R18novel短編

全ては君のため-4

 それでも驍ヘ乳首を舐めるのを止めず、指で捏ね回しながら言った。
「本当に乳首でイッたね……かわいい……乳首でイクなんて」
「あーっあっあっ……んっやぁっちくびばっか……あぁんっ……」
「ああ、そうだね。今度はイッたばかりのおちんぽだよね……」
「ちがぁっ……やああぁっ! やぁっらめ、おちんぽっ、あぁんっ、ふぁああっ」
 驍ェそう言いながら、乳首から腹を伝って舌を這わせ、桜のペニスまで辿り付く。すぐにペニスを口に含んでしまう。
「ひぃ……っ!だめ、こんな……っ、おかしくなるぅうっあぁあっ!」
舌で舐め、口で扱くと、桜の躰が浮いてしまう。
驍そんな暴れる桜の足をしっかりと手で抱え、身動きが取りにくいように押さえつけると、口でペニスを扱いた。
「あああぁっ……だめ、だめ、ひっ、あっああぁーっ……」
桜の腰がすぐに飛び上がるほど跳ね、驍フ口に中に精液を吐き出した。
「ああぁっ……ふーっ……あっ、あっ……」
「安心しているところ、悪いけど。桜、またイッて貰うよ」
 そう驍ェ言うと、驍ヘ桜のアナルにしっかりと入っているアナルビーズの先端を掴み、それを一気に引き抜いた。
「っあああああぁぁ――――!」
 桜はその衝撃で、ベッドが大きく揺れるほど躰を跳ね上げて達した。
 今度は精液がでないドライオーガズムで、絶頂も長かった。嬌声を上げたままで、桜は痙攣をして、ビクンビクンと暫くその快楽を強制的に味わいさせられた。
「凄い、イキ方をしたね。可愛かったよ……桜……本当に、ああ、アナルが私を待ちわびて、ヒクついている。ああ、素晴らしい。ちゃんとローションも入れて、アナルの拡張もして、中も綺麗にしている……なんて淫乱でできた子なんだ……はあっ」
 桜がそれらを自分で調べ、恥ずかしい思いをしながら道具を買い、準備をしている姿を想像した驍ヘ、やはり怒るでもなく逆に興奮して身震いをしている。
あの桜が、こんなエッチなことをしていたなんて、想像をしたことはなかったから、あんな笑顔の裏にこんな淫乱な部分を隠していたことが、また興奮できる出来事だった。
「はぁん…っれ、てぇ! 挿れてっ! なかに……っなかにおちんぽっほしいっ、ぃい……ひぃいいいいんっ!!」
「ほら、入れたよ……はあ。凄いな、中がうねっている。私を、待ちわびたんだね……このおちんぽが欲しくて、自分でアナルをいじって……ああっすごいっ」
「あーっあっぁっあんっ! きもちぃ、いいっぁあっはぁん! おちんぽぉっ……あっ、あっ、んあ……ああっ!」
「出て行こうとすると、絡みついて、入ろうとすると押し出そうとしたり……ん、すごく気持ちがいいよ……桜、凄い淫乱でいい、もっとどこがいいかいいなさい……」
「ああっ……うごいてぇ……っ! ケツま○こっごりごりして……っんああぁっ!」
「どこでそんな淫乱な言葉を覚えてきたんだ……桜……もっといいなさいっんっ」
 桜の希望通りにパンパンと音が鳴るほど、驍ェ動き始める。それに合わせて、桜も腰を使い始めている。さすがに淫乱である。して欲しいことは何でも貪欲に知識を貯めてきただけのことはある。
「あぁんっ、おれ、おちんぽで、ケツま○こぐりぐりされてっあっきもちいっあんっあんっいいっ」
 何処かの漫画か、小説でも読んだのだろう。想像では補えない部分はそうした創作物で覚えたらしく、そういう淫乱な登場人物が言いそうなことを桜は口にしている。
だが、それが驍ノは良かった。
 言わせようとしても、なかなか恥ずかしがって言ってくれるものではない台詞を、必要だと思い込んではっきりと言っている。
 なんて馬鹿で、淫乱なのか。
でもそれは本心だから、余計に驍ヘ興奮をした。
「あぁあぁっ! ああぁっ、あんっあんっ、い゛いっあぁっ」
桜は四つん這いで、何度も驍振り返っては、気持ちがいいと口にした。
「いいっ! 気持ちいっい……ぁあっはぁんっきもち……っいいよぉっあんっあんっあんっ」
初めてにしては淫乱過ぎるが、一人オナニーと比べたら天国ほどの快楽を貰えるセックスは、まさに気持ちがいいとしか言えないほどだった。
「あぁっいって、いってっ好きっ……、僕のなかで、いってっ……あんっあんっああぁん――――――っ!!」
「……んふっ」
 驍ヘ言われた通りに、桜の中で射精をした。
「あひぃっあっあっ出てるっ……びゅーってっでてるっああっん、ふぁあっあついっああっいいっきもちいいっ……あんっ」
「中が精液で溢れるのが気持ちいいなんて、本当に淫乱だ」
そう言いながら驍ヘ更に腰を動かした。射精をしたはずの驍フペニスは萎えることなく、まだギンギンに硬く、何度でもイケる状態だった。
「あぁっあんっらめっ……いったばっかりなのっ……あぁっあっんっああっ!」
 驍ヘ先に吐き出した精液を掻き出すような勢いで腰を動かした。そのペニスは一度射精して余裕ができたかのように、一層大きく膨らんでいる。
「あぁっひっあぁんっんっあっいいっ、あぁん!」
「はっはっ……桜……いいか? どうだ? セックスは?」
「あああんっ、きもちいいからぁっ…い゛いっあっああっあっあっああぁあっ!」
驍ヘしっかりと桜の腰を掴んで、桜のいいところを強く突いてやった。
「はぁあっあっ、なかに、せーし中出しっして……っあっあああんっ!」
 もうすっかり、驍フ虜になった桜は、もっと欲しいと驍ノ強請った。
「分かったよっ……ほらっ! イケっ!」
「あ゛あああっいくっああっ、いっちゃうっあぁああんっ!」
 強く突かれて、奥で精液を受けた桜は、また絶頂をした。躰が痙攣して、ぐったりとベッドに倒れたのだが、そこにペニスを桜のアナルから抜いた驍ェ、さっきまで入っていたペニスを桜の前に差し出した。
 精液まみれになっている驍フペニスを見た桜は、すぐにそれを口に咥えた。
「んんっ……、んっ、ふ、ぅん……」
「桜……愛してるよ」
「んっ、ふぅ、ん、んっ……んっんっ」
「そう……上手いよ……とても。ああ出るっ」 
 そう言って驍ヘ桜の口の中に射精した。
「んんーっ…! んっふぁっ、んっんんっ」
 やはり桜はそれを喉で受け止め、しっかりと飲み込んでいる。精液は飲むのが愛だと信じているようで、それも驍ノ興奮を与えた。
「いい子だ、桜。全部飲んでくれて、嬉しいよ……」
「んっ……あっ……まだ……」
「嬉しくて、また勃起してしまったよ……」
 そう言うと驍ヘ桜を仰向けにして、またペニスを桜のアナルに挿入した。
「あ゛ああぁっ……だめぇっ、セックスっよすぎて……こわいっ、ひあっあ゛っあーっ、ああぁんっ!」
「怖くはない、感じるまま感じなさい。どうせ私しか聞いていないのだから、もっと淫乱なところを見せてなさい……っん」
「ぁんっあんあん! ひぁあぁあっ……すご、凄いぃいいっ! おちんぽ…ぁんっいい! いいよぉっ……もっとぉっあんっ!」
 驍ヘ挿入をしながら、桜の乳首に吸い付いた。
「ひぁあんっ!! ふぁっ、おちんぽいいっ、ちくびいいっ、すごいっいいっ気持ちいいっ……あ゛っあんっきもちい、あんっ舐めながらゴリゴリ気持ちいいっあんっあっ」
 最後の絶頂はすぐにやってきた。
「あ゛あっあんっいくっいくっ……! あっあっひあああ――――――っ!」
「んっ……」
 桜が達したと同時に、驍熬Bした。
 ひゅーひゅーっと肩で息をしている桜に、驍ヘキスをして言った。 
「桜、愛しているよ。淫乱で、可愛くて、エッチなことが好きな、桜を愛しているよ」

