒に下へ降りて行く。

 リビングに顔を出すと、ちょうど宝田がダイニングからやってきた所に出くわした。

「透耶様、お早うございます。今日は何か御予定でもございましたか?」
 宝田は少し驚きながらそう言ってきた。

「おはようございます。いえ、何もないんですけど、目が覚めちゃって」
 早起きなんてしないものだから、驚かれてしまう透耶である。

 そうだよな、こんな時間に起きた事ってないよなぁ…。

 本当に仕事が詰まっている時くらいしか早起きはしないからだ。そういう時は、大抵鬼柳が予定を知っていて、宝田に伝えている。

「すぐに朝食の準備を致します」
 そう言ってすぐに下がろうとする宝田を透耶は呼び止めた。

「あの…朝食はいらないです」
 透耶が申し訳ないと頭を下げると、宝田がすぐに心配そうな顔をして聞いてきた。

「どこか具合でも悪いのですか?」
 落ち着いている宝田が少し慌てた様子になってしまう。
 普段、そんな取り乱し方をしない人なのだが、その心配ぶりが異常なので、透耶は慌てて手を振った。

「違います。ちょっと食べたくないなと思って。それだけですから」
 本当に今食事を出されても、何も咽を通らないのは自分でも解っていた。
 具合が悪いとかではなく、ただ単にいらないだけだった。

「恭は?」
 透耶は慌てて話題を摺り替える。

「仕事部屋にいらっしゃいますが…」
 宝田がまた体調の事を聞きそうになったのを透耶は遮って言った。

「そうですか。クロトおいで」

 透耶は猫に話し掛けて、キッチンに向かった。

 クロトに餌をやって、自分は椅子に座りペットボトルの水を飲んでいると、鬼柳がキッチンに入ってきた。

「おはよう」
 透耶がそう言うと同時に鬼柳はすぐに透耶の顎に手を当てて、上を向かせて繁々と顔を見ている。

 なんだ?
 良く解らないながらも、されるがままになっている透耶。

 鬼柳は頬に手を当てたり、額を合わせたりしている。

「熱はないな」
 そう呟かれて、鬼柳が何をやっていたのかを透耶は理解した。

「もう、大丈夫だってば。何でもないって」

「じゃあ、何で飯食わないんだ?」
 真剣に言われて、透耶は少し考えた。

 何でと言われても、食べれないからとしか言えない。

「早起きし過ぎたからじゃない? なんか咽に通らないから」
 透耶が笑ってそう言うと、鬼柳はまだ心配そうな顔をしている。
 
 …むー、ご飯食べないなんて今までなかったからなあ。

「その…よく解らないんだ。具合が悪い訳じゃないよ。ただ何か食べたくないってだけだから」

「それだけか?」

「うん。何かあったらちゃんと言うから」
 透耶がそう言うと、クロトが透耶の膝に乗って、透耶と鬼柳の間に顔を突っ込む。

「何?」
 透耶がそっちに関心がいくと、鬼柳もやっと納得して離れてくれた。

「野菜ジュースくらいなら飲めるだろ?」
 鬼柳は言いながらも、問答無用で何かを取らせようとしている。

「うん、それくらいなら」
 透耶が答えた時には、もう既に準備に入っている。

 …選択権はないよねえ。

「そうだ。朝から何やってたの?」

「ネット」

「へ? 何で?」

「透耶が出てるヤツ。今日の深夜から配信だったから、どうなってんのか見てた」

「ああ〜あれか」
 
 あれとは、光琉がお仕置きだと言い、透耶と鬼柳がやらされた仕事である。透耶は女装させられ、鬼柳はそれを撮る羽目になってしまったのだった。
 透耶は思い出したくもない出来事である。

 透耶は、鬼柳が作った野菜ジュースを飲んで、それを朝食にした。

 そうして透耶が一生懸命にジュースを飲んでいる間、鬼柳はクロトに話し掛けていた。
「いいか? 透耶が具合悪そうにしてたら、すぐに俺を呼べ。いいな」
 まるで脅すような言い方である。

 猫相手に真剣なのだから、苦笑するところなのだが、この猫にはこう言わないと通 じない。
 鬼柳の言葉を聞き入れたように、にゃーと一声上げた。

 こういう結束だけは、「透耶好き」同士の同盟なのだろうか?

 案の定、透耶はその夜に少し熱を出して寝込んでしまった。
 透耶の大丈夫は当てにならないと、鬼柳は再確認してしまったのであった。