Sugary-09

「奏、ゆっくりとするから、途中で嫌になったらそう言ってくれ」
 西ヶ谷の言葉に奏は西ヶ谷の腕を掴んでから言った。
「僕が、ちょっとくらい何か言っても止めないで下さい……やり方は知ってます……調べました……ただ初めてでどうしていいのか分からないので、西ヶ谷さんの好きなように進めて下さい……」
 奏の決意に西ヶ谷はまず奏の頰にキスをした。
 何故、頰なのだろうかと奏が不思議がっていると。
「唇は好きな人のために置いておきなさい」
 西ヶ谷はそう言って、奏の頰にまたキスをした。
 別に初めても全部西ヶ谷がよかったから、奏は自分から西ヶ谷にキスをした。
「……!」
 西ヶ谷が驚いて一瞬硬直したが、その隙に奏は西ヶ谷の口の中に舌を入れた。
 西ヶ谷は奏が初めてを全て西ヶ谷にくれるといっているのだと思い、そのまま奏の舌に舌を絡めてキスをした。
 奏は初めてのディープキスだったが、どんどん舌を絡めているだけで気持ちがよくて、西ヶ谷にいいようにキスで高められていった。
 心臓は口からでてしまうくらいに高鳴り、奏は頭の中にもやが掛かったみたいになってすっかりと身体の力が抜けた。
 それに合わせたように、西ヶ谷は奏の身体をあちこち触りながら、服を脱がせていく。
 ワイシャツのボタンを外して、中のシャツを捲り上げて西ヶ谷はゆっくりと奏に触れた。
  奏の心臓が高鳴っているのが伝わってきて、西ヶ谷はより一層奏を大事に抱いた。
「あ……んっ」
 奏は恥ずかしくなったのか顔を覆っているが、西ヶ谷は気にせずに先を進めた。
 というよりは、止まることができなかった。
 これよりももっと早く奏に触れたいと思うのだが、自分の中でもっとも遅いくらいの行動で奏に触れ、逸る心を抑えた。
 まるで十代の初めてのセックスのように飢えていて、そして相手を求めているような感情になったのは久々で、自分の日々の行いがどうしても酷く思えて今更後悔するような気分になり、そんな男に抱かれようとしている奏を可哀想だとも思えた。
 けれどそこでやめられるほど西ヶ谷は人がよくはなかった。
 目の前にある抱きたいと思ってきた人が、抱いてくれと大人しくしてくれているのだ。手を出さない理由がない。
 西ヶ谷は先を進めていく、さすがに奏も想像以上のことに戸惑い始めるが、それでも西ヶ谷を止めることはなかった。
「あっ……そんなっああっん」
 西ヶ谷は奏の乳首を舌で舐め上げてゆっくりと責めてくる。そしてそれによって最初はくすぐったかったのに、そこで気持ちが良いと感じるようになってきた。
「はっああっ気持ちっいいっ……んっ」
 気付いたら奏のペニスは勃起をしていたし、それに気付いた西ヶ谷はパンツや下着まで脱がせてくれた。
 奏が足を大きく開くと、その間にいつの間にか服を脱いでいる西ヶ谷が入り込み、足を閉じることができなくなっていた。
 そんな奏の乳首を西ヶ谷は舐め上げながら、奏のペニスに触れた。
「あ……ああっんっああんっ、ちくびぃ、んっぅ……」
「もっと、もっと声を出してもいい……素直に奏の気持ちを口にして」
 西ヶ谷にそう言われて、奏はその通りにした。
 実際、気持ちがよくてどうしようもなく声が口から出てしまうから、そう言ってもらえて気持ちが楽だった。
「あぅんっ、乳首、こりこりって、気持ちいいっ」
 そう言うと西ヶ谷の指が奏の乳首をこね上げて、何度も引っ張ってくる。
