R18novel短編

廃園の庭-3

「ほら、君は淫乱だ。知らない男の手で絶頂をした淫乱だ」
「……あひっ…うあっ、あっ……」
 躰を蹂躙されたこともそうだが、耳からも犯されている。
 確かに知らない男の手で躰を弄られ、絶頂を迎えるなんて普通ではない。
 躰の自由を奪われているとは言っても、もう少し抵抗できたはずだ。しかし、自分はその抵抗をあっさり捨てて、快楽を取ってしまったのだ。
 安久津はそう思い込んでしまった。元々意志が弱いところがある安久津は、自信満々に価値観を植え付けてくる蜂屋に洗脳されかけ始めていた。
 安久津は自分の思考回路が、少しおかしくなっていることに気付けなかった。
「さあ、これを塗って少しほぐそうか」
 蜂屋がそう言い、安久津の足を広げ、躰を折り、尻を高く上げた。
「……いや、何……?」
「これを塗って、もっと気持ち良くするための準備をするんだよ」
 蜂屋はそう言って、ドロリとした液体を安久津のアナルに塗った。
「ひゃっ、あぁっ」
それと同時に蜂屋は安久津のアナルの中に指を一本忍ばせた。
「は、ぁ…そんな、ぁ…」
 滑りを借りた指は、あっさりと一本の指を受け入れた。痛いと思っていた安久津であるが、その感覚がないことを不思議に思った。
「うっ……? やっ、ぁっ」
 アナルの中なんて気持ちが言いわけがない。安久津はそう思っていた。けれど、内壁を何度も擦られているうちに、蜂屋が安久津のいいところを見つけた
「ひ、ひぃっ…あぁんっあぅうう! あっあっあっ! ひぁっ……あーっあーっ!」
 悲鳴に似た嬌声が上がったことで、蜂屋はそこを攻めてくる。
「みーつけた。ここ気持ちがいいでしょ。前立腺」
「ひっあっぁあっぁひぃっあっ……もっやぁっあっひぁあっ」
「もう一回、イッておこうか。ほら、アナルを弄られて、絶頂するんだ」
「ひぁあっ、ああああああんっ!」
コリッとそこを抉られるように撫でられ、安久津はあっさりと絶頂を迎えた。
 鉛のように重かった躰が多少、回復してきたのか、痙攣するほど絶頂において躰が大きく震えた。
「はっ……っ、ああぅ……」
 今までこんな大きな絶頂を迎えたことはない。
「知らない男の手マンでイクんだね。本当に淫乱だ、君は。すばらしいよ」
「ちがう……いやだ……こんなの……あっあっ」
 泣きそうになりながら、蜂屋の言ったことを否定しようすると、蜂屋の機嫌を損ねたのか、蜂屋が達したばかりの安久津のペニスを掴んで、また扱きだした。
「あ゛ぁあぁーっ……あひっ、あ゛っいっあ゛っんっだめっ、あぁあっ」 
 達したばかりの敏感なペニスを扱かれ、安久津の躰が何度も跳ねた。
「嘘は嫌いだって言ったよな?」
「あ゛っ、あああーっ……ごめん……なっさい……っ!」
「大きいちんぽが好きって言え」 
「あ゛ーっ…あーっ……おっき、ち〇ぽ、すきっいいっすきいぃっ……っ」
「じゃあ、これをくれてやろうっ」
 そう蜂屋は言うと、絶頂しそうになっている安久津のペニスから手を引き、安久津のアナルに凶悪なペニスを一気に突き刺したのだ。
「ひ、っぐ、ううっ……やだ、あっむりっ、壊れるっ……こわれる……っ」
 滑りを借りた蜂屋のペニスは、安久津の広げた孔にすっと入って、キチキチになりながらも根元までしっかりと入り込んだ。
「いや、いやっ……いや、やめて、入れないで……っいや、あぁっあああぁ!」
「ふ……全部入ったよ……思ったよりも君が柔軟で助かった」
「やだ、なんで……っ、こんな……あぁ、あー……っ」
