R18Dreamnovel

合宿所にて

 合宿の最終日のことだ。
「えー合宿所の掃除が終わらなかったため、そこの二人、残って風呂掃除だ」
 学校からは近い、青年センターを借りての合宿だった。ほぼ他の学校は合宿を終えて帰ってしまっていた、最後に残っていたのはこの高校だけだった。
 最終日の掃除をするということで、施設の使用料が安くなるというので、引き受けた掃除だ。明後日には別の学校の宿泊予定が入っている。だから今日中に掃除をすませなければならないのだが、この遊馬の口げんかが始まってしまって、担当だった二人は掃除をしなかったである。
 時は夕方。
「えっ」
 二人が同時に叫ぶ。
 二人の驚きを余所(よそ)に、全員が二人を置いて先に帰ってしまった。

「君たちがお風呂掃除の子たちだね。私たち職員は今日は飲み会なの。だから戻るのは十二時過ぎくらいなのね。だから、それまでに掃除だけは済ませておいてね」
 青年センターの職員は、そう言い残してバスでセンターを出て行った。
「そんな馬鹿な!」
 叫んだのはだった。
 てっきり職員に見張られながらの掃除になると思っていたのに、それが誰もいないセンターで遊馬と二人っきりだなんて。
 職員を見送ると、遊馬のにこやかな表情が、真顔に変わる。
 おろおろするの腕を掴むと、センターの中に入っていく。は引きずられながら、それについて行くしかない。もう誰も助けてはくれない。センターは山の頂上にあるから、ここから逃げるとなると、四時間ほど歩いていかなければ、民家に出会わない場所だ。暗くなった外を出歩くのはまず無理で、街灯もほとんどないところを歩くなんて、相当困難である。
「お願いだから遊馬!」
 が叫ぶ。
「いいからさっさと乳首だせ!」
 上から怒鳴り込む。
 百六十センチのと百八十六センチの遊馬では体格の違いもあり、には叶わない。更にレギュラーと補欠の補欠という、情けで部活にいさせてもらって雑用を引き受けるだけのでは、体力も何もかもが違う。
 遊馬二人は幼なじみであるから、喧嘩はしょっちゅうだが、普段は遊馬が寛容な態度でいてくれるお陰で、酷い喧嘩にはならなかった。
 けれど今回は違う。
「乳首だ、乳首」
 急に狂ったように遊馬がそういうのには訳がある。
 さっきの喧嘩の最中、遊馬が服を掴んだとき、の乳首をかすめた。そしては。
「あぁはっん」
 と甘い声を上げてしまったのだ。それを聞いた遊馬の表情が真顔になった。
 喧嘩はそこで仲裁が入ったのだが、遊馬はそれからずっと無口だった。
「何言ってるんだよっ! 変態かよ!」
「うるさい、お前、さっき俺の指が乳首を触ったら、甘い声あげてたじゃねぇか」
「だから聞き違いだって! そんなことあるわけないだろ!」
「いいから乳首見せろ!」
「話、噛み合ってない!」
 遊馬が叫び合うが本当に誰もいないらしく、誰も仲裁には現れない。
 遊馬を引きずって集会浴場の脱衣所に入り、その脱衣所の鍵をかけた。
「これでお前は逃げられない」
 真剣な様子でそう言い、風呂場へ逃げようとする遊馬は壁に押しつけた。
 ダンッと背中に衝撃が加わって、がひるむと、遊馬はシャツの上からの乳首を指でこね始めた。
「……ちょっと遊馬! あぁっ!」
 指で押しつぶすように撫でてきたら。腰が砕けそうなほどの何かが体を走り抜けた。
「っ! ひぁあっ」
 びくびくと震えるを見て、遊馬は勝ち誇ったように言った。
「ほら見ろ、お前、乳首で感じるやつだったんだ」
「……っ! ちがっあぁぁっ」
 違うと言いたいのに、それを口にしようとすると、遊馬の乳首を摘まんで引っ張って言わせない。嬌声(きょうせい)は止まらず顔を真っ赤にした遊馬の手管で高められていく。
「……ほらな、やっぱりそうだ。乳首が気持ちいいですって言ってみな」
「やだぁあっ……やっあぁんンっ!」
 まともな否定も出せないのをいいことに、遊馬が来ているワイシャツのボタンを急いで外してインナーもまくり上げた。
 そこにぷっくりと膨れた乳首が、ビンビンに立って震えている。
「すげえ、本当にエロい乳首じゃん……お前エロいよ」
 もうそう言われても否定はできないほど、の乳首はジンジンとして疼(うず)いていた。それは下半身まで広がり甘く脈を打つほどの衝撃だった。
 女ではないから、乳首なんて感じないと思っていた。なのにだ。遊馬の手によっての乳首は完全に女のそれと変わらないほどに敏感になってしまった。
「ピンクで美味しそうだ……ちゅ」
 遊馬を壁に押しつけたまま夢中で乳首に吸い付いた。崩れそうなほどの快感がを襲っては悲鳴に似た嬌声(きょうせい)を上げた。
「ひゃっあああぁあっ! あひっやめっぁぁああ」
 がくりと崩れる体を遊馬が抱きかかえたまま、床に座り込んだ。そのせいで遊馬に胸を自分から突き出して差し出すようにな体勢にされた。後ろに反り返る体を、遊馬の大きな腕だけが支えている。
「あっあんっ、んっひぁっっあぁっやっ遊馬っいやぁぁあああ」
乳首を舌でこね回し、ベロベロと音を出して高速にいたぶられた。声はもう否定という声ではなく、甘い感じている声だった。それに勃起した遊馬のペニスがズボンの中で爆発しそうなほど大きくなって、の股にそれを挟んでいるような形になった。もまた乳首で全身が快楽を味わい、はち切れそうなペニスがズボンの中で苦しそうにしている。
……ペニス勃起してんな……楽にしてやるよ……」
 甘い吐息を吐き出しながら、にこやかな顔で遊馬が片手でのズボンを脱がせ下着まで一気にはぎ取った。
 
