switch

switch101-92 マヨヒガ

 世の中には何でも出来る人が存在するとは思っていたけど、まさか、自分の目の前に現れるとは思ってもみなかった。

 服と言えば、新しい服が出てくるし、お腹が空いたと思ったら極上の食事が出てくるし。

 絶対に逃がさないと言ったら、本当に逃がしてくれないし。

 その男は、顔はいいけど口調は乱暴。
 でも、俺には優しくて甘くしてくれてる気がする。

 まだ怖い事はあるけれど、言葉が微妙に通じてなくて困るんだけど。

 扱いは、花を扱うように優しい。

 俺の顔を見ると、いつも笑顔になってキスをしてくる。

 これもどうだろうとは思うんだけど、段々とそれに慣れてきている自分がいた。

 たった数週間しか経ってないのに、一緒にいる事が苦痛じゃないんだ。
 いろいろ嫌な事もあるけれど、逃げられないのもあるけれど、生活して行くのに困らないというのも原因の一つかもしれない。

 これじゃダメだと思いながら、それに慣らされている気がする。

「透耶」

「え?はい」
 考え事に熱中していたら、鬼柳さんと目が合っていた。

「どうした? 眉間に皺を寄せて」

 あれ? 皺寄ってたっけ?

 なんて考えていると、スッと眉間にキスをされてしまった。

 ほらこうやってやってくるから困る。
 抵抗なんてしてる暇もないんだもん。

 鬼柳さんを睨み付けるように見ると、鬼柳さんが。

「何考えてた?」
 そう聞いてきた。

 じっと真剣に見つめられてドキリとしてしまう。

 その目は本当に真剣で、一言も俺の言葉を聞き逃さないという風に見える。

「な、何も…。えっと小説の事をちょっと…」
 俺はそう答えた。

 鬼柳さんの事を考えていたなんて言ったら、絶対誤解されてしまうから誤魔化した。
 それだけは学習しているつもりだった。

「そうか?」
 まだ疑っているような鬼柳さん。

「う、うん」
 俺は笑みを浮かべて何とか誤魔化そうとした。

「ま、いいけど。俺の顔見てて何か浮かんだのか?」
 ニヤリとして鬼柳さんが指摘してきた。

 考え事をしている時、どうやら俺は鬼柳さんの顔をじっとみていたみたいだ。
 しまった。

「そんなに見つめられたら…」

 ヤバイ、何か誤解された。

 でも、鬼柳さんの顔を見ていたのは事実であって。

 ああ!どう説明していいのか解らないよ!

「もうセックスしたくなったのか? 仕方ないな」
 はい?

 待て!なんでそうなるわけ?!

「そんな事思ってないよ!」

 俺は慌ててそれを否定したんだけど。
 もう無理っぽい。

 妄想入った鬼柳さんは止められなかった。

 なんでいつもこうなっちゃうのかなぁ…。

 はあ…。