R18Dreamnovel

淫猥

「あ、梶田くん、ちょうど良かった」
 会社の廊下を歩いていると、社長が部屋から出てくるところに出くわせた。
 社長は梶田に用があったのか、梶田を見かけると、手を振って呼び寄せる。
「どうかしましたか?」
 梶田は社長の秘書をやっている。とはいえ、ほとんどが会社内部の雑用も兼ねているため、社長から呼び出されるまでは、ほとんどは雑用をやっている。
「いやね、これから出張なんだが、あいや、梶田くんはいいんだよ。でね、今日、ほら山本物産の社長さんと会食だったでしょ。大事な取引の話もあったんだけど、どうしても飛行機が間に合わなくて、中止にしようとしたら、向こうさんがね、梶田くんを出してくれたら話は進めておくって言うんだよ」
 社長がそう一気に言い出して、梶田は内容を飲み込むのに苦労した。
「えっと、つまり私が山本物産の社長と会食をすればいいわけですね?」
「そうそう、あのBプランの取引の話だから、絶対に落とすわけにはいかないんだ。だから会社の社運が梶田くんにかかってしまうわけだけど……」
 そういきなり社長に言われて、梶田は一瞬怯む。
「いや、まあ、社長さんも気軽にどうぞって言っていたから、今回のうちの工場の問題も仕方ないと言ってくれたし、好意的だから、失礼さえなければ大丈夫」
「……あ、はい……」
 本当に大丈夫なのかと思ってしまう慰めだが、これを梶田が断れるわけなかった。
 この会社の社長とは、就職難の時代に良くしてもらった恩がある。
 面接であちこちの会社を落とされていた梶田を、たまたま落ち込んで座っているところ、社長が話しかけてくれ、その話の中から社長が秘書兼雑用が欲しいのだけれどと、この会社の内定をもらった。
 中小企業であるが、それなり業界でも有名である会社で、内定をもらったことは梶田にとっては神からもらった奇跡である。
 仕事は確かに秘書兼雑用であるが、それでも梶田の頑張りを会社の人たちは認めてくれたので、仕事は楽しかった。
 あれから四年経っているが、未だに梶田はこの会社で秘書兼雑用をしている。居心地がよくて仕事もスキルアップして、秘書の資格もちゃんと取ったし、雑用のために会計や経理などの必要な資格も取ったほどだ。
 だからこのことは断れない。
「じゃあ後はいつものように頼むよ、梶田くん」
 社長は用事を伝えるとさっさと出張に出かけてしまう。
 梶田は、さっそく準備をして仕事を済ませてしまうと、時間の余裕を持って会社を出た。
 接待自体は何度か行ったことがあるが、それでも会社の命運をかけたものだと話が違ってくる。
 失礼のないようにと先に料亭に入り、料理や食事が終わった後の土産なども店の方で説明を受けたり質問をしたりした。店のモノは山田物産からも問い合わせを受けていろいろ準備しておりますといい、失敗はなさそうだった。
 梶田は時間まで料亭の庭を見せてもらい、秋色に染まった紅葉や木々を眺めて時間を潰した。
 すると、まだ時間まで三十分はあろうかという時に、自分たちの部屋になるところに誰かが立っていることに気付いた。
 長身のきちりとしたスーツ。顔は見た覚えがないが、銀縁の眼鏡をかけていて、鋭い視線を向けてきている。インテリな姿の美青年だ。
 誰だろうと振り返ると、向こうから声をかけてきた。
「こんにちは、随分早いお着きだね、梶田さん」
 そう言われて梶田はハッとする。
「あ、山田物産の影沢社長……失礼しました」
 梶田がそう言いながら庭から戻ってくると、影沢は笑って言った。
「慌てなくてもいい。まだ時間ではないからね」
「でも……申し訳ありません」
「さあ、早いが食事にしよう。ここの料理は上手いからね」