 2

「やだぁあぁああっ!」
 むき出しになったペニスは、すっかり立ち上がって先走りまで出ている。
「お前だけがそうじゃないんだぜ」
 遊馬はそう言うと、自分のペニスもズボンから出して見せた。のペニスがピンクに近い色であるのに対し、遊馬のペニスは皮もむけていて黒光りをしている。
 そのペニスをの尻沿わせて、遊馬は腰を振りながらの乳首を吸い続けた。
「なにやって……あぁぁぁっんっちくび……だめぁなのぉお」
 甘く高い声が出て一生懸命否定をしているけれど、それは否定ではなく嬌声(きょうせい)だった。それが遊馬をより高く高め、尻に沿わせたペニスがグンと膨れるのを感じた。先走りはの尻の孔辺りにネチネチと音を立てて付き、の孔はそれを受け入れるようにパクパクと収縮している。
 抱きかかえた手を尻に這わせ片方で広げて、片方の指が孔の中にニュルリと入り込んだ。
「いやぁぁあ……ゆびぃぃいやぁああっぁあっ」
 逃げようとするだが、それが余計に遊馬に乳首を差し出す結果になってしまった。遊馬は乳首を噛んで、その先端だけを舐めるというには痛いはずのことまでやってくる。また孔は遊馬の先走りの汁を付けてどんどんを広げられ、指二本を突っ込まれ、そしてそれを左右にまで広げられる。
「あぁぁぁっっぁっ! ちくびとれちゃう……っおしり、こわれぁあぁっ」
 どこもかしこも気持ちよくてはひたすらに喘いだ。口は閉ざされることはなく、端から涎があふれて、それが胸を伝って落ちていく。
 感じて感じて頭がおかしくなったのではないかと思えるほどの快楽に、は翻弄され、自分でも信じられないような行動に出ていた。
「それなに、いやらしい、お前は乳首を犯されながら、ケツの穴広げられながら、それでもペニスを俺の腹にすりつけるのか……気持ちいいのか、この淫乱」
「あはああぁっ! 腰が止まらないっとまんないのぉ」
 完全に達しているのペニスだが萎えることなく立ち続けている。先走りは失禁でもしたように止まらず、どんどんあふれ出て、遊馬の腹を汚していく。
 むせ返る精子の匂いに、二人は酔ってしまったかのように行為に溺れる。
 嫌だと言っていたももはや否定の言葉を口にすることはなくなった。
 その時に変化が訪れた。
「お前、ミルク出てるよ」
 乳首をひたすら攻めていた遊馬がとんでもないことを言い出した。
「えぇっ! やあ、うそ!」
「本当、甘いのが乳首から出てきてる。美味しい」
 遊馬がそう言って、乳首を盛大に吸った。ジュルジュルと音を立てた吸い方に、は盛大にオーガズム を迎えた。
「あっあっあっあっぁんッあんっあああんっ!」
 がびくんと体を震わせて全身で達すと、ペニスが潮を吹いた。ビシャッと盛大に吐き出した後、乳首がびくんと震え、乳首の先端からピューッと透明に近い白い液体が噴き出した。
