R18novel短編

散った花-2


 勢いよく出た精液が、弧を描いて飛び散り、深津の腹や足などを濡らした。その射精時間は長く、溜まっていた全てを吐き出したかのようだった。
 しかし乳首を強く摘ままれたままで、射精をし尽くしても、勃起は治まらない体が、さらなる快楽を求めてビクンビクッと跳ね上がる。
「いいね、エッチな体だ」
 男たちが満足したようにそれを眺め、一人が我慢できないとばかりに深津の乳首に齧りついた。
「ひあぁっ! んっ、あっひっそこぉっ……あっあっ!」
 男のざらついた舌で舐め上げられると、勃起して敏感になった乳首が壮絶な快楽を与えてくれた。
「はぁっあっん…やっあっあぁっ!!」
 背筋がゾッとするほどの快楽で、全身が敏感に反応している。びくびくっと痙攣した体が何度も跳ね上がる。
 男が吸い付いた乳首をキャンディーでも舐めるかのように舐め上げ、さらには歯で噛みつき引っ張る。
「っあっんはぁっ……あぁああーっ!」
 深津の口からはもう喘ぎ声しか漏れなかった。
 クスリの効果はどんどん上がる。スプレーの液体や塗り込まれた軟膏のようなモノは全て、BPと呼ばれていたセックスドラッグである。
「あっあっあぁっあんっ! ひっんっあんっふあっ……っ!!」
 深津が全身を震わせながら、乳首だけで二度目の絶頂を迎える。
 残っていないと思っていた精子が薄い色で勢いよく射精される。それでも勃起は治まらない。
「ああぅっ、んっ、んぁっ、ちくびぃ、だぁめぇっ……あぁっ!」
 深津が乳首で絶頂を迎えている間に、もう一人の男が深津のアナルにセックスドラッグを塗った指を突き入れた。
 乳首の快楽に夢中になっている深津はそれに気付いてなく、ただ乳首が気持ちがいいと声に出して喘いでいた。
「ふぁっ、ああっ……! ちくびぃっあぁっあんっあっ!」
 何度も痙攣しながら、乳首を吸い上げる舌や男の唇、そして歯で噛む具合がよく、嬌声が止まらない。乳首を噛んだままで乳頭を舐められ、深津はいつの間にか腰を揺らしていた。
「ひぁぁっ!! あぁっ、あんっ、ひぃあっ!」
 嬌声を上げる深津の前に、もう一人の男のペニスが突きつけられた。勃起した真っ黒なペニスは、深津が今まで見たことのあるペニスとは比べものにならないほど大きく凶悪だった。
「ほら、噛むなよ」
 男はそう言って、深津の顎を持ち、ペニスを深津の口に突き入れた。
 臭いはずのそれがその時の深津には気分が良かった。なので、深津はそれを舌で舐め、口で扱くようにして頭を振った。
「ゆっくり舌で舐めて、そう。上手いぞ」
 初めてのフェラチオだったわけだが、気分が良かったので、言われるがまま、男のペニスを頬張った。同じ男だから、何処をどうすれば気持ちいいのかは知っている。だからその通りに、ペニスの先端を舐め、咥えて扱き、舌で筋を舐める。
 その間も乳首を吸って舐めている男はいたし、アナルをどんどん拡張している男もいた。そのどれもが気持ちが良く、深津は襲われていることすら忘れ、自らその行為に溺れた。
 だって、その方が気持ちが良かったから。
「ぅんっ! ふぁんっ、んっ、んぅっ、んんーっ!」
 口からは涎が垂れ流しになったが、そんなのを気にせずにペニスを咥え続けると男が身を震わせた。
「んっんっ出すぞっ!! んん」
「ん、ぅんっ、んんーーっ!」
 深津の口の中で男のペニスが射精をした。それは大量の精液であり、喉で受け止めた深津は、むせ返りながらもそれを飲み込んだ。
「んっ……ふ……」
 飲みきれないほどの精液が口から溢れ出た。そしてそれを飲み込んだ後は、男が水を飲ませてくれた。
「ふむぅっ、んんっ、んっ」
 その水が命の水のように美味しく感じ、深津は男に水がもっと欲しいと強請るように、男の口の中に舌を入れて水を探った。
 その舌を男が舌で絡め取り、深いキスになる。息をするときに向きを変え、男もテンションが上がっているのか、そのキスに付き合ってくれる。
「んぶっ……ん゛っん゛っ……んんっ」
 合間合間に水が追加され、深津はすっかりキスの虜になった。
 舌を吸われたまま、乳首を舐められ続け、さらにはアナルに入った指がすっかり馴染んでしまうと、その三方の攻めで、深津はまた絶頂を迎える。
 その絶頂で弛緩した体を、アナルを拡張していた男が、凶悪なペニスを深津の中に一気に突き入れてきた。
「やっ……、あ゛ああぁ―――っ!」
 さっきまでそこまで感じていたわけではないアナルの内壁を、大きなペニスが一気に入ってきて、すぐに出て行き、また入ってくる感覚が壮絶な快楽を引き起こした。
「ああああーっ! ひあっ、あんっ、ああっ、あああんっ」
 男も我慢ができなかったのか、突き入れた瞬間から腰を強く振り、パンパンと音が鳴るほど腰を打ち付けてくる。
「あんっあっん、あぁ、あっ、んっ、硬い……っきもちい…… あっはぁんっ」
 何かを塗りつけているので、滑りが良く、初めてであるが、クスリのお陰で痛みは一切なかった。ただクスリのせいで快楽が何倍か増しになっていて、それが深津の頭の中を壊していく。
「あぁんっそこっいいっ……あ゛っあっあんっあんっあんっ!」
 男の腰使いにすっかり魅了され、深津も腰を思い存分振った。
「あ゛っ、あ゛っ……だめっ、ひっあ゛っおっあぁぁあっ」
 その間も乳首を吸っていた男は、乳首を手で弄りながら、深津の耳を舐めている。内壁は男のペニスで広げられ、奥まで遠慮なく突き入れられている。出し入れするピストンが速く、深津を追い上げていく。
「あ゛っあっあぁんっ! 奥までっ……あひっうっあ゛っあぁあっきもちっ……いいっ……いいっ!」
 脳天を突き抜けるような快楽が襲ってきて、深津はそれを気持ちがいいと覚えた。快楽の壮絶な波にすっかり呑まれたのだ。
「ひっああっ! んっ! あぅっやっいくっ、いっちゃうよぉっ! あっぃいっ…あっあっ!あっ!あぁあ――――――っ!!」
 乳首とアナルを犯され、最高の絶頂を迎えた。
 すっかり水と同じくらいの薄さになっている精液が吐き出され、深津の中には男の精液が吐き出された。
 痙攣しながら達した深津は、その吐き出された精液ですら、既に快楽になっていた。
「ひっ、お゛っん゛おぉっ」
 射精ができないほどの絶頂で、オーガズムを迎えた。その絶頂の時間は長く、深津は打ち上げられた魚のように体を震わせていた。しかし、男達はそれで終わりではなかった。
 乳首に執着があった男が、今度は代わりにペニスをアナルに突き入れてきた。
「あぁっいいっいいっ……んっあ゛うっんっあっあぁーっ」
「おち○ぽ、気持ちいいって言ったらもっとしてやるよ」
「あ゛いっいいっ、んっあ゛っ……おち○ぽ……いいっ……あんっあんっあんっ……おち○ぽっいいっあああぁっ……っ」
 深津は全身で気持ちがいいといい、男を満足させた。
 突かれるたびに達しているのではないか、というほど、男が突き上げるごとに体を痙攣させる深津。男はそれを喜んで更に突き上げてくる。
「ひあっあ゛うっんっあ゛っお゛っあぁあっ! いくいくっいくぅうっ!!」
 その絶頂で深津は完全に壊れた。
 男のペニスが出て行き、深津のアナルから男の精液が吹き出てくる。その出て行く感覚もまた深津には心地よかった。だから、深津は終わりたくなかった。
「おち○ぽ、ちょうだい……」