 あくまでも謝る梶田に、影沢は庭から上がってくるように手を貸してくれて、梶田はその手を取った。
 すっと上がると影沢の手が梶田の指を撫でるように親指でススッと撫でてくる。それに梶田はふっとゾクリとする感覚に、ピクリと肩が動いた。それでも影沢は何かを試すように三回ほど撫でてから、手を放してくれた。
「……さあ、こっちに」
 影沢がそう言うので、梶田影沢の胸の中に入るような形で招き寄せられた。
 梶田はよく分からないが、影沢に案内されるがままに部屋に入った。ちょうど女将がやってきて、早めになったが食事を出していくと告げた。
 予定では三十分早めになったが、それでも六時である。夕食にはちょうどいい時間である。
 様々な食事が用意され、刺身に揚げ物に秋の山菜などがならぶ、影沢の希望で日本酒が用意された。熱燗よりは冷やが好きだと言って、何本か女将に運ばせた。 食事が終わると、つまみを用意して貰い、更に影沢は酒を飲む。それに梶田は付き合わされたが、断りにくくてたくさん飲まされた。
 そうしたところで、影沢が言った。
「君の会社との取引なのだが……」
「あ、はい」
「今回は実はA社との話もあってね」
「A社……」
 A社は梶田の会社とライバルで同じ事業である。だから方々の仕事で顔合わせる競争会社であるから、もちろん仲は悪い。そんなA社ももちろん、この話には口を挟んでくるわけで、影沢がそう言い出すのも仕方のないことである。
 だが、A社の業績がここ最近上がり、梶田の会社が苦行に追い込まれているのは事実。だからこの仕事は絶対に取らなきゃいけないものだった。
 そこで梶田の会社はすでにA社に後れを取っているということを影沢が言い出したわけだ。
 お前の会社は他に何をしてくれると。
 こんな大事な話を聞いていなかった梶田は。
「まさか、A社と……もう話がまとまっているのですか……?」
 泣きそうになりながら影沢を見上げた。
 影沢はそんな梶田をじっと見てから、喉を鳴らした。
「まだ、そこまで話が進んでいるわけじゃない。ただ」
 影沢はそう言うと、席を立ち、隣の部屋の襖をガラリと勢いよく開いた。 そこには、真っ赤で大きな布団が敷いてあり、枕が二つ、そして小さな灯りが灯されている。
 それに梶田は一瞬、どういうことなのかという顔をしたのだが、次第にそれをドラマか何かで見た気がして、ハッとして思い出す。
 会社の偉い方たちが飲んだり食べたりした料亭の隣の部屋に、セックスをするための部屋が付いているやつだ。大抵、無理矢理でそこで女性が相手をさせられるのだが、まさに今それが自分に向けられているのだ。
「……どう、いう?」
 それを聞いておかなければ、勘違いだと相手を怒らせることになると思い、梶田は尋ねた。
 すると影沢はニコリとして言うのだ。
「君が私に抱かれてくれれば、今回の取引は君の会社を選ぶということだよ」
 そう言われ、やはりそういう言いだったのかと気落ちした。
 影沢は楽しい話をしてくれて、好意的に思っていただけに、こういう手法を使うような人だったことが、梶田にはショックだったのだ。
「断ってくれても構わないよ。その場合、A社に仕事を回すだけのことだから」
 絶対に会社のために梶田が身を投じることを知っているという発言だ。
 それもそのはずで、今回の工場の事故で社長が出張をしていなければ、きっと仕事はA社に決めていたというわけだ。つまり仕事内容ではなく、接待の内容で決められるわけだ。それも梶田にはショックだった。
 けれど、梶田がそれを断れるわけもない。
 社長には世話になっているし、助けてもらった。その恩をまだ返せていない。だからここは影沢の望む接待に応じて、社長に山田物産の仕事をプレゼントするしかない。
