switch

switch101-71 誘蛾灯

 透耶を一人にしておくと。

「彼女、あれ男の子か。でもいいや。俺等と遊ばない?」

「へえ〜、美人さんだねえ。今暇?」

「いいじゃん、お茶でもしようよ」

「写真撮ろうぜ」

 とまあ、声をかけてナンパしてくる男が多い。

 透耶は確かに可愛いけど、男でもいいやと思って声をかける虫が多すぎる。

 俺が少し側を離れただけで、透耶はもうナンパされまくり。
 そこまでモテなくてもと思ってしまう。

 だから透耶の側を離れられない。

 ただでさえオヤジキラーな透耶。近所のオバさん達にも人気あるしな。

 俺は心配で仕方ない訳なんだが。

「そういう恭だって、女子高生に声かけられてるじゃん」
 と透耶につっこまれた。

 確かに声はかけられるが、有無を言わさずにしてるんだが。

 ん? これって嫉妬かな?

「俺が女子高生に声かけられたから嫉妬してる?」

 俺がそう聞くと透耶はさっと顔色を変えた。
 自分で嫉妬してた事に気が付いたらしい。

「ち、違うよ!」

 透耶は慌ててそういうけど、顔は真っ赤。

 一生懸命説明してるけど、やっぱり耳まで真っ赤だ。

「透耶だって、男にナンパされてるじゃん。俺、嫉妬してるんだけどな」

 俺が透耶を見下ろしてそう言うと、透耶はまたオロオロしだしてしまう。

「あ、あれは、何だか訳解らないよ」

 ナンパされてるとは思ってないらしくて、透耶は迷惑しているみたいだったけど。しっかり対応してる分、ちょっと気になる所だ。

「なんて断わってるんだ?」

「ごめんなさい、連れがいるって」
 透耶はそう言って俺を指差した。

 そう俺がずっと睨みを利かせてたので、透耶がそう説明すると大体の男は逃げ出してしまうんだよな。

 睨みは効果あり。

「恋人って言わないんだ。なんだ」

 俺はちょっと拗ねてみる。
 俺はそうやって断わってたのにな。

「そんなの言わなくても、恭の姿見たら逃げちゃうもん」
 透耶はさらっとそう言った。

「あれだけ睨んでたら恐いよ」

 そう言われて俺はそういうつもりでやってるんだと言った。

 透耶は笑うけどさ。

 そうでもしないと、誘蛾灯の透耶から虫を遠ざける事は出来ないんだよ。これでも苦労してるんだぜ。

 俺が側にいるだけで、透耶の事を見ている奴は近付いて来ない。それだけで安心だ。

 ちなみに俺に声かける奴もいなくなる。

 ただ見てるだけの人間が増えるんだけど。これ不思議だ。

 何が楽しいんだか。