「ビデオ撮れてる?」
「あー撮れてる撮れてる」
「すんごい、淫乱だな」
「おちんぽおちんぽとか言いまくり。エッチ好きなんだろうな」
「クスリ使ってるっていっても、最初の方だけだしな。効果あるの」
「一時間くらいだっけ、アレ」
「そう、だから後半は、ほぼあいつの気分だったわけだ」
「まだ腰振ってるし、素質あるんじゃね」
「あいつらの方が搾り取られてるからな」
 そう言ったのは、運転席と助手席で撮影を続けている二人。
 後ろのボックス内では、まだセックスが行われている。
 しかし、既に深津は拘束されていない。解かれたとたん、男を押し倒し、自分で男のペニスをアナルに入れて、自ら腰を振っていた。
「やっあぁっ、あんっ、ふぁっ、ん……はあんっ!」
 それにまだ付き合っているのは、乳首に執着があった男だ。
 下から突き上げられ、体を反らしながら自らも腰を左右に揺らしたりして、快楽をむさぼっている。
他の二人はすっかり搾り取られてしまい、ギブアップだと言って車から出ていっていた。
 だからいるのは、深津と乳首が好きな男だけであるが、二人になってから既に二時間は経っていた。
「あいつも大概絶倫だけど、いつも相手を壊して終わりなんだよな。だけど、今回はお似合い同士でいいんじゃね?」
「ほんと、三時間も平気でセックスで腰振れるってすげえわ」
感心した男たちを尻目に、深津と男はまだまだセックスを続け、終わった時には朝になっていた。


深津はその後、深津とセックスをしていた男の車に乗せられ、コンビニから深津の自宅まで戻った。
 深津はすっかりクスリも抜けていたが、全身が精子まみれで薄汚くなっていた。
 自宅に戻るのに躊躇した深津だったが、男が毛布を出して抱え上げて部屋まで運ばれた。
 玄関で下ろされたところで、男は何も言わずに帰ろうとした。
 しかし、出て行く男を深津は服を掴んで呼び止めた。
「……ねえ、まだ足りなくない?」
 全身が疲れているのだけれど、興奮は冷めやらない。
 男を家に入れたら、後戻りもできないことは分かっていた。
 それでも深津は男を呼び止めた。
 もう普通には戻れない。そう思ったからだ。
 男は驚いた顔をしたが、それでも出て行くことはなかった。


 今でもコンビニのバイトを深津は続けている。
 バイトや大学が休みの前日には、コンビニの駐車場で男達に犯されている。男達は深津を回して犯すが、深津はクスリを買って犯して貰っている。 今ではクスリと男達がいなければ、真面(まとも)な絶頂を迎えることができない。
 散々男達に犯して貰った後には、あの男とも会っている。
 深津のビデオが裏ビデオとして販売され、男達はそれを毎回、深津を犯すことで撮影を続け、利益を得ている。
 不毛な関係が続いているが、リスクだけではないこの関係が、深津には心地よい居場所になってしまった。