R18novel短編

神隠し-3

 そうして若尾はすっかり反り返った狂気のようなペニスを、中沢のアナルに挿入した。指三本を受け入れたアナルは、若尾の大きなペニスを受け入れられる。だが半分入ったところで、それ以上が入らない。
 それもそのはずで、指で緩められたのはそこまで、その先は若尾の指でも届いてなかったのだ。
「あっあぁああぁ……んああぁあっんっんっんん」
 じわじわと押し入ってくるペニスを感じながら、中沢はそれを受け入れるために大きく息を吐き、力をなんとか抜いていた。その声に興奮した若尾が、中沢の足を大きく開いて胸まで押しつけると、上から一気に中沢を貫いた。
「――――――っっ!」
 その衝撃で中沢は達した。
 いわゆるトコロテンというやつだ。
 誰も届いたことがないところまでペニスが届いていて、それが気持ちよくてガクガクと震えながら中沢は大きく息を吐いていた。
 若尾はペニスを突き入れから、中沢の体の震えが止まるまでは一応待ってはくれた。
 だが。
「お前の中、蕩けそうだ」
 そう言って一気にペニスを抜くと、また中沢のアナルに突っ込んでピストンを始めた。
「ああっ! あっあっ! あっんぁあ!んぁっふぁあっ!」
 あまりの激しさに腰が抜けそうになりながらも中沢はそれを受け止め、しっかりと内壁で若尾のペニスを味わった。
「お○んちん……気持ちっいいぃっあっあっんぁっ!」
 しっかりと若尾に抱きついて、足を絡め、その気持ちいいペニスを何度も強請った。
「いいっお○んちんっああっいいっいぃっあっあっあっ!」
 頭がおかしくなりそうなほど、快感を与えられ、中沢はそのまま達した。内壁が若尾のペニスを締め付けると、若尾も中沢の中で達した。
 その若尾の精液が内部に消えるかと思ったが、逆流してアナルから溢れて出てきた。
「……あっふ……んっ」
 若尾がペニスを抜いてしまうと、ゴボゴボっと溢れるように精液が吐き出されてくる。それを中沢は感じてビクビクと体を震わせたが、その精液がでてしまうと、若尾がまた中沢の足を抱えてから、ペニスをアナルに突き入れた。
「あああっっ! うっそ、もう……復活して……んぁああぁっ!」
 また勃起して、反り返ったペニスが、締まりかけたアナルをこじ開け、内壁を刷り上げてくる。
 すると若尾は中沢を抱きしめ、キスをせがみながら言った。
「お前、気持ちいい」
「うん、俺も気持ちいいよ。お前のお○んちん、好き」
 そういうと中沢からキスをした。
 それから、中沢の意識が切れるまで、二人はセックスをして過ごした。
 

 次に中沢が目覚めた時、がたがたと揺れた揺れに起こされた。
 目を開けると、明け方のように薄明るい感じで、ハッとした中沢は起き上がった。
 するとそこは車の中だと分かる。
「起きたんですか、中沢さん」
 そういう声がした方を見ると、運転しているのはあの種田だ。
「え?え?」
 さすがに驚いて声が出たのだが、種田が笑う。
「いきなりで驚いたようですが、朝になったので迎えにきましたよっと」
「朝って、いつの朝?」
 訳が分からなくてそう尋ねると、種田は分かっていたように笑った。
「いつってあなたが迷っていた日の翌日の朝ですよ。まあ、零時回ってたから、同じ日なので、土曜日ですよ」
「え? 結構あっちで過ごしたと思ったんだが……」
 たんまりセックスしていた上に眠ったので、どう考えても一日以上は過ぎていると思っていたのだ。
「そういうもんですよ。あっちとこっちは流れが違うんです。だからうっかり長居しても数時間程度だったり、数年だったりするので、長居はあんまりおすすめしないんですがね」
 種田はそういうことが分かっているので、なるべく素早く行動するようにしていると言った。
「そっか……」
 中沢は何だか残念だなと思った。
 あんなにセックスの相性がいい相手なんて、そうそういるものではないのだが、それが鬼だった上に、時間が違う世界に住んでいるなんて言われたら、軽くショックである。
「でもあなたは気に入ってもらえたらしいから、好きなときに尋ねるといい。私のライバルにはなりそうもないしね」
 種田はそう言ってクククッと笑った。
 どうやら富目的でないヤツならどうでもいいという感じである。
「……そっか」
 意外に会いに行っても怒られはしないらしい。経験者の種田が言うのだから、そうなのだろう。
 だから今度の休みにでも、またあそこに行ってみようと中沢は思った。

 駅まで種田に送ってもらい、別れ際には名刺ももらった。
「いつでも電話して、迎えにくるよ」
 種田はそう言って去って行ったが、その種田の名刺を見て、中沢は目を見開いた。
「種田さんって、あの種田さんだったんだ……」
 大きな会社の取締役社長で、中沢の会社で使っているパソコンソフトや携帯電話のOSなどを作っている会社だ。全世界で70%を占めるスマートフォンのOS規格元になったものを開発し、販売して急成長した会社の創始者。
 当然知ってて当たり前の有名人であるが、さすがに顔までは覚えてなかったし、あんな田舎でバンを運転しているなんて、想像だにしなかったが、あの高級メロンはそういうことなのだなと納得した。
 その日、始発で電車に乗って家に帰り、普段通りの生活を送っていた中沢だったが、やはり翌週も土曜日にあのマヨイガを尋ねていた。
 もちろん、マヨイガから持ち帰った扱いにされた、あのマヨイガに住む鬼の精液のお陰なのか、中沢は会社で大きな利益を上げ、報奨金を何度ももらい、昇進していったのは言うまでもない。
 それでも中沢の心は満たされることはなかった。
 そして週末のマヨイガ通いは、中沢が三十代中続けていたが、やがて中沢は会社を辞め、この世にあるすべてを処分してしまってからマヨイガに行ったままになり、現実世界で中沢はそのまま行方が分からなくなってしまい、失踪届が出された。
 その頃には事情を知る唯一の人である種田も老衰で死去しており、マヨイガへの道もそれと前後して完全に閉ざされた。作られた道は豪雨で消え、その先にあったはずの屋敷の場所も土の中に消えた。

 もはやあのマヨイガの存在を知るものは、物語の中だけとなったのだった。