R18novel短編

全ては気分次第-4

「あひっ、だから……もうっあっぁっ、ふぁっ、あぁんっ!」
 和志が樋口を拒否しようとすると、和志は樋口にペンスを扱かれ、乳首を舌で舐められてしまう。
「ひあぁっあひっ、ちくびっあ゛っ、らめぇっ……もっやめっ、あぁっあっ」
 樋口のザラリとした舌が、和志の乳首を舐め上げ、乳首はどんどん硬くなっていく。
 ゾクリとした快感が背中を駆け抜け、脳天を直撃する。
「あぁんっ! あひっ、ぁあっ、あっあっあっだめっちくびっぐりぐりっしなっいでっんぁあっ」
「ほーら、おちんぽが勃起した。先走りも出てきて、既にイキそうだな」
「あっああっ……やっあっあっあんっんっああぁっ」
「和志は快楽に弱いんだな。どこもかしこも敏感。どうやって今まで無事だったんだか……」
 そういいながら樋口が、和志のペニスを扱き上げ、更には乳首も捏ねている。
 自分で捏ねるよりも、他人が触っている捏ねている方が気持ちがいいと感じて、和志は口走っていた。
「あんっあっ、ちくびっ、きもちいぃ……、あっ、あっん……あっん」
「和志も私のおちんぽを触ってごらん……ほら、手で扱いてみて?」
 樋口はそう言うと、和志に自分のペニスを握らせた。和志は言われるがままに樋口のペニスを握り、余りの大きさに顔を赤らめた。
「あぁっすごい……っ、おおきくて、びくびくしてるっ……」
「手を動かして、こうやって、そう……気持ちいいよ」
 樋口に言われた通りにペニスを手で扱くと、樋口がはあっと気持ちよさそうに喘いだ。
「はああぁ……おちんぽ、おっきぃ、あっんっあっはぁっ、あぁ……」
 和志のペニスを樋口が扱き、樋口のペニスを和志が扱く。お互いがマスを掻き合った。
「ひあぁっあひっ、あ゛っ、らめぇっ……、あぁっあっああっ!」
「……んっ」
 和志が達したと同時に樋口も達して、お互いの精液が和志の腹の上で混ざり合う。
「ぁんっ、あぁ、はぁっ、あふっ……」
「和志はいい子だな……もっと気持ち良くなろう」
 樋口がそう言うと、和志は躰を震わせて喜んでいる。
「はぁあんっ、樋口のおちんぽでぇ……、ハメハメするの……? ああっ……ひぐち、おちんぽっするの……?」
 和志は絶頂を一回してしまうと、どうやら淫乱スイッチが入ってしまうようで、平気で淫語を口にするようになる。
 それが樋口を煽っているとは思わないから、更に淫語が口から出る。
「はぁ、硬くて、おっきくて、ビクビクしてるおちんぽっ……おれのケツま○こにハメハメするの? ……はぁっ……ああ、また大きくなってる……はっああっひぐち、すごいっああっ」
 煽られた樋口のペニスが、さらに大きく膨らみ、完全に勃起をした。それが全て和志の手の中で起こったことで、和志はそれに興奮して、自らも半勃起している。
「あぁあんっ、もっだめっ……いれて、樋口のおちんぽっいれて、せーえき、奥にほしい……っ!」
「なんて子なんだ……和志」
 まさかここまで和志が化けるとは思わなかった樋口である。主導権を握っているのに、この煽られようは凄かった。
「足を開いて、アナルを見せなさい。おちんぽしてあげるよ」
 そう言うと、和志はすぐさま、足を広げて胸の前で抱え、アナルがしっかりと見えるようにした。
樋口がすぐさまペニスをアナルに宛がい、一気に和志の中に入った。
「あぁっ! おれっおま○こにされちゃったっ……ぁあんっいいっ……ぁあっあっあっああっ」
「私専用の、おま○こになりなさいっ」
 ごりごりと樋口がペニスで、和志のアナルを穿ち始めた。
「あ゛ああっなるっ……ひぐちのおま○こになるのっ……っい゛いっひっ、あっあっおちんぽっあっあぅっあっ……いいっんぁあっ!」
 ペニスが内壁を擦り上げていく感覚に、和志は躰を反らして快楽を受けた。脳天を突き抜ける快楽が何度も押し寄せ、和志の思考回路を破壊していく。
「つ……っ、ギチギチに締め付けてきて……どれだけおちんぽを待ってたんだ……っ」
 樋口も和志がここまでの名器を持っているとは想像だにしていなかった。自分との相性も抜群によく、大きすぎると言われたペニスをあっさりと受け入れるくせにキツくて中がトロトロとした、今まで感じたことがない感覚に、樋口もまた思考回路がおかしくなっていた。
「ああっ……あっいっいぃっ……っケツま○こっごりごりして……っあああっ」
「こんな躰になったら、もう一人ではいられないなっ」
「あ゛ああっ! いいっいぃっ……あっあんっあひっあああーっ」
 パンパンと強く突くたびに、和志が嬌声を上げてくる。それは抑制されていた声を隠すことなく、全て口に出した結果だ。