「……本当に、仕事、もらえますか?」
 梶田は確認するように影沢に尋ねた。
 これが確実ではなかった場合、身を投げ出しても意味がなくなる。
 それに影沢は断言した。
「もちろん、そのつもりで私は今日ここへ来た」
 影沢はそう言うと、書類を出してきた。その書類は、契約書の署名のものだ。それに影沢は署名をして、あとはこちらが署名をするだけの契約書。ちゃんと見ると梶田の会社の名前が契約者になっていた。
「これを君に渡す。それで明日には調印される」
 確かにあとでなかったことにすることは、影沢も首を絞める結果になるだけだ。梶田が泣き寝入りすることを予想して、契約書を破棄することもできるだろうが、それでは意味がない。
 それに最初から影沢はそのつもりで来たと言った。
 社長が来られないから代理をよこせと言ったのも影沢で、その相手に梶田を指名したのも影沢だ。
 だから最初から影沢梶田に用があったのだ。
「さあ、この書類を鞄にしまうのかしまわないのか。君が選ぶんだ。無理強いはしない」
 影沢はそう言うと、上着を脱ぎ、ハンガーに掛けている。
 梶田は悩んだ末に、その書類を自分の鞄に入れた。そして上着を脱ぎ、布団がある隣の部屋に入った。

2
 梶田が部屋に入ると、影沢梶田の手を引いた。影沢の胸に飛び込む形になり、梶田は焦った。
 覚悟を決めていても、こういうことになれているわけではないから、体が硬くなるのだが、それを影沢は無理に開かずに、まずキスから始めた。
「口を開いているだけでいい、開けていろ」
 影沢がそう言うので梶田はその通りにした。
 キスをしてくる影沢は、梶田の唇を吸い、舌で歯や口腔を舐め取ってくる。うっかりで影沢の舌などを噛まないように梶田は気をつけて口を開いているが、だんだんと息がしにくくて鼻から息が抜けた。
「んふっ……んん……んふっ」
 息をするだけで鼻から抜ける息が、甘ったるい感じに聞こえた。それがいつもと違う気がしたのは気のせいではなく、だんだんと気持ちがよくなっていた。
 口の中など自分で舐めることはあるが、他人の舌に舐められる感覚がゾクゾクするほど気持ちがいいと感じるのは、きっと酔っているせいだ。酔いが回ってきて、気持ちよくなって、そして梶田は自分で舌を差しだして、影沢のキスを受けた。
 影沢はその梶田の舌に舌を絡めてキスを繰り返す。
「ん……ふ……んん……んふっ」
 キスが終わると、影沢梶田の頬を舐め、顎や首筋を舌で舐めていく。
 そして影沢の手は梶田のネクタイを外し、ワイシャツを脱がしていく。梶田はビクビクとしながらも影沢のしていることに手を出さなかった。
 パラリとワイシャツとネクタイが床に落ちる。
 影沢は、梶田のベルトも外し、ズボンだけを脱がしてしまうと、梶田に寝るように指示を出す。
 梶田は言われた通りに布団に横になる。
 その梶田に覆い被さるように影沢が横たわってくる。その影沢の顔が笑っていて機嫌が良さそうなのだけは見て取れた。
 つまり梶田の反応に満足はしているらしい。
 それだけには梶田はホッとして、布団に体を預けた。男の体を見て幻滅しないモノなのかと思ったが、影沢はそうではなさそうだ。
 梶田の下着を脱がし、露わになった胸を撫でてくる。マッサージみたいで気持ちがいいのでうっとしてしていると、またキスをされた。
 すると影沢の指が乳首を撫で始め、何とも言えない感覚が脳天を突き抜ける。
「んふうう……ううっん……んふ……」
 キスで口を塞がれていなければ、嬌声を上げていたところだった。
 影沢梶田の乳首を指で弄り、捻り上げる。
「ん……はぁあっ! あっだめっんん」
