R18novel短編

専用ペット-3

「先生、イッてくれたね……んふ」
 奥島が達した時に吐き出した精液が、藤坂の手に付いたのだが、藤坂はその手に付いた精液を綺麗に舐めている。
「……ふっやだ……やだ……だれか……たすけて……いやぁあ」
 奥島は手を使い、這って逃げながら誰かに助けを求めたが、それに答える声はない。
「駄目だよ、先生」
 逃げる奥島の足を藤坂が掴んで、元の位置に引っ張って転がした。その時に俯せになった奥島の尻を高く上げ、藤坂はそこに見えた奥島のアナルに舌を這わせた。 
「あーっやっだっやめっあっあぁっんっ……やぁっあぁんっ……そこっやっだっ」
 藤坂の舌が、アナルの襞を広げ、滑った感覚と舌のざらつきに、奥島はラグを掴んで耐えるしかなかった。
「やああぁっ、そこっあっあっやだっ……だめっ、やっだめっあっあっ」
舌が段々と柔らかくなるアナルの中に侵入してくる。舌が入って抜け、股入って抜ける。藤坂の舌で奥島は犯されている。
「あぁんっあっあんっあんあんあんあんあんっ」
 広くなるアナルに藤坂の指が侵入した。
「あ゛あ゛ああっ! ゆびっい゛っ……あっやっだめっ、ああっんっあっ!」
 指がアナルを広げて押し入り、襞は舌が舐めていく。それが気持ちがいいと感じる感覚に、奥島は翻弄された。
「あひっふあぁっ、あんっ、あんっ、あんっ、あひぃっ!」
指は二本、三本と増えるのに、アナルが痛くない。それどころか痛みが快感に変わったかのように、気持ちがいいのだ。それが薬の効果であることを奥島は理解できずに、自分がおかしくなったのだと理解した。
「あっあっんっ……うあっあっああぁっ……いきたくなっいっいやだっいやあっ」
 指によって高められた快楽が最高潮に達する。もう我慢ができずに悲鳴を上げると、藤坂は更に強く指でアナルを突き、前立腺を擦り上げた。
「俺の指で、イッて先生」
「あ゛あんっいくっ……あっあっやっだっいくいく――――――っ!」
達した瞬間、精液を吐き出すと、ラグの上で奥島はぐったりとした。肩で息をしながら、ゼエゼエッと大きな音を出す。
 その横で藤坂がズボンを脱ぎ、ペニスを取り出した。
 ペニスはパンパンに膨れあがり、完全に勃起している。先走りが既に流れるほどであった。
「これを先生の中に……っ」
 逃げようとした奥島の尻を捕まえ、藤坂は奥島のアナルにそのペニスを宛がう。
「だめっ……そんなの、入れるなぁっ…あっあぁあ――――――っ!」
「入れるにっ決まってるだろっ! そのために呼んだんだからっ!」
 藤坂は一気に奥島のアナルにペニスを突っ込んだ。
「あぁああっあっあっ……やらぁ……ぬいて、はぁ、ぬい……てっおしりっいやあっんぁあっ」
 腰を抱えられ、四つん這いになっている奥島を後ろから藤坂が犯している。ペニスはしっかりと根元まで入っているが、奥島は薬のお陰で痛さを感じず、それさえも快楽に変えた。
「あんっ……やらぁっ……おしり、だめっんんっ、だめぇっ……やだぁあっんぅっ」
 何か恐ろしい快楽が襲ってくる感覚があり、奥島は逃げようとするのだが、逃げては捕まれて押し戻されることで、軽い挿入がされていることになってしまった。
「はあ、いいっ……先生の中、トロトロしてる……気持ちいいっ」
興奮した藤坂がそう言って、腰を穿ち始めた。最初は緩い動きだったが、段々と強く奥までペニスを押しつけてくる。
「ひああっ……あぅっ、うごくなっ……あっああっいやあっあぁんっ!」