 そう驍ェ言うと、桜は満足そうに微笑み返して言った。
「……僕も、驍ウんを愛してる……ん」
 桜はやっとの思いでそう言うと、すっと気を失うように寝てしまった。


 次のから、驍ヘ毎晩、桜の元を訪れ、桜の躰を隅から隅まで調教をし直した。淫乱のままでいいが、ちょっとした修正もしたかったのだ。
 すっかり骰Dみの躰になった桜は、今日もまた嬌声を上げていた。
 誰も来ない山奥、別荘の森の中――。
「ぁあんっあんっあんっいいの、いいのぉ! ふぅうっ淫乱なのっもっとぉっ!」
 木にしがみついた桜が、驍ノバックかアナルにペニスを入れられて喘いでいる。
「ほら、誰かに聞かれるよ、桜っ?」
「いいのっ見てっ……おちんぽっ入ってるのっ……奥、奥にっグリグリしてるっの、いいのっ見てっぁあんんっ!」
 驍フ趣味は青姦である。だからそれに桜が慣れるのに、山奥の別荘だが、自分の家の土地でセックスをしている。
 桜はあっという間にそれに慣れ、見られているかもしれないという緊張感で興奮してしまう性格になった。
 車の中で驍ノ言われれば、運転手が見ていようが平気で驍ノ跨がって喘いだし、ペニスを咥えて精液も飲む。車の中のセックスも好きになり、またに止まった車の中でしているのをホームレスや通りがかりの人に見られて興奮していた。
 今もまた、誰もいない山奥だと思っていたが、山菜採りに来たおじさんが一人、その奥でこっちを覗きながらオナニーをしているのが桜の目に入った。
驍ヘ気付いていない様子であるが、桜はそのおじさんに向かって言っていた。
「あ゛ああぁっ! いぐっいくっ、見られてっイっちゃうぅっ! あ゛へっ、おちんぽっでっ、いくのっ見てっ、イクから見てっ あ゛ーっだめっあ゛ひっあんっあっああああぁっ!」
桜はおじさんを見つめて、絶頂を迎えた。精液を地面に吐きだし、驍フ精液をアナルの奥で受け止めながら、放尿までした。
「んふっ……あっんっ」
 その奥でおじさんも達しているのに気付いて、満足そうに微笑んだ。それを見たおじさんが喉を鳴らしている。
 二人は情事が済むとそこから別荘へと戻った。
 情事の後を見たおじさんが、桜の精液や放尿した場所で、またオナニーを始めたことを桜は振り返って眺め、ニコリと笑った。

 驍フ知らないところで、桜は淫乱を通り越し、狂気の世界に足を踏み入れてしまっている。
いつか桜が狂気の世界に足を踏み入れ、驤ネ外の人間と平気で寝るようになってしまうのかは、驍フ扱い一つにかかっていたのだった。