 耐えられずにキスから逃げた梶田は、乳首で感じる自分に戸惑った。昨日まで、いやさっきまで乳首なんて何にも感じないものだったはずだ。それなのに、影沢にいじれていると、脳天にも下半身にも何か電流が抜けるような感覚に陥ってしまう。
「そのまま、感じていなさい。声は殺さなくていい」
「……あっあっあぁあっ」
 影沢がそう言うと、梶田の声が止まらなくなる。
 その乳首に影沢が吸い付き、舌で舐り始める。
「んんふううっあっん……ああっ……んっ」
 ザラリとした舌の感覚に、梶田は身を捩らせるが、影沢はそんな梶田の手を掴んで、梶田の乳首に当てると言った。
「自分で捏ねてごらん、気持ちがいいように」
「あ、……そんな……あっ」
 梶田は自分で乳首を弄り始める。さっき影沢がやっていたように、乳首を摘まみ、そして捏ねるようにしていく。
「んあっあっはぁっあっ……んぁあっああっあっ」
 片方の乳首を影沢が舌で舐めたり唇で吸ったり歯で噛んだりと、様々なことをしてくるのを感じながら、梶田は自分で乳首を捏ねるのだが、だんだんと気持ちよさが出てきて、乳首を大胆に捻ったりし始めた。
「そんな……んぁっ乳首……ああっ気持ちいい……ああっいい……」
 すると梶田のペニスが完全に勃起して、下着が盛り上がっている。それを影沢は下着を脱がせてペニスを取り出した。
 影沢の手が梶田のペニスを包み込み、扱き始めた。
「んぁあっあっあっだめっああっんっんっんんっああぁあっ」
 駄目と言いながらも梶田は腰を上げて自分で腰を振って影沢の動きに合わせている。もちろん自分で乳首も弄り、片方の乳首は影沢に舐めてもらっている。
 乳首を弄りながらオナニーのような形になり、梶田は初めての経験であったが、それが気持ちよくてどうしようもなく腰を振った。
「いいっ……いい……ああぁあっん……あっん……うん……あぁっ!」
 追い立てられるようにペニスを扱かれ、梶田は乳首を捏ねる指を自分で引っ張ってとうとう射精をした。
 派手に出た精液は腹を濡らし、更に絞り取るように影沢が何度も扱くようにして精液を吐き出させてきた。
「ん――――――っあぁっ!」
 体がビクンビクンを飛び上がるように震えて、あまりの気持ちがいい絶頂に、梶田は失神しそうなほどの快楽を得た。
 まさかこんなことでここまで気持ちよくなってしまうと、これから先、きっとオナニーをする時は自分で乳首も弄ることになってしまう。
「これからは乳首も弄ってオナニーをするように。そのうちペニスを触らなくても乳首だけで射精をできるようになるからな」
 そんなことを影沢は言った。男でも乳首を快感とセットにして覚えると、乳首だけで射精ができるようになるのだという。そして影沢梶田にそれを覚えてくるようにと念を押した。
「私がそれを見たいんだ。楽しみにしている」
 そう言われて梶田はそれを宿題だと思い込んだ。
 これ一回で終わると思っていた梶田には、次のセックスも影沢が望んでいるとはこの時は理解できていなかった。
「さあ、見せてごらん」
 影沢はそういうと、梶田の足に引っかかっている下着を脱がせ投げ捨て、足を梶田の胸まで付くように広げた。
「こうやって、そう手で押さえてごらん」
「……恥ずかしい……」
 足を完全に広げ、影沢にアナルやペニスをよく見えるようにする体勢にさせられて、梶田は今更ながら顔を真っ赤にした。
 影沢は手にジェルの入った容器を出し、そこからジェルを梶田のアナルに垂らした。
 そしてそこに指を当てる。アナルの襞(ひだ)を撫でるようにして馴染ませていく。アナルは表面が柔らかくなり、少し開いたアナルに影沢の指が沈んでいく。
「あ……ん……んん」
 プチュプチュッとアナルの中に入っては出て行く指が、ジェルの力を借りて更に速く動く。
「あっんっあっああっ」
 指を入れられても痛くなかった上に、何だか気持ちよくなる。
