R18novel短編

全ては気分次第-2

「ああっ、なんでっ、なんでっ、あっ、いきたいっひぁんっ」
 和志は男に甘えるように、射精をしたいと訴えた。
 後ろを振り返ると、男が和志の唇にキスをしてきた。キスをした瞬間に舌が入り込んできて、和志の舌に男の舌が絡まってくる。
「んっ!? ふぁっ、んっんっ、んっぅんっ」
 キスで感じるなんてあるわけないと和志は思っていたが、唇を合わせているだけで、気持ちが良かったし、舌を絡められてしまうと、ゾクゾクとした感覚が背中を走った。
「んっちゅっ……はぁ、ふぅっ……」
 和志は夢中で男とキスをした。
 その間もペニスは握られたままで射精はできなかったし、アナルの中の指は更に増えて三本で広げられている。
「ぅんっ! んっ、んっ、んぅっ、んんーっ!」
和志は射精をできないままで絶頂感を味わった。
 頭の中が真っ白になりかけた時に、アナルに指とは違う、圧倒的に大きな異物感を覚えた。
「ふぁいっ、ん、ぅんっ、んんーーっ! んはっぁっやっ……んぁなか……はいってくるっやあぁっはいって……むりぃ……んぁあっ」
 和志はそう言いながらも、抵抗できずに自然とペニスを内部に受け入れるために息を吐いては、異物感に躰を震わせた。
「ぁんっ、ふぁ、おちんぽぉっはいって……っるっんぁあ……おちんぽっやぁ……ぬいてぇっ」
 深々と奥まで男のペニスが内壁を押し開いて入り、その感触が初めてであるのに、ゾクゾクと背中を震わせる和志に、男は和志の肩や首筋にキスを落としていく。
「やぁっ……はいって、るっ……おっきいおちんぽがぁ、おれのなかっぁっああんっ」
 和志は自分の手でそこを触った。アナルの位置に男の大きなペニスがしっかりと入り込んでいるのが分かる。
 和志はそれを抜こうとして腰を上げたが、すぐに男が腰を掴んで、引き戻すように和志を膝の上に戻した。そのせいでペニスが抜けかけて、押し入ったことになってしまう。
「ひぃっああああぁー! やっあぁっ、あんっ、ふぁっ、ん……はあんっ!」
 何回もその行動を繰り返していると、挿入をし、抜け、挿入をしてと完全にピストン運動になってしまっていた。
「ああああぁんっ! ああぁっ、あんっあんっ、はいってっぬけなっいっおちんぽっやらぁ……あっあんっあんっあんあぁこし……やらっだめっなのっああぁん」
 和志は必死になって、温泉の岩の縁に捕まり、なんとか立つことに成功した。男のペニスを抜け、和志は逃げようとして、足を上げた。
 だがそれを男が逃すはずもなく、和志はそのまま岩場に躰を押しつけられ、上げた足を男に抱えられて、背後から男に犯されることになってしまった。
「やらぁあっ、もっやっら、らめぇっあん、あんっぁあっあぁんっ」
男のペニスが再度入ってきて、奥まで一気に突き上げられた。男は今度は待つことはせず、すぐに腰を穿ち始めた。
「あ゛ぁあぁんっ! あぁっ、あっあんっあんっやらっやらぁっ! はぁっあんっあぁあぁんっ……やらぁらめっなのっ……んぁああっ」
 その時、初めて男が喋った。
「和志くんだっけ? 初めてなのにこんなに淫乱でどうするんだ?」
「あぁっ! ちがっうっあっあっあひぃっ……いんらんっあんっちがっうはぁっあぁんっ」
 男の声は低く、ぞくっとするほどの色気を持っていた。
 見るからに充実した地位を持っている男の気配がするのに、どうして旅先の温泉で人を犯しているのか不思議だ。
「知らない男のペニスで、あんあん言ってる子が、淫乱じゃないなんて、あり得ないぞ。私は淫乱が大好きだから、君はそのままでいいんだけどね」