 親指と人差し指でつまんで弄られるのが気持ちいい。
 勃起したペニスは西ヶ谷に扱かれて、ビクビクしながら汁を吐き出して、びしょびしょになっていた。
「乳首じゃなくておっぱいって言ってごらん。おっぱい気持ちいいって」
「ああんっ……おっぱいっ……おっぱいきもちいっ……あっあっああっんっあっ」
「奏はいい子だね……ほらもっと言って私を煽ってごらん」
「あああぁっ……はずかしいけどっ、はぁっはぁっ、きもちよすぎて、ああっおっぱいきもちよすぎておかしくなるよっ、も、だめっこれいじょっ……あんあんあんっ!」
 奏は西ヶ谷に乳首とペニスを延々と攻められて、イきそうでイけない状態がずっと続いてた。快感だけが膨れ上がるばっかりで狂いそうだった。
「はああっ……んっああ゛あっ……ひあっおっぱいっ……おかしくなっちゃうっ……あっあぁっ!」
 奏は気持ちよすぎて、ずっと絶頂をしているようなのに精子だけは出なくて、本当におかしくなると思った。
 すると西ヶ谷の指が尻に触れたと思うと、滑りとした液体と共にアナルにいきなり指を一本入れられた。
「あああ~~っ!」
 奏の頭が真っ白になって、気づいたら挿れられた指から押し出されるみたいにペニスから精子が勢いよく飛び出した。溜めに溜めた分、なかなか止まらなくて、快感もずっと続いている。
「あ゛ああぁっ……ひっ、はぁっ、あ、あああっ~」
「可愛いね奏、もっとたくさんイかせてあげるよ……」
西ヶ谷は奏のアナルに指を入れたままで、奏の快楽が続いている間に指を動かし始めた。
不満そうな金髪に対して、指を挿れてきた黒髪の男が笑う。
 奏はまだ絶頂が理解できなくて、けれどアナルが疼いてて西ヶ谷の指を絞めている。奏のアナルはもっと欲しいと西ヶ谷の指を逃がさない。
 西ヶ谷が指を抜き差しし始めた。
 奏はアナルの中を擦られて、ものすごく感じた。
 勝手に奏の腰がびくびくと跳ねる。アナルは指をぎゅうっと締め付けてるが、西ヶ谷はそれを気にも止めずに抜き差しを激しくしてく。

「あひっああんっあんっらめっ……そこっやあぁっああっん!」
「気持ちがいいなら、そう言いなさい。そう言って?」
「あああぁっ……んああっ…ひあっ気持ちっいいっ……おかしい、中、ああんっ初めてなのに……ああっん!」
 初めての時は痛いかもしれないと聞いた。
 元々そういう用途の場所じゃないから辛いこともあると読んだ。
 けれど奏は初めから西ヶ谷が触れるところは何処で気持ちがよくて、アナルさえ痛みは感じなかった。圧迫感はもちろんあるが痛いという感情は生まれなく、拡張されるアナルさえもだんだんと気持ちが良いと思うようになってしまった。
 もとより淫乱だったのかと思うと恥ずかしいが、それは西ヶ谷にとっては幸いであったし、ラッキーだった。
 奏との相性がいいということなのだ。
「あ゛ああっいいっ……きもちいっはぁっそこっぐりぐりしたらっああっあんあんあんっ!」
「ここを突くと吸い付くみたいに締め付けてくるな……」
 そこを擦られて奏の腰が跳ねる。
「あっあんいっああっんっ」
「ここが奏の気持ちがいいところだよ……」
 そう言われて擦られるだけで、腰が跳ね上がり、快楽が一気に脳天まで突き抜けてくる。
 何度も何度もそこを広げるように擦り上げられて、奏はそれだけでまた絶頂をした。
「ああああぁっ……あひっ、あっああっ……!!」
 こんなの、気持ちよすぎる。