「ほら出た。お前乳首からミルクだしてる」
 そう言って遊馬は勿体ないと言いながら、その液体をすべて啜(すす)ってしまう。達した後のペニスはまだ萎えることなく立っている。尻の孔はもうなんでも受け入れられそうなほど、広げられていた。
 ぐったりとしたを床に寝転がらせると、遊馬の足を大きく胸まで押しつけるようにして広げ、遊馬の先走りで濡れに濡れている孔の中に一気に押し入った。
「ひぃっっぃっあああっぁぁ」
 もう終わったと安心して息をしていたところ、吐き出すのに合わせて一気に奥まで突かれたのペニスは射精をした。ピューピューとの胸を汚して垂れていく残滓は、もう粘りけもないような液体だった。
「おしり……こわれ……ちゃ」
「大丈夫避けてない、ちゃんと俺のサイズに広げてたから、大丈夫」
 ズンッと一回引き抜いてからもう一度突き入れたら、圧迫感はあるが遊馬のペニスを包み込むようにの内壁が絡みついた。
「おぁあ……お前、この孔、エロいだろうが」
「し……しらな……あぁぁっ」
 遊馬の大きなペニスをすっぽりと自分の孔が飲み込んでいるのを見て、は快楽に震えた。内部に押し入り、そして抜けていく感覚がこんなに気持ちがいいものだなんて思いもしなかったのだ。
 初めてなのに、痛くもなく、突き入れる感覚を即座に受け止められた自分は遊馬の言う通りの淫乱だとは思った。
「あんあんあぁんッんっあぁーっ!」
何度か突き上げらるとはまた達したが、今度もまた潮を吹いた。
「はは、潮吹きかこれ、お前、本当にエロすぎだろ」
 ビシャビシャになりながらも、遊馬を突くことをやめない。周りにパンパンパンと音が響いている。さらに孔の出入りにはブチャブチャと液体が皮膚でこすれ合う音がする。
「いやらしい音が鳴ってるな、いいな……気持ちがいい」
 遊馬は夢中で腰を振ってそしての中で果てた。
「あっあぁっ…んっやぁっあぁんっ……」
 ビュルルルと熱い精子が奥までたたきつけてくる。受け止めた場所がペニスが届かない位置だったから、新たな快楽が生まれての体もびくびくっと跳ねた。
 その時また乳首が達してピューッと勢いよくミルクが出た。
「ああ、もったいない!」
 遊馬はそう言ってをまた抱えあげ、飛び出すミルクを吸った。
「これでももうお前は、俺のだ。他の誰にも言えないどころか、女も抱けない」
 遊馬がそう言い出して、は確かにそうだなと思った。
 絶頂に達した男が乳首からミルクを出していたら、女の子はどん引きする。そしてそれを友達に話して噂はあっという間に学校中に広まる。それが容易に想像できたため、は何も言えなかった。
「これからも、これ吸わせてくれ。お前のミルク、美味しい……」
 うっとりとしたように遊馬がそう言った。その言葉に、は静かに頷いただけだった。
 
