R18novel短編

フラストレーション-4

「足、持って」
 石神は行為を始めてから、初めて言葉を発した。
「あし……んっああっ」
 石神が押さえていた足を、小高が自分で持ち支えると、石神は開いた手を使って、小高のアナルを指で広げ、その中に舌を這わせてきた。
「んぁああぁあっ!ああっ! あっ!」
 アナルを舐められるという行為が、ここまで気持ちがよいものだとは小高も思わなかった。アナルはどんどん広げられ、いつの間にか石神の指が二本も中に入って内部を掻き回している。
 更に石神の唇が、尻にキスをしたり舐めたり、噛みついたりと、やりたい放題である。
「んっんっいくっいくっいっちゃあ……ああぁああっ!」
 指で攻められて、小高は射精をした。ビューッと精液が吐き出され、液体が小高の胸を濡らす。
 小高が絶頂して放心している間に、石神は小高のアナルにペニスを突っ込んでいた。
「……ひぃひぁああぁああぁっっ!」
 絶頂からのさらなる快楽の前触れに、小高は悲鳴を上げる。浮き上がる腰を押さえて、石神は奥までペニスを突き入れた。そして挿入を繰り返す。
「あっあっぁああ゛っ!あっ!あ゛っ!」
 石神のペニスが小高のアナルの中で暴れる。教師のそれや他の男のそれとは違う、荒々しい獣のような強引な腰使いで一気に小高を追い上げてくる。
「ああ……いい」
 挿入を繰り返しながら石神が呻くように言った。
 想像以上の気持ちよさで、腰の動きが止まらない。オナホールみたいにしっかりとペニスを包んでくる小高の内壁を、かき分けて奥までいき、抜ける時に絡みつてくるのを無理矢理抜く。それがただただ気持ちが良くて、石神は強引に腰を打ち付け、そして絶頂をその中で迎えた。
「ひっああぁ――――――っ」
 ビュービューッと大量に吐き出された精液が、奥の奥まで届いて、小高は嬌声を上げた。そしてペニスから精液を吐き出す。二度目の絶頂だ。
 セックスをするのに生でやるのは、教師が望んだ時と今だけだ。他でやった時はコンドームは絶対に付けていたし、生ではやらせなかった。
 しかし、小高入ってくる精液が気持ちよくて、絶頂を迎えたのは初めてだった。
 石神は射精をしてもペニスが萎えず、勃起したままで尚も腰を使っている。
「うそっ……なんで……いったんじゃ……あぁあっあっあっ!」
 一回射精すれば冷静になるのではないかと思った小高だったが、甘かった。石神は絶倫で、射精を三度しても萎えることがなく、小高を突き続ける。
「あっあっあっあぁああっっ! もっ……だめ……ああっあっあっあっ!」
 小高は自分の中の制御しているものが壊れていくのを感じた。
 はぁはぁと息をしながらも、だんだんと笑顔になって石神に負けないように、腰を使い始める。
 もうこれはレイプの再現ではない。
 石神とのセックスで、何の変わりでもないのだ。
 だったら好きにするのが一番だ。そう開き直ったのだ。
「あっあっんっんっ……いいっいいっ……突いてっもっとちょうだいっああっ!」
 押しつぶされるようにアナルを上からペニスを突き入れ、全身を使って石神は挿入する。それが脳天を突き抜けるほど気持ちがよくて、小高は嬌声を上げながらも貪欲に強請った。
「いいっいいっおしりっああっんっんっ! ん……ああっあっあっあっあっ!」
 パンパンパンと強引に突き入れ、奥で射精をする。それで小高も達して体を震わすも、すぐに石神のペニスが復活してパンパンパンとまた強引に挿入が開始される。
「う〜〜〜〜〜〜〜〜っ!! あぁ〜〜〜〜〜っ!」
 絶頂がまだ続いている間に内壁を抉られると、小高の体の痙攣が止まらなくなる。これがドライオーガズムであることに気付いたのは、精液がでなくなったのに絶頂を迎えているからだ。
 小高がただ嬌声を上げるだけになってしまうと、やっと石神も萎えたのか、ペニスをアナルから抜いた。
 抜かずに六回はした。だから小高のアナルから精液がボタボタと溢れ出ている。それを石神は持っていたスマートフォンで撮影を始める。
 小高は足を抱えたままで、アナルをよく見えるように開いたまま、精液を吐き出すところの動画を石神に撮られているのに気付いてはなかった。
 そしてそのまま小高は気を失った。
 石神は小高は気を失ったのを見た瞬間、持っていたスマートフォンを置き、戸棚からハンディーカメラを取り出した。
 そのハンディーカメラを持つと小高の裸を全身くまなく撮影し、あのレイプ映像と同じように、乳首から舌を絡めている自分を撮り、小高の腹に飛び散っている精液を舐めとった。
「ん……あぁん……あっ」
 小高は気を失っても、快感を得られるようで声が漏れている。
 石神はさらには自分のまた勃起したペニスを映して、精液が溢れ出た小高のアナルに挿入をする。その股間をアップで撮った。
 そして今度は三脚にビデオを設置すると、小高を抱え上げ、カメラに向かって正面にした小高の後ろから突き上げた。足を持って腰を使い、小高のアナルにペニスの挿入を繰り返した。
「あっあっあっんっあっ……あっんっあっ」
 意識がないはずの小高が嬌声だけは上げ続け、石神が達すると同時にまた達した。だが今度は潮を吹いた。
 アナルを犯されて透明な液体を放尿するように放つ様子を撮影され、さらにはペニスが抜けると、アナルから精液がボタボタと零れる様までも収められた。
 その小高を撮影すると、石神はハンディーカメラを元に戻し、隠してしまう。小高が撮影されることを嫌っているのを知っているので、なんとしても隠すしかない。
 しかし、あのレイプ動画以上のものが撮影できたと思っていた。
 