「動くに決まってるじゃん……ああっはあっ」
「ああぁんっ! んゃあぁっ、あっやあっ、あんっ、あぁっ」
 奥島はアナルに藤坂のペニスが入っている感覚に、脳天を突き抜けるほどの快楽が襲ってきて、頭の中が真っ白になっていく。何を感じていいのか分からずに、ただ嬌声を上げた。
「あひっあ゛っもっいくっいっちゃうっあっあっあっ」
 高められていく快楽に、奥島はまた射精をしたくなり、叫んだ。
それを聞いた藤坂は、更に腰を速めて言った。
「イクのっ先生は、お尻に俺のおちんぽハメられて、いっちゃうんだ?」
「あっああぁっいくっ、出るっ、出ちゃうっやっあっあああ――――――っ!」
 奥島はアナルだけで達した。強く押しつけられた内部には、藤坂の精液が吐き出され、奥に叩きつけられた。
「はぁっあっあ゛っ!」
 その精液の感覚に、また躰が震え、奥島のペニスから精液がぴゅっと出た。
「二度イキしたんだ? 先生、もしかしてこっちの経験ありなの?」
「やっ、ないっないからっ……無理っ……あっ、あっ、ああんっ……なんで、おっきくなって……いやあぁっ!」
 アナルセックスの経験はないと打ち明けると、藤坂のペニスが、奥島の中で急に勃起をした。その圧迫感はさっきのよりも大きく、悲鳴を上げた奥島の口から涎がだらだらと垂れた。
「先生が淫乱だって分かって嬉しい……っ 初めてでおちんぽでイケるって才能あるよっまた俺のおちんぽの精液を搾り取って……っ」
「あぁっやぁっ、おちんぽっハメられてるのっ、おちんぽっずぼずぼされて、変になっちゃうっあっあっやめっだめっあんっおちんぽっやぁっん」
 逃げようとする奥島がガクリと倒れ、ラグの上で俯せで寝転がったが、それでも藤坂のピストンは止まらず打ち付けてきた。
「あっあっあっあんっあんっあぁあっやっあああっ」
 完全に床に寝転がってしまった上に、藤坂が覆い被さり、絞まったアナルに勢いよくペニスを挿入してくる。
「先生っ気持ちいい?」
「いいっ気持ちいいっ……、いっちゃっう……あっあっ、いっちゃうっ……生徒のっデカいおちんぽでっ、んっはぁっ、アナルごりごり犯されてっ……いっちゃうっあっあんっ…いっちゃ、せいえき、きちゃうっあっあんっ! あぁああっんぁあっ!」
 あまりの気持ちよさに奥島は考えることを止めた。無駄な抵抗が苦しいだけで、素直になってみたら、苦しさが消えてくれた。
「そうだよっ生徒のおちんぽで、気持ち良くてイクんだよっ……いやらしい先生っ生徒のおちんぽで、イクところ見せてっ」
「あああぁっ……らめぇっ、みちゃだめっ見ないでっあんっいくっ、いくっ生徒のおちんぽっでっいくっいくっ気持ちいいっいいっあっあひっあ゛あぁあ――――――っ!」
全てを解放して奥島は達した。
 アナルで精液を受けながら、射精をするのが気持ち良すぎて、奥島は放尿してしまったが、それを藤坂がよく見えるように、躰を起こした。
 奥島は藤坂に両足を抱えられて、目の前にあるガラス窓に向かって放尿を続けた。
 それは長く出て、床に尿が染みて溜まっていく。
「うあっああっんっふっふっんふっ」
 それと同時に、アナルから藤坂が出した精液が溢れて垂れてくる。
「先生、エロ過ぎる……放尿しながら、アナルから精液とかっ」
 夜だからガラス窓に照明が照り、鏡のようになっていてよく見えるのだ。
「あぁっひっぃいっ……もっやらぁっ…あっはぁっあっあっ!」
 尿が止まったところで、藤坂は奥島をガラス窓に押しつけて、腰を掴んだ。