「あ゛あっああぁっあひっあひぃっ! あっあんっあんっおちんぽっやらぁあっあぁあんっ!!」
「おちんぽ好きだろ? こうやってここを擦るとっ」
「ひあああぁんっ! やぁっもっやらっおちんぽっやらっあっあんっはぁあっ」
 ゾクゾクッとした感覚が一気に脳天まで突き抜けて、和志は射精をしていた。
 しかし、男は腰を穿つのをやめようとはしない。
 和志は射精をして気持ち良くなっているところを更に突かれて、嬌声を上げた。
「あぁあっあんっいぃっ……もっおちんぽっいいっはぁああっんあっ……おちんぽっごりごりするっのっいいっきもちいぃっ」
脳天に突き抜けた快楽の感覚を、和志は素直に声に出していた。
「そうだろう? 私のおちんぽは最高だろう? 君とは相性がとてもいいらしい。さあ、腰を振って、そういやらしくて、かわいいな」
「ああぁっ……あんっああっ、また、いっちゃっ……」
 いやらしくて可愛いという言葉に、和志は反応してまた射精をした。言葉で達するなんて、和志も驚きであるが、男は満足したように言った。
「どこが気持ちいい? 言ってごらん」
「んっあぁっあっ、全部っいいっ、おちんぽでゴリゴリされるの気持ちいっ……ちくびっあっあひっあ゛んっいいっ」
「じゃあ、乳首を弄られながら、ペニスを入れられてイッてごらん、和志」
「ひっあっいいっ、ちくびっあんっいいっ、あぁっおちんぽっごりごりされてっあんっきもちいいっ」
「……ふっ、淫乱和志、イケっ」
「あ゛あああっ! いくっいくいっちゃうっ……あっあんっあひっあああーっ」
 和志は、男が言ったように、乳首を弄られ引っ張られて、アナルの奥で男の精液を受け止めながら、また絶頂を迎えた。
 吐き出された精液が、岩に付いてそれが温泉の波に消える。
「はぁっ、はぁっあぁん……」
「可愛かったよ、和志……。またね」
 男はそう言うと、和志の尻を撫でながら、また和志にキスをしてから去っていった。
 和志はぐったりしたままで暫く岩の上で寝転がっていたが、寒くなって慌てて温泉に入る。
「……あっ……」
 するとアナルから男の精液が溢れて出てきてしまい、和志は慌てて温泉を出ると、側にある温泉の水道を使ってアナルを自分で洗った。
「あああぁっ! あああぁっ、あんっあんっ、い゛いっあぁっ」
アナルには指が簡単に二本入り、和志は精液を掻き出していたのに、最後にはアナニーになっていた。
 自分で乳首を摘まみ、アナルに指を入れてグチャグチャと自らの指で犯す。何も感じないと思っていたのに、想像以上に気持ちが良かった。
「あ゛あっ! いくっいくっ……あっあんっあひっんっ!!」
 そのまま和志は絶頂を迎え、初めてアナニーで射精をした。
四度も絶頂したせいか、酷く付かれていたが、和志はのろのろと服を着て、宿の方へ戻った。
 部屋に入ると、八向がぐったりした様子で寝ている。
 和志が戻ってきたのに気付いたように、顔を上げたが、酷く疲れているようだった。
「……のぼせた……」
「おれも……はあ、飯まで寝るか」
 時計を見ると四時半である。食事まで二時間はある。
 和志は、部屋の押し入れから布団を取り出し、八向の隣に敷いて、そのまま寝た。
 疲れた躰は一気に眠気をもたらしたが、和志はアレはなんだったんだと一瞬だけ考えたが、気持ち良かったし、もう二度とあることではないから、忘れようと心に決めて、八向にも言わなかった。
しかし男は言っていた。
「和志、またね」
 と。
 それがどういう意味を持つのか分かるのは、それからたった三時間後のことだった。