R18novel短編

廃園の庭-4

「でも、まだ私は終わってないんだよね……っ」
「ぁあうっ……あー! あっあひぃっひっあっあっ…あ――ッ!!」
 絶頂を迎え、まだ痙攣している躰を蜂屋が強引に動かす。
 冷めやらぬ快楽がまた襲ってきて、安久津を翻弄する。
「あぁっああぁんっ! ああぁっ、あんっあんっ、ふぁっ、だめええぇっ」
「いいと言え、嘘は嫌いだって覚えろ……っ」
「ひぁあっそこっあひっ…おかしくなるっ……あつい゛っあっあっあんっあんっあんっあぁんっ!」
「どうして欲しいか、言え……っ」
「あぁあっ! 乳首っ、乳首っさわってぇっ、んぅっ、こりこりってして、舐めて吸ってぇあぁあんっ」
 安久津は思っていることを口にした。
 もはや制御することはできない。
「片方は舐めてやるから、片方は自分で弄ればいい。もうほとんど麻痺は取れてきてるはずだ」
 蜂屋はそう言って乳首を吸ってきた。
 言われた通りに安久津は自分の手でもう片方の乳首を指で摘まんだ。本当に麻痺は取れており、自分で乳首をこね回せた。
 それが異常に気持ち良かった。
 これから先、オナニーをする時でも乳首を弄って、それだけでイケそうなほどの快感が得られている。
「あああぁっ! あぁっ、ちくびぃっ、いいっあぁんっ、ふぁああっこりこりっいいっ舐めてっもっと舐めて……かんでっあぁああぉぉっ!」
 舐めながら噛んでやり、引っ張ってから離してやると、安久津は痙攣しながら達した。しかし空イキというやつで、精液はでていない。
「他には何がいい?」
「あぁっ、はいって、るっ……っおっきいおちんぽがぁ、おれのなか、あっあぁんっ……いいっいいぅ……きもちっいいっあぁあっ!」
 空イキしながらでも、まだ動いている蜂屋のペニスにすっかり魅了されたのか、ペニスが出入りしているのを眺めてうっとりし始めた。
 あの花の汁には、少々の麻薬のようなものが混ざっていて、麻痺させた上で言葉で攻め続けると、洗脳に近いことができてしまうのである。
 だから安久津が素直になっているのは、蜂屋に洗脳に近いことをされているからだ。
「ひぁんっ! あぁっ、くださいぃっ、せいえき、おれのっけつにぃっああぁっもいくっ、いくっ! んんっ、あんっあんっぁあんっあああああぁっ!!」
「くれてやるよ……んふっ!!」
 安久津は自分で両方の乳首を指で弄りながら、蜂屋に急速に高められ、一気に絶頂をした。
 それに合わせて蜂屋も安久津の中で精を吐き出す。
「っひぁっ!? んっ、や、ああぁんっ!」
 安久津はその精液を受け止めながら、ドライオーガズムを迎えた。
「ああぁーっ! あっあぁっ……ぁんっ」
 蜂屋のペニスが出て行くと、ドロリとしたものがアナルから溢れて出てくる。
 しかし蜂屋のペニスはまだ半起ちをしており、まだまだセックスができそうなほど、体力も余っているように見えた。
 安久津は、そんな蜂屋のペニスを見て、ゆっくりと躰を起こす。
「欲しいなら、どうすればいいか分かるよね?」
 蜂屋がそう言うと、安久津は何の迷いもなく、蜂屋のペニスを口に咥え、頭を上下して扱いた。
「んっんっふぅっんっ…ちゅっ、れろっ、んんっ……」
「そういい子だ。美味しいだろ?」
「んんっ、んっんっふっ…んぅっ、んんーっ」
 安久津が舐めて扱いてとしていると、蜂屋のペニスが復活する。反り起ったペニスを安久津は美味しそうに何度も舐めた。
 そして、それが欲しいと蜂屋の前に腰を出し、お尻を両手で広げてアナルを見せた。
「はぁっ…おれのここに、おちんぽ、奥まで挿れて、っめちゃくちゃにしてほしいっ、ん、おちんぽ、ハメハメされてイキたいっですっ!」
言われなくても欲しいものがあれば、言えばいい。そう蜂屋が安久津に教えたことで、安久津は欲しいものは欲しいと言うような洗脳をされていた。
 広げたアナルからは、さっき蜂屋が吐き出した精液が溢れてでてきている。
「……君は、見事な淫乱だっ」
 蜂屋はゴクリと喉を鳴らし、安久津の行動を褒めた。
 そして反り起ったペニスは更に大きさを増して、安久津のアナルの中へと入っていく。
「あ゛ああっいいっいい、おしりきもちいいっ…あんっあんっあんッ、いくっあああっ!」
 蜂屋が数回、腰を掴んでペニスを挿入しただけで、安久津は空イキをする。ガクガクと震える安久津の躰を蜂屋は支えながら、更に激しく突いた。
「いいっ気持ちいっ……ぁあ、はぁんっいいよぉっあんっあんっいいっいいっ……あんああっ!」
 安久津はひたすらいいと嬌声を上げ続けた。
「あ゛あああっいくっああッ、いっちゃうっあぁああんっ!」
 再度蜂屋が安久津の中で射精をして、安久津も射精をした後に、また放尿をして果てた。


 それから、あの廃園の温室は改修工事が行われ、しっかりとした建物に変わった。周りは皆、あそこが研究室として生まれ変わったことを知ったが、自分たちとは関係ことなので、すぐに記憶の彼方に消えた。
 肝試しの人間が入ることはできなくなったが、そこに通う安久津の姿あった。
 あれから安久津は、そこで描いた絵を展覧会に出し、最優秀賞を貰って画家としてデビューをした。
 そんな安久津には熱狂的な信者がいて、彼の絵を全て買い上げるパトロンが付いていた。そのお陰で、絵の価値が上がり、依頼も殺到するほどになった。
 安久津画家の得意としている絵は、白の花の木。
 安久津は、夢に見た木であるといい、実在はしていないというが、似た木があることは知っている者は知っていた。
 安久津はあの立て直した廃園の研究所に今でも通っている。
 もちろん、絵を描くためでもあるが――――――。

「ほら、どこが気持ちいい?」
「あぁんっ、蜂屋さんのっおちんぽで、お尻ま○こぐりぐりされてっああっきもちいっあんっあんっ……おちんぽっきもちっいいっ」
 蜂屋の凶悪なペニスが、安久津のアナルを深々と抉っている。その床には何度も吐き出した精液が飛び散っており、果てないセックスが続いている。
「あぁあんっ、きもちいいからぁっ……おちんぽっでっいくっい゛いっあっああっいく――――――っ!」
 安久津の精液がガラス窓に吐き出される。
 研究所は、立て直したのだが、位置関係はそのままで、安久津が最初に犯された部屋は今でも同じ白い木があり、窓ガラスの向こうは見ようと思えば覗き見ることができる公園の端の対岸である。
 そのガラス窓に安久津を押しつけ、蜂屋が挿入を繰り返し始めた。
「あぁっあんっだめっ……イったばっかりなのにっ……あぁっあっんっ」
「私はまだイってないんだよ淫乱くん」
「あぁあんっイって、イってっ好きっ…俺のなかで、イってっ……あっあんっあんっああぁ――――――んっ」
 二人の空間は、永久に残される。
 白い木の魔法に飲まれながら。