switch

switch101-79 INSOMNIA

「今日もまた泊まらないのね」
 女は俺に向かってそう言った。

 情事を済ませた後に、俺はシャワーを借りて汗を流し着替えていた。

「いつもの事だろう」
 俺はそう答えた。

 例えベッドを共にした人であっても、そこへ泊まったりはしなかった。

 安眠が出来ないからだ。

 例え自分を好きだといってくる相手でも、相手はしても一晩過ごすことはなく、扱いは全員同じだった。

 セックスだけすれば、後はもう何もない。

「いつもの事だけど、一回くらい隣で寝てくれてもいいのに」
 女はベッドの隣を叩いて呟いた。

「それは無理だ」
 俺は即答する。

 本当に無理な事だからだ。

「まったく、貴方が誰かの隣で眠るなんて事、訪れるのかしら。心配になっちゃうわ」

 女は本気で隣で寝て欲しい訳ではなく、起き上がって着替え始めた。

 俺が誰かの隣で眠る?

 そんな幸せな事が訪れるのだろうか?

 俺は考えこんでしまった。

「貴方でも、一応誰かの隣で眠ってみたいとは思うのね」
 女はそう言って更に続けた。

「そんな事が訪れたら、貴方、一時も側を離れなくなってしまいそうだわ」
 女はそれは面白いとばかりに笑ってそう言った。

「そうか?」
 俺はそれが不思議で聞き返していた。

「遊んだ男ってのはね、本命には弱いのよ。できれば、早く見つかるといいわね」

「何でだ?」

「貴方を巡っての争いがなくなるからよ。早く本命を見つけなさい。そして今までみたくじゃなく思いっきり愛してあげて」

 女はそう言ってさっさと着替えを済ませると部屋を出ていった。

 俺が本命に出会った時どうなるか。
 自分でも分っていた。

 女はそれを見抜いたように言ってきただけだ。

 俺が本当に抱きたいと思う相手が現れたら。
 きっと誰にも見せないように、監禁して、甘く優しく愛するだろう。

 相手が逃げようが、何処へ行こうが何処までも追いかける。

 そう、俺は今、本当に愛する誰かを探しているのだ。

 いつか、その人の隣で安眠出来る日が来る事を願って。