 みっちりと入り込んだまま、蜂屋は馴染むまで、動こうとはせずに、安久津が蜂屋のペニスをひねり出そうとしている感覚を楽しんでいた。
「あ、は……あぅ、あうぅ……」
「君が、私の思う通りの人間で良かった。簡単に絶頂して、アナルにスッポリとペニスを銜え込むような、本当の淫乱。ほら、今も私のペニスを内壁でしっかり受け止め、抱え込んでいる」
「あー……っ、そんなのっ……してなっ……あっ……あう……」
 何度も蜂屋は安久津の淫乱と罵った。しかし、それを悪いこととは言わず、とてもいいことだと言うのだ。蜂屋にとって、安久津が淫乱であることが望ましいことだった。
「さて、もっと淫乱になって貰おうかな」
 蜂屋はそう言うと、腰をゆっくりと穿ち始めた。
「ひああぁっ……あひっ、ん゛っおっあああっ、ひあぁっ、ああああぁ……っ」
 想像以上の快楽が押し寄せてきた。ただの苦しいだけの行為かと思っていたが、アナルの中はすっかり蜂屋のペニスを喜んで受け入れていた。
「あ゛あぁーっ……だめっ……はいって、あ゛あぁっ……、こすれてるっ…、なか、いっぱいにっなってる、あ゛っあぁ……っんっあああぁっ……!」
 内壁を圧倒的な熱さで擦られ、それが背筋がゾッとするほどの快楽として伝わってくる。出たり入ったりする、その行為こそ、セックスと呼ぶものであるが、これはれっきとした強姦である。
 犯されているというのに、安久津の躰は、蜂屋の行為に喜んで嬌声を上げるように指示をしてくる。
「ああぁんっ……なかっ、犯されてるっ……! せっくすしてるっ……あぁっあ゛っあーっ…」
「そうだよ、犯されているのに感じるんだよね、君は淫乱だから」
「ひあ゛あっうあっあんっあんっあんっ……あんっあんっあんあんっ!」
 段々と蜂屋の動きが激しくなり、ペニスの出入りが急速上がる。反り返った凶悪なペニスが、内壁を抉り入り、掻き出すように出て行く感覚を、快楽として認識した安久津が抵抗できる術はなかった。
「あ゛っああっいいっはげしすぎっひっ……あんっあんっあんっ……あぁっあ゛っうあああっ」
「セックスが好きだよね?」
「あぁっあ゛っあんっセックスっすきっすきっ……! ああっい゛いっ…きもちいっ、んっあ゛っああっ」
 それは本心であった。
 安久津はこの行為を知った時は、そんなので気持ち良くなるなんて、あり得ないと思っていた。その考えはさっきまで変わらなかった。けれど、今はどうだ。この行為に自分は嬌声しか上げてないではないか。
「あ゛ああーっ……いくっ、いくぅっ! ふあぁっあ゛っあぁあんっ!」
 何度目かの絶頂なのか、もう覚えてはいなかったが、頭の中が真っ白になるほど、飛ぶというくらいに感じて絶頂をしたことはなかった。
 その絶頂が訪れ、安久津は精液をペニスから吐き出した後、尿を漏らした。
 その尿は、安久津の胸に大量に垂れ、躰を伝ってラグに染みこんでいく。「はあぁ……っ……、あぅ……!」
 大量に出た尿が治まると、蜂屋が笑った。
「良すぎて、放尿までしちゃうんだ。淫乱すぎるよ、君は本当に淫乱だ」
「ぁあっ……は……ぅ……っひ……ぁ……ぁっ」
 安久津には返す言葉はなかった。
 蜂屋の言う通り、自分は淫乱なのだ。
 気持ち良くて放尿するなんて、AVの世界だけだと思っていた。それなのに、どうだ。自分がその通りにしているではないか。それも初めて会った男に無理矢理の強姦でだ。淫乱じゃなかったら、もっと抵抗できていたはずだ。
 そう思えた。