switch

switch101-97 アスファルト

 沖縄の夏は暑いと聞いた。

 湿気がないぶん、直射日光が天敵らしい。

 俺は沖縄最後の日、鬼柳さんに頼んで、あのアメリカ基地の側の金網がある場所を歩いていた。

 ここは思い出の場所になる。

 自分から鬼柳さんに告白した場所。

 あの時はどうなるか解らなかったから、答えを貰えて嬉しかった。そして泣いてしまった。

 でもそれは俺の少しの考え違いのせいで、更に混乱してしまった場所でもある。

 最後に何処行くと言われて、俺はこの場所を選んだ。

 暑い中、アスファルトは熱気を帯びている。

 そういうモノを全て自分の中に収めておきたかったというのが、ここを選んだ理由。

 二度と来ない訳じゃない。

 また来たいからこそ、思い出の場所を覚えておこうと思ったのだ。

 鬼柳さんは何も言わず、俺の隣に立ってくれている。

 俺は気侭にそのフェンス越しに見える基地を眺めていた。

 何も言わなくても大丈夫だと思えたのは、鬼柳さんのお陰だ。こうした沈黙も苦しくない。

 側にいられる事がこれほど嬉しいとは思ってもみなかった。

 これから何があるか解らないけど、俺は沖縄に来て良かったと思えた。

「鬼柳さん、好きだよ」

 俺は鬼柳さんの腕を取って、ニコリと微笑んだ。

 煙草を吸っていた鬼柳さんは、少し驚いたような顔をしたけど、すぐに笑顔を見せてくれた。

「俺も好きだよ、透耶」

 耳打ちするように言われて、俺は顔を真っ赤にしてしまった。

 この先何かあったとしても、俺はこの場所を思い出そう。

 アスファルトが暑く焼け、向こうが蜃気楼になっているような、暑いこの場所を。

 そうすれば強く居られるはずだと。

 俺はこの場所を忘れない。


 思い出の場所として永遠に生き続けるから。