 指が二本になり三本となり、その分アナルが広がっていく。
「あ、……んっああっあっあっあっあっ」
 もう何がなんだが分からなくなっている梶田は、悶えながらも一生懸命恥ずかしさに耐えた。
 アナルを指で掻き回されると、ジェルが空気に触れて音が出る。それが部屋中に響き、耳からも犯してくる気がした。
 会社のためとは言いながら、だんだんと気持ちよくなってきて、そんなことも忘れてしまいそうだった。
 やがて指が抜け、梶田の目の前で影沢が全裸になった。
 大きなペニスが黒光りしていて、小さな灯りの光を反射している。あんな大きなものがアナルに入るのかどうか分からなくて、梶田は一瞬たじろいだ。
 だが影沢は、自分のペニスを掴んで梶田のアナルにペニスを入れ始める。
「う……ん……はあぁ……」
「そう息を抜いて、うまいよ」
 梶田影沢のペニスを受け入れるために、息を吐いて受け入れ、そしてペニスがどんどんと入ってくるのをずっと見ていた。
 あんな大きなものを自分のアナルが飲み込んでいく。それが梶田をおかしくしていく。そこは性器ではなく、排泄をする場所なのに、入ってくるペニスの圧力に押しつぶされるのが、何だか心地よかったのだ。
 対した抵抗もなく、影沢のペニスが半分以上も梶田のアナルの中に入り込んでいる。
 すると、影沢が一気に腰を突き入れ、影沢のペニスが梶田の中に根元まで入り込んだ。
「ひぃ――――――っ!」
 あまりの圧迫感に、梶田は仰け反ったのだが、梶田のペニスは射精をしていた。
 いわゆるトコロテンというものだ。
「挿れただけでイクのか……どうやら淫乱な体だったようだ」
 影沢はクスリと笑い、体をビクビクと震わせている梶田のアナルを攻めた。
「ひぃあああぁあああっ! あぁああっ!」
 ペニスが抜けて、そして一気に入ってくる感覚が、ゾクリと体中を振るわせ、脳天まで電気が突き抜けるような感覚が襲ってくる。
「ああぁあっ……だめっああっ! ああっ! 気持ちっいい……ああっ」
 初めてアナルでペニスを受け入れたのに、たった数回突いただけで、梶田は快楽を得られた。叩きつけられるような腰の動きに、梶田は翻弄されるのだが、それでもだんだんと気持ちよさに腰が揺れていく。
「もっと……ああっもっとください……ああんっああっああん!」
 パンパンと追い上げられて、梶田影沢のペニスを感じ、それに震えながらも腰を振り、影沢を追い上げる。
 五分ほど挿入を繰り返していると、まず梶田が達した。
 ギュッと影沢のペニスを締め付けるようにして、絶頂を迎え、それに合わせて影沢梶田の中で射精をした。
「ああっぁぁあああっ!」
 奥まで叩きつけられる精液を感じて、梶田はまた達した。
 腹に精液が何度も履き出て、射精が止まらない。
 その射精が止まると、今度は影沢のペニスが抜ける感覚でもまた射精をしてしまう。
 足を広げたまま梶田は実に一回のセックスで四回は達してしまっていた。それを見せつけられた影沢はゴクリと喉を鳴らした。
 正直、ここまで淫乱だとは思いもしなかったのだ。
 だが、これはラッキーだったと言える。セックスとは縁がなさそうな涼しげな顔をしているが、実は淫乱というのは、そそるポイントだった。
 そして影沢は言った。
「取引の条件に、君の引き抜きも入れよう。さあ、どうする?」
 そう影沢梶田に問いかけた。
 梶田は一瞬だけキョトンとしたのだが、それから笑って足を広げて、腰をまた高く上げた。そのアナルからはさっき影沢が出した精液が溢れ出ている。
 それを見せつけて梶田言った。
「はい……わかりました。だから……ペニスください……奥までまた突いてください」
 それが梶田の取引に応じるために求める条件だった。