「ああぁっすごいぃっ……ぁんっもっらめぇ、あっあんあんあんあっあん――――――っ!!」
 和志が我慢仕切れずに、一回目達する。
 吐き出された精液が和志の顔にかかっている。それがまたエロく見えて、樋口を煽ってくる。
 樋口はさらに強くペニスで突いて、和志の中に精液を吐きだし、達した。
「はぁああぁんっ!! なかにぃ、お○んこに、いっぱい出てるよぉっあぁっおれも、れちゃうぅっ!」
 和志は精液が吐き出されるのを感じて、二度目の絶頂を迎える。ピュッとペニスから出た精液が口にかかったが、和志はそれをペロリと舌で舐めとった。
 それを見た樋口は、すぐに和志に深いキスをした。
 口には和志が舐め取った精液が入っているが、それを舌で絡めて二人で舐め取っていく。
「あっ……あんっ……あぁんっ……」
「はぁはっ……和志」
 そうして舌を絡めてキスしながら、やっと樋口が和志の中からペニスを出した。
 樋口はぐったりしている和志を抱えるようにして、個室温泉に連れて行く。
 和志の浴衣を脱がし、樋口は和志を膝に乗せて足を広げると、和志のアナルを広げ、中にお湯が入るようにしてシャワーをかける。
「ひああっ、あっあんっ、だめっだめ……っ、あっあぁ……っ」
「お昼のも少し残っていただろ? 掻きだしておかないとな」
シャワーを当てたままで指を突っ込み、掻き出すようにして手を動かすと、和志が喘ぎ始める。
「ああっ、んっ、あっ、あっ、ふあっ、あんっ……はぁっ、んっああぁっ」
 和志の腰が少し動き出し、指の動きに合せている。
「あんっあんっああぁっ……だめっ、ゆびっやらしすぎっ……あっひっぅんっ!」
 シャワーが和志のペニスを刺激するように当てられて、和志はアナルを樋口に弄られながら達した。
「あっああっ……んっ、ふっ、あっ、んっんっ……はぁっ、んぅっ……」
 和志はそのまま床に下ろしてもらった。
 しかし物足りなくて、横で躰を流している樋口のペニスに顔を近付け、開いている足の間に入って座り、樋口の凶悪なペニスを口に咥えた。
「ん……っ、ん……ちゅ、う……ぁ、あ……」
 舌で舐め、喉の奥まで飲み込みながら、頭を上下させて口で扱いた。
「んんっ、んーーっ、んむううぅ」
 ペニスを舐めていると、樋口が和志の乳首を指で捻り上げてきた。
「ひあああっ! あ゛っあ゛っうっひぃっあっあんっあああっ……!」
「乳首だけでもイケそうなほどだな。イケっ!」
 そう言いながら、樋口は和志を抱き寄せて、乳首に歯で噛みついた。
「ああああ――――――っ!!」
 乳首を噛まれただけで、高まっていた和志はすぐに達した。
「あひっ、いっ……あっ、んっ……はぁっはぁっ……」
 その後は、風呂の中に入り、向き合って和志は樋口にまた犯される。膝の上に座る形で、樋口のペニスを受け入れ、ゆっくり揺らしながら、乳首をずっと吸われた。
 その時間は二十分を優に超え、和志の快楽も限界に達していた。
「ひ、っぐ、あうっ……やだ、もうむりっ壊れる……ちくびっこわれる……っ」
乳首だけでも達することができる和志の躰を面白がった樋口は、挿入を遅くして、乳首をしつこく舐めて吸って転がした。
「ああっ……、いっ……く、いく、からっ……やだぁ、いっちゃううぅ」
そのままの状態で、和志は二回達しているのだが、またイカされた。
「ひぐち……おねがい、もうだめ、だめぇえ……ちくびっやぁっああぁ……っ」
 そう言ったので、樋口がやっと乳首から口を離して、挿入に専念をした。
「もうだめ、おちんぽっいって……おちんぽっなかでっいってええぇ……あぁあああ――――――っ!」
「は……っく……はあっ」
 強く締め付けられて樋口はやっと達した。絶倫気味の二人であるが、散々した結果、満足してセックスは終わった。
 樋口はぐったりしている和志を解放して、躰を綺麗に洗ったり、服を着せたりし、最後は布団まで用意して寝かせてくれた。
 やっと我に返った和志は、恥ずかしさのあまりに部屋に戻ろうとすると、それを樋口に止められる。
「なに?」
「あっちもやってるから、寝るところはここしかないぞ?」
 樋口にそう言われ、抱き寄せられてしまい、一緒に添い寝された。
 和志は、もうこれは旅先の出来事で、事故なのだと思うことにした。考えるだけ無駄な気がした。
 強姦だし、レイプであるが、合意した部分が多く、はっきりと訴えることができないからだ。
「明日は、早いから寝なさい」
 うんうん唸っている和志に、樋口が言い、和志の目に手を当てて目を閉じさせた。
 和志はふうっと息を吐いて、そのまま眠った。