 恥ずかしい格好をして西ヶ谷に責められている自分の体を見ると、西ヶ谷と目が合った。その西ヶ谷の強烈な色気と視線に奏は興奮し、奏の絶頂が長く続いた。
 そして見えた西ヶ谷のペニスは、奏の心配を余所にちゃんと勃起している。
 ガチガチになって大きくなっている西ヶ谷のペニスを見て、奏は怖くなるよりも興奮した。
 ああ、こんな大きいのを挿れられて、中をゴリゴリされたら、きっと壊れてしまう。指であれだけ気持ちよかったのに、こんなの本当におかしくなってしまう。
 でもそれが欲しい。
 どうして中を突いて欲しくて、奏は絶頂の快楽の余韻に浸りながらも手を伸ばして西ヶ谷のペニスに触れた。
「……あっ大きい……これがほしい……おちんぽを、おちんぽを挿れて、犯してくださいっ……」
 奏の言葉に西ヶ谷は目眩がしそうなほどの感覚を覚えた。
「何て言葉……どこでそんなのを覚えたんだ?」
普通の何かを調べて出てくるものではないのだが、奏は素直にその入手先を吐いた。
「漫画で……読んだから……そう言わないともらえないって……」
 奏はそう言った。どうやら実写で調べるほどの度胸はなかったようで、漫画と体験談や読み物で覚えたようだった。
 ただちょっとだけ方向性が間違っていたようだが、それはそれでなかなか言わせられない言葉なので西ヶ谷はよしとした。
「中がひくついて指を吸ってくるね。そんなに私に犯されたい?」
「あぁっはいっ…僕、ここ疼いて我慢できない……、はぁっはぁっ、西ヶ谷さんに早く犯してもらいたいです、犯してくださいっ………ああああぁーっ!」
 奏がそう言いながら西ヶ谷のペニスを自分のアナルに導くと、太くて硬くてゴツゴツした西ヶ谷のペニスが、奏の中にゆっくり入ってきた。
「あ゛あああっ……あひっ、あっあ゛っあっああっ……!」
 西ヶ谷の腰に力が入り、強く脈打つペニスが狭い奏の中に、強引にねじこまれていく。
 その圧迫感に耐えながらも、快楽を感じてしまう奏は、その感覚におかしくなりそうな快感に悶えて西ヶ谷にしがみついた。
「あ゛あひっ……ああっああぁんっ!」
「はぁ、絡みついてくる……奏の中はすごいな……」
 西ヶ谷にとっても奏の中は狭すぎるのか、荒い息を吐きながらも何度か抜き差しし始める。
 その西ヶ谷のペニスの大きくて硬いカリに中を全部擦られ、抜くときも押し込むときも奏は既に気持ちよすぎて声が止まらない。中がめちゃくちゃ強く擦られて、熱くて、すさまじい感覚に意識が飛びそうになる。
「あ゛ああぁっ……ひあっ、ああっあああっんっ!」
「私以外を受け入れられないようにしないとね……奏は、私のモノだよっ」
 西ヶ谷はそう言い出して、奏は驚いた。
 ギチギチと広がったアナルには西ヶ谷のペニスを受け入れた状態でそう言われて、奏はただただ嬉しかった。
「嬉しい……僕は出会った時から西ヶ谷さんのモノです……あぁあんっ! まだっだめぇっあっひああぁっ!」
 奏がはっきりと西ヶ谷を受け入れた瞬間、嬉しすぎた西ヶ谷は激しく腰を突き入れて引いた。
 ずんっずんと容赦ないピストンが始まる。挿れられただけで絶頂をしそうなほどの強い刺激だったのに、抜き差しされたら性感帯を絶え間なく擦られて気が狂いそうなくらい感じた。
「あ゛あぁいいっあっああっ西ヶ谷さんのっ……気持ちがいいっあああっひあぁっあんっあぁんっ」
 奏は散々西ヶ谷に広げて貰ったアナルで最初から気持ちよく感じることができた。
 圧迫感はあるけれど、それよりさっきから擦られているところが気持ちよくて、どうにかなりそうだった。