 3

 この後も散々遊馬を犯し、遊馬から与えられる快楽に溺れ続けた。
 約束の十二時まできっちりやった後、が気絶したのを最後に遊馬は大急ぎで脱衣所から風呂場まで掃除をし、二人に与えられた部屋に戻ってその部屋についている風呂の中でを洗いながらもまだ乳首を吸っていた。
 ベッドに入ってからもの服を上だけ脱がせ、乳首を舐め吸い、寝ているの体中を舐めつくし、最後には尻の孔までも綺麗に舐めた。
 その間もは意識がないままでも何度かドライオーガズム を迎えたりしていた。
 最終的に孔の中にもう一度入って意識のないを突きながらも乳首をなめ回して溢れるミルクを舐めた。
「はっ……はっ……」
 息を吐くとが潮を吹いてしまうので、結局遊馬は風呂場のマットの上でを抱いた。
 がゆるりと意識を取り戻すと、真っ暗な中で遊馬に食らいついているのに気付いた。
「あ……あぁあ!」
 声を上げたが気がついたと気付いた遊馬の口にタオルを押し込んだ。
「それ噛んでろ。センターのおばちゃんに見られたくなかったらな」
 体が揺さぶられるたびにジャブジャブと音が聞こえ、遊馬が孔の中にいる感覚がすぐ分かった。中は完全に溶けていて、遊馬が気を失っている間もずっと犯していたことに気付いた。盛りの付いた犬とでも言えようか、収まることのない性欲が爆発したようににそのすべてが向けられていた。
「んう……んふふ……んんふうっ」
 暗闇だとはっきりと相手が見えない。だからはただ与えられる感覚だけに集中してしまい、余計に感じた。
 内壁は完全に遊馬専用の性器に変えられている。何度も出された残滓(ざんし)がビシャビシャと音を立てて内壁やペニスに纏わり付いていやらしい音を立てている。
 の乳首からは何度もピューッとミルクが飛び出し、そのたびに遊馬の舌がの乳首を吸って舐めてを繰り返し、ほとんど乳首から遊馬の口が離れることはなかった。
「本当にお前のミルク美味しい……甘い……」
 遊馬は挿入もだが、特に乳首に対して執着があるようで、それを口に含んでいると興奮するようだった。ミルクが出なくなると、腰を使い、の内壁を犯しまくる。前立腺を擦りあげ、精子が出ないドライオーガズム を繰り返させる。そうすると乳首からミルクが出てくることを知って、それを繰り返すのだ。
「んッんッんふッんんっ、んっんうんっ!」
 強烈な快感で腰が大きく跳ねる。
どこからか探して持ってきたジェルを遊馬が下半身にべたりと付けた。
「どっかの学校のやつが持ってきてて、没収されたエロ道具」
 とたんに遊馬の腰がスムーズに奥まで入るようになった。さっきまで届いてなかったところまで届き、更に出し入れはさっきまでの比ではないほど速い。
 ベチャネチャと内股に広がったジェルが音を立てて、さらにはパンパンと腰同士がぶつかり合う音が派手になった。
「たまんねぇ、これたまんねぇ」
 いやらしい腰つきになった遊馬の中をこね回し犯す。
「ん゛っんっんっうんぅんっ!」
 大きく硬い怒張で中の全てを擦られ、強烈な快感が全身を襲った。
「エロい腰つきで、俺を誘うなんて、なんて淫乱なんだは」
 どうやらも自分で腰を動かして、遊馬の呼吸に合わせて動いていたようだった。は自覚はなかったが遊馬が急に動きを止めると、腰を上下に動かしている自分がいることに気付いた。
「な? 動いただろ!」
 そう言ってたまらないと何度も言いながら、最後には遊馬の口に入れたタオルを取りキスをしていた。
 ネチャネチャと絡み合う舌と舌。遊馬の舌を吸い取るようにすると、の全身が震える。中を擦りながら乳首まで弄(いじ)ってくるものだから、おかしくなりそうなほど感じて、絶頂感を迎えた。
「――――――!!」
 キスを深くしたままだったので声を出せなかったが、全身で達したのは遊馬にも分かっただろう。それと同時に遊馬も深くこすりつけての中で達した。
 ほぼ抜かずに続けた結果、の孔は広がったまま、残滓を垂れ流し続けた。
 それでも遊馬とのキスに溺れ、キスをしたまま、また気絶をした。 
 その朝、起きてすぐに遊馬がまだ時間があるとまたを風呂について行き、乳首を舐めることからのセックスを一回した。二回目をしようとしたところ、センターの人間が起こしに来て、風呂に入ってると誤魔化した。