 次の日、和志は朝早くに目を覚まし、樋口が寝ているのを確認してから部屋を抜け出した。
 自分の部屋に戻ってみると、八向も八向と一緒にいた男も何処にもいない。
 ほっとしたやら、何だかなと思いながら部屋で片付けをしていると、八向が戻ってきた。
 部屋に入ってきた瞬間、双方が顔を真っ赤にしてそっぽを向いたのだが、和志が先に聞いた。
「……八向、金髪のあの人と一緒だった?」
「あ、うん。……真柄(まがら)は、あの黒髪の方の人と一緒に?」
「あ、うん、まあ……そのなんて言うか……事故っていうか……」
 和志がそう言うと、八向も息を吐いて言った。
「そう、旅行先で羽目を外しちゃっただけだよね……俺たち」
「だな……帰ったらなかったことになるんだよ、きっと」
 そう二人は同じ思いでいた。
 これは旅行先で羽目を外した自分たちが食われただけの話なのだ。だから、忘れてしまえば終わる。旅行が終われば、想い出になって消えていくものなのだ。
 二人はそう納得して、朝食を食べ終わると宿が用意したマイクロバスに乗って、駅まで戻り、帰りの新幹線に乗った。

 早朝の新幹線で、その人達に会うとは思わずに。

「も、だめ……いっちゃう……っおちんぽでっ、いっちゃ……あはあぁっ!」
新幹線のトイレに入った時に、樋口が何処からか現れて、和志と一緒にトイレに入ってしまう。
 小便をするのを勝手に手伝われた挙げ句に、ズボンを下ろされて、挿入された。さすがに生ではなかったが、コンドームをしていたから気を遣ったのであろうが、それでも新幹線のトイレの中で犯されるとは、和志も予想はしてなかった。
「ああっ……、いっ……く、いく、からっ……やだぁ、いっちゃううぅ」
「いきなさい、ほら、便器に吐き出せばいい」
 便器に押しつけられるように立ったままでペニスを挿入され、和志はそのままの状態で、射精をする羽目になった。
「ああっ、やだ、や、あ、あ、いく、いくっ、いっちゃ……あぁっ、やだあああぁぁ――……っ!」
 ビシャッと精液を吐き出して、和志が達すると、アナルの中で樋口もコンドームの中に精を吐き出した。
「も……何なんだよ……樋口……」
「今日はまだ暇なんだろう? ホテルに行くからついてきなさい」
「はあ?」
「私は、和志とは相性がよいらしい。まだまだしたりないから、これからも付き合ってくれ」
 樋口がいきなりそう言い出した。
 これからも、と樋口は言った。
「温泉でセックスした人、皆に同じこと言ってそう……」
 和志がそう言うと、樋口はそれを否定しなかったが、代わりにこう言った。
「和志が付き合ってくれたら、もうしなくて済むことだ」
 自信満々に言われ、和志は苦笑する。
 堂々と言われたら、もう返す言葉は一つだけだ。
「本当にどうしようもない大人だな……それで八向も同じように口説かれてるってこと?」
「あっちはあっちで相性が良かったらしい」
「ふーん、そっか」
 自分だけハッピーエンドにならなくて良かったと、和志は思った。
 和志の荷物を樋口が取ってきて、隣の車両の樋口の隣に移った。八向はそのまま、あの男と一緒に乗っているらしいが、その後のことは、和志にも、大学で成果を聞くまでは分からないままであった。
和志は、その日を境に樋口と付き合い、その付き合いはずっと続くことになったのだった。