「あぁあんっきもちいっ……恥ずかしいのに、あっあっきもちいいっはぁんっ」
「本当にそうみたいだな……ぎゅうぎゅう絡みついてきてる。私も気持ちが良いよ、奏……」
「ひああぁっ嬉しいっ……ああっそこっぐりぐりすごいぃっああんっあひっあんっあんっ」
 奏の頭がとろけてきて、与えられるものは全てが気持ちよすぎて、もうこの気持ちよさのためなら全部どうでもいいと思えるくらいに感じた。
 もう西ヶ谷とのことしか考えられなくなる。
「正直に言いなさい。もっと突きまくってほしいんだよね」
「あぁあっはいっ……もっとほしい……っ……ほしいです、中ゴリゴリ擦ってぇっ……あっあっあ゛あぁあんっ」
 奏が欲望のままにねだると、更に激しく突き上げられた。
 奏の中が狂喜して西ヶ谷のペニスをしゃぶりつくみたいに締め付けている。
「あんっあ゛っいいっ……ひあっあうっんっああっああ!」
「奏、気持ちいい?」
「あぁんっきもちいいっ……硬くて大きくて……っひあっあっ好きぃっ」
「はぁ……すっごい熱くてうねってる」
「ひっあ゛っ……あっあんっあんっあんっあんっ!」
 西ヶ谷は最初から手加減なしで抜き差しを始めている。
 奏は西ヶ谷の大きくて硬いものでトロトロになっている中をごりごり擦られる。それが異常に気持ちよくて奏は快楽にすぐに心を開いた。
「あぁんっ、あうっあんっあっあっああっ!」
「ここを擦るとめっちゃ締まるね。いっぱいしてあげる」
「あ゛ぁあっ! ひっあんあんあんあんあんあんっ!!」
 挿入したままカリでしつこくグリグリされる。
 強烈な絶頂感に奏のペニスから汁が溢れ、絶頂したわけでもないのに強制的に異常な快感を味わわせられ続ける。
「ひああぁっ……あ゛うっあひっああんっ……あん!あん!あん!」
 奏の頭の中は、気持ちいい気持ちいい気持ちいいという気持ちだけで埋まっていた。
 みっともない声を出して喘ぎまくる奏だったが、西ヶ谷はそれをギラギラした目で見て攻め立てる。
ちゃんと西ヶ谷を奏は煽れていた。
 凶器みたいに硬い西ヶ谷のペニスをずっぽりハメられて激しく抜き差しされてる。最初は優しかった西ヶ谷も興奮した顔でガンガン腰を使ってくる。
「ひああんっあうっあっあっあんっああぁっ!」
 西ヶ谷の指で乳首を押しつぶされながら擦られる。待ち望んだ快感に奏のアナルがきゅうきゅう収縮し、西ヶ谷のペニスを締め上げると内壁が西ヶ谷のペニスからの刺激がもっと強烈になる。
「あ゛あぁっ……ひっい゛ぃっ、きもちぃっ、ああっきもちがいいいっひあぁぁっ」
「もう、奏はこれがないと生きていけないだろ?」
「はぁあっ、ぼく……どうしようっ……西ヶ谷さんのでハメハメしないと生きていけないっ……あひっあ゛っあぁんっ」
 これからのことなんて考えられないけど、それだけは分かる。こんな気持ちよすぎることを知ってしまったから、これを一生忘れられない。
 今なら怖いことなんて忘れてしまえたし、西ヶ谷のことだけを感じていられる。それがとても幸福でとても充実していて、そして気持ちがよかった。
 これを思い出として終わらせることは絶対にできないし、奏はしたくないと思った。
「あああ……っこんなの忘れられない……もっとしてもっと犯してっ……あんっあん……あんっあんっ!」
「はぁっいけない子……心配しなくても奏はずっと私だけが抱いてあげるよ」
「あひっあっうれしいっ、あんっすごいっいぃっ、あっあ゛ぁっああぁ!!」