4

 誰もいない屋上。授業はもう始まっている。
 そこにチュウチュウと何かを吸う音がする。
 屋上の教師に見つからない場所に隠れ、遊馬はセックスをしていた。
ひたすら乳首を攻める遊馬は、ミルクが出てくるとそれを舌で綺麗に舐め取った。
「あっあッあんんっ、あんっあぁっ」
唾液をたくさん付けた舌が乳首を舐めて擦るのが気持ちいい。
 背筋がぞくぞくして、既に外に出されているペニスははち切れんばかりだ。先走りでズボンが濡れないようにと、下半身は裸だった。こんなところを誰かに見つかれば、もちろんその場で終わりだ。未来も何もなくなると分かっているのに、遊馬に乳首を舐められると何もかもがどうでもよくなってしまうようになった。
「気持ちいいっ…乳首……あぁっ乳首いいっあっあんっ」
「いつにもましてもミルク出してるな。気持ちが良くなるとどんどん出てくる。甘いし、美味しいよ」
 吸われ甘噛みされて、のペニスは達する。ピューと精子を吐き出してしまうのだが、萎えることなく、ビンビンに立ち続ける。
 そのペニスを遊馬が指で先端の辺りを乱暴にいじる。ニュチュニュチュと音がなるほどの残滓(ざんし)をすりつけ、そして口では乳首を舌で押し転がし、片方の手はジェルを付けた指がジュルジュルと音を立てながら出入りをしている。そのどれにも抵抗はできず、は胸を突き出し、ペニスも突き出す形で孔に遊馬の指を入れ、さらには自分で腰を揺らしていいところに当てようとしていた。
「お前本当に、エロすぎる体になったよな……俺は嬉しいけど」
「ひっあ゛ああんっ!」 
「すごいいやらしい声を出して……あんまり大きいと見つかるぞ」
「ん……んんん……うんっ」
 口を急いで閉じたからは鼻から甘い声が漏れ出した。遊馬がハンカチを取り出して、それを口に入れると、はそれを噛んで声を殺した。
「んふっうふ……んんうふん……」
 は乳首とペニスを同時に攻められ、激しく腰を上下させながら達した。今度は潮も吹いた。ビシャビシャと二三回飛び出すように出たのを、遊馬が更に擦り続け、まるでおしっこでもしているかのように大量の潮吹きをした。同時に加えていたハンカチもとれてしまった。
「ああんっあッあッいいっきもちいっ…」
 がそう言って倒れ込んだのをいいことに、遊馬に腰を高く上げさせると、尻を一回叩いてから、ぐっとペニスを突き入れた。
「あひっあ゛っあっあんあんあんっ!」
 突き入れたと同時にパンパンと音を立てて遊馬がペニスをヌプヌプと孔の中をすりつけてくると、はその衝撃にまたピュピュッと潮を吹いた。
 は射精をするよりも潮を吹く方が多くなったのだが、本人の意志に関係なく出てくるものは止めようがない。突かれるたびにぴゅっと出て、四つん這いになっているのペニスの下はお漏らしでもしたかのように濡れまくっていた。
「あんあんあんあんっ! あひっああぁっ……っ!」
「本当にお前はエロい、こんなエロい体、誰にも見せられないな」
 そう遊馬が言った時、強く腰を打ち付けられての孔の中に遊馬の熱い液体が注ぎ込まれた。
「ああ……んぁ」
 遊馬が出ていく感触にも甘い声を上げただが、今度は上手く射精ができた。
 吐き出した精が地面にしみていく。それを眺めながらは満足したように微笑んだ。
 その時、ガチャガチャと誰かが屋上のドアノブを回す音がした。
「……!」
 が驚いて遊馬を見ると、遊馬はすっと屋上の鍵を見せた。どうやら職員室からその鍵を取ってきていたらしい。
「あれ開かないぞ」
「くそ、教師が閉めたんだ」
「ちえっじゃあ、保健室いこうぜ。さっき職員室で何かやってたし」
「仕方ねえな」
 ダンとドアを叩く音がして、人が去っていった。
 はホッとしてから、急いで持ってきていた着替えをきた。
 遊馬が学校でも行為をしてくることから、は汚れないようにとタオルや着替えを持ってきていた。幸い、ズボンは無事だったが、下着は当然のように先走りで濡れていた。 そんなを見て遊馬が言った。
「俺、やっぱりお前のこと好きだ」
「え、え、ええ……え」
 急に告白されてはまともに答えが出ないほどドモリ、顔を真っ赤にして慌てたように右往左往していた。遊馬はそんなを抱きしめて言った。
「返事は?」
 そう言われては。
「好きに決まってる、じゃなきゃこんなことさせない」
 そう返事をしたのだった。