 小高は気を失う前は幸せだっただろうが、完全に石神の心は歪んでいた。石神は小高の体を綺麗に拭く時も、乳首を弄っているところをスマートフォンで動画撮影し、小高がオーガズムを迎えるところまで撮影していた。
 歪んだ心は元には戻らず、次に小高が目を覚ました時には、小高の中にはまだ石神が入っていた。
「……あ……ん、もう、いい加減……」
 寝ている間もずっと体をいじり回されたことなど、起きて突かれていれば嫌でも想像ができることだ。
「ああ、小高……小高、乳首、美味しい……」
 石神は小高の言葉など聞いておらず、挿入をしたままで小高の乳首を吸っている。
「も……本当に、勘弁して……」
 そう言っている間も絶頂が押し寄せてきて、小高は潮を吹いた。
「ああぁあっ! おしっこでて……る」
 床に放尿するように、透明な液体が出てきて小高は焦ったが、床が水浸しにならないようにシートが敷いてあって唖然とする。
 どうやら寝ている間に潮を吹き続けたらしく、その対策がされていた。
「おしり……壊れたら……も、セックス……できない……」
 石神が執着しているであろうことを口にすると、石神はやっとアナルからペニスを抜いた。だが起ち上がると、小高の前で仁王立ちになり、ペニスを扱いている。
 小高は、それに口を付けてペニスを吸い、口腔で扱いてやった。
 絶倫だとは思ったが、その絶倫の中でももっとも酷い絶倫らしい。部屋中に精液の匂いが立ちこめ、ベッドのシートは湿りきっている。どれだけセックスしていたのか分からない。
 時計を見るとすでに朝八時だ。昨日の十時くらいからずっとセックスを始めたとして、その間に小高が気を失っていた時間も石神がセックスをしていたとしたら、恐ろしいくらいだ。
 その石神がやっと最後の射精をすると、その精液を小高が飲んだのだが、ほとんど味がないほど薄い液体になっていた。
 石神を見上げると、目の下に隈ができている。どうやら一晩中起きて、小高の体を貪っていたらしい。
「……少しは限度を……」
「すまない……」
 石神は素直に謝ったが、小高は風呂を借りて体を綺麗にしてから服を着てから言った。
「させないとは言わないけど、こっちの意見も聞いてほしい」
「……分かった」
「それで、どうだった? 俺の体は」
 ショックなのか、しょげている石神に小高はそういう質問をした。
 すると、石神は目を爛々と光らせてから言った。
「最高……またしたい」
「わかった、またな」
 小高はそう言うと、石神の部屋を出た。

 朝日が眩しいが、あのまま石神の部屋にいても襲われるだけで、冷静に話ができない気がしたので、今日のところは逃げた。
 翌日にまた学校で話ができるだろうと、小高はのんきにそう思っていた。
 一応は恋が実った形ではある。石神を振り向かせようとして、様々なことをしてきたのだ。そして石神は小高を抱いた。
 だから小高は勝った気持ちでいた。

 小高が帰った後、石神は部屋を片付けた。
 このために部屋は床が濡れても問題ないシートをしていたし、ベッドはウォーターベッドにしておいた。だから掃除は少しかかったが、一人でできた。
 まさか小高も自分がここで犯されるとは思いもしなかっただろうし、そのために石神が準備をしていたことも気付いてなかった。
 部屋には監視カメラが設置してあり、ベッドをくまなく撮影できるようにしていた。
 ハンディーカメラだって取り出しやすいように準備しておいたし、三脚も用意していた。
 その部屋のクローゼットの中には、パソコンが置いてあり、二十四時間起動していた。玄関の近くやベッドの横に撮影するための録画ボタンが置いてあり、それを家に入ってきた時に押した。
 小高のすべての痴態は録画されている。もちろん風呂もだ。
 まさか小高も石神がそこまでしているとは想像だにしなかっただろう。
 だから、シャワーを浴びながら、小高が自分で乳首を弄りながら、オナニーしていたところを知られるとは思いもしないことだ。
『あ……んっんん……ん』
 小高は乳首を摘まんで回し、腰を振りながらペニスを擦り、さらには床に座ってアナルを洗うふりをしながら、ペニスを扱きながらアナルを弄ってアナニーをしていた。
 もちろん、一人でそれをやって敏感になっている体は潮を吹いている放尿するように透明な液体が浴室の壁を塗らしている。さすがに精液は出なかったようだ。
 そのすべての痴態を撮影されているなんて、小高は夢にも思わなかっただろう。
 ここまで長かったのだ。
 石神はそう思う。
 妄想だけで済んでいたのは実家にいるまでだった。
 小高が堕ちてくるまで、際どいところを行ったり来たりした。
 小高を抱きたいがために、風俗も利用して男の体を知り尽くした。
 DVDを見せてきた小高が犯されたがっているのなんて最初から知っていた。
 だた石神の中の常識が、それを許さなかっただけだ。
 だが、石神の両親も離婚をし、家族が離散するときに親から遺産相続分に匹敵する遺留分の財産をもらった石神に、止めるものはもういなかった。
 石神の中で常識が壊れていく中、小高は暢気に側でうろうろしていた。こんな獲物を石神が逃すわけもない。
「小高……綺麗だ……」
 あの教師には負けたくなかった。だから録画をした。
 その中の小高は気を失っていても、腰を振っていたし、嬌声も上げていた。
 それを眺めて石神は思うのだ。
「やっと、勝った」
 思い出を支配してきたあの映像が、自分のモノに置きかわって、思い出は完全に消えた。