R18novel短編

合宿所にて-2

「やだぁあぁああっ!」
 むき出しになったペニスは、すっかり立ち上がって先走りまで出ている。
「お前だけがそうじゃないんだぜ」
 遊馬はそう言うと、自分のペニスもズボンから出して見せた。辻のペニスがピンクに近い色であるのに対し、遊馬のペニスは皮もむけていて黒光りをしている。
 そのペニスを辻の尻沿わせて、遊馬は腰を振りながら辻の乳首を吸い続けた。
「なにやって……あぁぁぁっんっちくび……だめぁなのぉお」
 甘く高い声が出て一生懸命否定をしているけれど、それは否定ではなく嬌声(きょうせい)だった。それが遊馬をより高く高め、尻に沿わせたペニスがグンと膨れるのを感じた。先走りは辻の尻の孔辺りにネチネチと音を立てて付き、辻の孔はそれを受け入れるようにパクパクと収縮している。
 抱きかかえた手を尻に這わせ片方で広げて、片方の指が孔の中にニュルリと入り込んだ。
「いやぁぁあ……ゆびぃぃいやぁああっぁあっ」
 逃げようとする辻だが、それが余計に遊馬に乳首を差し出す結果になってしまった。遊馬は乳首を噛んで、その先端だけを舐めるという辻には痛いはずのことまでやってくる。また孔は遊馬の先走りの汁を付けてどんどんを広げられ、指二本を突っ込まれ、そしてそれを左右にまで広げられる。
「あぁぁぁっっぁっ! ちくびとれちゃう……っおしり、こわれぁあぁっ」
 どこもかしこも気持ちよくて辻はひたすらに喘いだ。口は閉ざされることはなく、端から涎があふれて、それが胸を伝って落ちていく。
 感じて感じて頭がおかしくなったのではないかと思えるほどの快楽に、辻は翻弄され、自分でも信じられないような行動に出ていた。
「それなに、いやらしい、お前は乳首を犯されながら、ケツの穴広げられながら、それでもペニスを俺の腹にすりつけるのか……気持ちいいのか、この淫乱」
「あはああぁっ! 腰が止まらないっとまんないのぉ」
 完全に達している辻のペニスだが萎えることなく立ち続けている。先走りは失禁でもしたように止まらず、どんどんあふれ出て、遊馬の腹を汚していく。
 むせ返る精子の匂いに、二人は酔ってしまったかのように行為に溺れる。
 嫌だと言っていた辻ももはや否定の言葉を口にすることはなくなった。
 その時に変化が訪れた。
「お前、ミルク出てるよ」
 乳首をひたすら攻めていた遊馬がとんでもないことを言い出した。
「えぇっ! やあ、うそ!」
「本当、甘いのが乳首から出てきてる。美味しい」
 遊馬がそう言って、乳首を盛大に吸った。ジュルジュルと音を立てた吸い方に、辻は盛大にオーガズム を迎えた。
「あっあっあっあっぁんッあんっあああんっ!」
 辻がびくんと体を震わせて全身で達すと、ペニスが潮を吹いた。ビシャッと盛大に吐き出した後、乳首がびくんと震え、乳首の先端からピューッと透明に近い白い液体が噴き出した。
「ほら出た。お前乳首からミルクだしてる」
 そう言って遊馬は勿体ないと言いながら、その液体をすべて啜(すす)ってしまう。達した後のペニスはまだ萎えることなく立っている。尻の孔はもうなんでも受け入れられそうなほど、広げられていた。
 ぐったりとした辻を床に寝転がらせると、遊馬は辻の足を大きく胸まで押しつけるようにして広げ、遊馬の先走りで濡れに濡れている孔の中に一気に押し入った。
「ひぃっっぃっあああっぁぁ」
 もう終わったと安心して息をしていたところ、吐き出すのに合わせて一気に奥まで突かれた辻のペニスは射精をした。ピューピューと辻の胸を汚して垂れていく残滓は、もう粘りけもないような液体だった。
「おしり……こわれ……ちゃ」
「大丈夫避けてない、ちゃんと俺のサイズに広げてたから、大丈夫」
 ズンッと一回引き抜いてからもう一度突き入れたら、圧迫感はあるが遊馬のペニスを包み込むように辻の内壁が絡みついた。
「おぁあ……お前、この孔、エロいだろうが」
「し……しらな……あぁぁっ」
 遊馬の大きなペニスをすっぽりと自分の孔が飲み込んでいるのを見て、辻は快楽に震えた。内部に押し入り、そして抜けていく感覚がこんなに気持ちがいいものだなんて思いもしなかったのだ。
 初めてなのに、痛くもなく、突き入れる感覚を即座に受け止められた自分は遊馬の言う通りの淫乱だと辻は思った。
「あんあんあぁんッんっあぁーっ!」
何度か突き上げらると辻はまた達したが、今度もまた潮を吹いた。
「はは、潮吹きかこれ、お前、本当にエロすぎだろ」
 ビシャビシャになりながらも、遊馬は辻を突くことをやめない。周りにパンパンパンと音が響いている。さらに孔の出入りにはブチャブチャと液体が皮膚でこすれ合う音がする。
「いやらしい音が鳴ってるな、いいな……気持ちがいい」
 遊馬は夢中で腰を振ってそして辻の中で果てた。
「あっあぁっ…んっやぁっあぁんっ……」
 ビュルルルと熱い精子が奥までたたきつけてくる。受け止めた場所がペニスが届かない位置だったから、新たな快楽が生まれて辻の体もびくびくっと跳ねた。
 その時また乳首が達してピューッと勢いよくミルクが出た。
「ああ、もったいない!」
 遊馬はそう言って辻をまた抱えあげ、飛び出すミルクを吸った。
「これでももうお前は、俺のだ。他の誰にも言えないどころか、女も抱けない」
 遊馬がそう言い出して、辻は確かにそうだなと思った。
 絶頂に達した男が乳首からミルクを出していたら、女の子はどん引きする。そしてそれを友達に話して噂はあっという間に学校中に広まる。それが容易に想像できたため、辻は何も言えなかった。
「これからも、これ吸わせてくれ。お前のミルク、美味しい……」
 うっとりとしたように遊馬がそう言った。その言葉に、辻は静かに頷いただけだった。