 奥島はガラス窓に上半身をもたれさせる形で、後ろからまた藤坂に犯された。
「あっひあっだめらって、藤坂ぁっ……だめっああぁあっ、ふあっぁっ! あんっ! あんっみられるっ見られるっいやぁあっ!」
「そう言いながら、おちんぽ勃起してるね先生っ、誰かが見てるねっ生徒に犯されて、おちんぽ勃起させて、アヘアヘ喘いでいる変態で淫乱な教師の姿っ、誰か見てるねっ」
 藤坂はそう言い、よく見えるように奥島の躰を起こし、腕を掴んで上半身を上げ、ガラスには奥島の乳首を押しつけた。
「あぁあっ、らめっ、ちくびっんっああぁっ! はっあっあっ、ちくびっだめっ……あっあぁんっおちんぽっやらっらめっなのにっ……あっいいっ気持ちっいいっ……ちくびっおちんぽっ……みられるっみられってっいいっ!」
 誰かにこれを見られていると思うと、酷く怖かったが、それすらも脳内が快楽に変えてくれた。見られていると感じて、ゾクゾクした感覚が襲ってくる。
「生徒のおちんぽで、気持ち良くなって、ガラスで乳首を捏ねられて、射精しちゃって先生っ!」
「んっあっい゛いっ、よすぎてっ……だめになっちゃうっ……あっひっおっああっ!」
「駄目になって、イッてイッてっ」
 ゴリゴリと前立腺を擦り上げられて、奥島は全身で感じて射精をした。ないと思っていた精液が、断続的に吐き出され、それがガラスを濡らしていく。
「ふあっ……あっああっあぁあっ!! ……だめっ……あんっんんっ!」
藤坂は強く打ち付けて、また奥島の内壁に精液を射精した。
 奥島はそのまま、ガラスの側で倒れた。
 そこは自分が放尿した尿や、吐き出された精液が混ざった水たまりであったが、そんなのは気にならなかった。
「ああああ〜っ……あひっ、いっ……あっ、んっ……はぁっはぁっ……」
 絶頂に痙攣している奥島に、藤坂は残っている精液を上から奥島の躰に掛けた。
 それはマーキングというようなもので、藤坂は興奮したまま奥島に放尿して、奥島の全身を濡らした。
「これで、先生は俺のモノ……っ これからもずっと犯してあげるからね、先生」
 愛なんて言葉はいらないとばかりに、愛を知らない青年は、そう言った。
 奥島はそれを聞きながら、絶頂の快楽の中、気を失った。


 次の授業の日。
 藤坂の家には、奥島がいた。
 リビングに通された奥島は、自ら裸になり、藤坂のペニスを口に咥えて口淫して勃起させた。
「おちんぽっは……ぁ、あつくて、硬いおちんぽっをっ……ここに、ケツま○こにっくださいっんぁっ……あぁんっ!」
 あの行為は忘れることができず、あの日の翌日に逃げ出したのに、自ら来てしまった。もう後戻りはできない。けれど、教え子のペニスがとてもよかったのが忘れられない。
 自分でセックスドラッグを買ってきて、飲んでから来た。
 もちろん、藤坂はそれを分かっている。
「よくできましたっ 入れたよ……でどうするの?」
「あっ、あぁっあっあっあんっ、いいっごりごりしてっ……んああっはぁっ、いいっぁあんっ」
「そんなに、これが好き? 先生……っ」
「ああぁっ! すきっすきぃっあっあぁっ、んひぃっ、いいっ、気持ちいいっすきっあっあんっあんっ!」
「おちんぽ好き?」
「すきっ、すきっ、生徒のおちんぽでっ、気持ち良くてっいっちゃう、はぁっ、いいっいっちゃうっ! おちんぽすきっああんっ!」

 奥島は藤坂が好きなのではなかった。
 生徒の、教え子のペニスがいいだけだった。
 藤坂はそんな奥島でも受け入れ、可愛がって抱いた。