 西ヶ谷は更に興奮して奏を犯す動きを激しくする。
 乳首を激しく指で押しつぶされ、中は西ヶ谷で一杯だ。奏は最高に気持ちよくて呼吸が苦しい。こんな気持ちいいことをさっきまで知らなかったことが信じられない。
「中出しするよ」
「あ゛ぁあんっ……なか……だして……ひっあっあんっあんっあんっ」
 高速で入り口から奥まで抜き差しする深いピストンをされ、最後に熱い精液が奥に大量に出された。
 奏はその感触と快感だけで絶頂に達していた。
 西ヶ谷は息を飲み、ペニスが奏の中でドクドク脈打つ。ぎゅうぎゅうと奏の中が収縮して西ヶ谷のペニスを締め付けたので、西ヶ谷を奏の中で射精をした。
「あ゛ああぁーっ……ひあっあ゛っああっ!」
 熱い液体で奏の中が満たされる。
それは奏の心までも十分に満たして、奏は西ヶ谷に愛されていると感じたほどだ。
射精をしたというのに西ヶ谷のペニスはまだ勃起したままで奏の中にいる。
「一回じゃ終わらないから――ほら、今度は後ろからしてやる」
「ひっああぁ!」
 奏はうつ伏せにされ、休む間もなく抱かれた。
「ふぁっふかいっ…あっあんっあぁんっ」
 奏は犬のように後ろから激しく犯されたが、それでも異常に感じて奏は快感に浸った。
 そして挿入したまま、また仰向けにされて、西ヶ谷の膝の上にのせられてしまうと、西ヶ谷が両手を伸ばして乳首を弄ってきた。乳首に甘い痺れが走って、奏の中の西ヶ谷のペニスをぎゅうっと締め付けてしまう。
 乳首をずっと吸われて弄られ、アナルには西ヶ谷を受け入れたままで奏は悶えた。
 気持ちがよくて腰が勝手に動いた。
「はぁはぁ……突いて、西ヶ谷さんので中を突いてぇっ……」
「……」
「ああんっ気持ちいいっ、そこグリグリされてきもちよくなっちゃったから、もっとしてほしいっ、あっあああんっ!」
 奏の中の西ヶ谷のペニスが一際大きくなったかと思うと、西ヶ谷が奏の腰を掴んで抉るようなピストンが再開された。
 押し倒されてからは中をペニスで擦りながら、乳首までくりくりと指で弄ってくるものだからもうおかしくなりそうなほど奏は感じ、奏は絶頂を迎えた。
「あああぁい゛ぐっいっちゃうっあっあんっああぁーっ!」
 それでも西ヶ谷はまだイっていないので、挿入はずっと繰り返されている。
「あ゛ひっあ゛っらめっいってぅ! い゛ってるからあ゛っああっんっ!」
「まだ私はイってないよ」
 奏は絶頂をしっぱなしで敏感になりすぎた中をごつごつ突かれ、本当におかしくなってしいそうで泣き叫ぶように喘ぐ。
「あ゛んっらめっ、中らめぇっ、あっあひっあ゛っあんっ」
 興奮した顔で西ヶ谷が腰を振りまくっている。これ以上なく大きく硬いもので中の全てをゴリゴリ擦られ、強烈な快感が奏の全身を襲った。
「あんっあっあんっあ゛っあひぃっ! ああぁんっ!」
「奏、愛しているよ……私の奏……」
 奏の最奥まで叩きつけるようなピストンの後、熱い液体が勢いよく奏の身体の中に広がっていく。奏はそれを一滴残らず搾り取るようにぎゅうぎゅう締め付け、硬い西ヶ谷のペニスを絞る。
「……僕も、愛してます……」
 奏は意識を失う瞬間にそう西ヶ谷に伝えた。
 伸ばした手が空を切るかと思った瞬間、それを西ヶ谷がしっかりと支えてくれたのを感じて奏はそのまま意識を手放した。
 最高に気持ちがよくて幸せで、奏はこのまま死んでしまえたらよかったのにと感じたほどの幸福な瞬間だった。