R18Dreamnovel

あの場所で

 広瀬千種(ちぐさ)は、二人で初めての旅行に出かけた。
今回は東京から近くの県にして、二泊三日。ちょうど大学の創立記念日と土日曜祝日が重なり、四日日程があったので、三日を旅行にあてて、一日は休暇にあてた。
 二人は付き合いだして、半年が経った恋人同士である。
 セックスをするようになったのは、最近であるが、所謂リバと言われる、双方の気分によって攻めや受けが変わっていた。固定してしまうのは本人達も望んではいなくて、その調子で上手くやってこられた。
 電車に揺られながらやってきたのは、避暑に使われることが多い避暑地。山の中にある別荘を借りて、そこで森林浴を楽しむ。
 そこから近くには温泉地もあり、そこまで足を伸ばして温泉を楽しむことも盛り込んでいる。
 行きは電車を降りた後、タクシーを使って別荘まで行った。
「ああ〜、やっぱ気持ちいいね」
 夏も盛りになったばかりで、梅雨も明け、晴れた日である。カンカンに照る太陽を森林が遮って、暑さを軽減してくれている。更に森林の涼しさが風になって山から下りてくるのが、涼しく心地よかった。
 タクシーの窓を開けて涼んでいると、タクシーの運転手が言った。
「この辺、あまり人が住んでない別荘地だから、たまに変な輩が彷徨いていることもあるんで、なるべく別荘地の敷地からは出ない方がいいですよ」
 そう言うのである。
「変な輩? ですか?」
「まあ、街の若者が暇になったら山に来て、肝試しをしたりするんですよ。それで、旅行客を脅したりって事件があったりするんで。所謂地元の若者の馬鹿騒ぎに巻き込まれたら面倒ですよってことです」
 どうやら、街の若者の行動は奇々怪々なものとして、大人には映る。深夜に山に来て肝試しなんて、それこそ若者しかしない行動だ。車を持って深夜に暇で集まるのも、若者しかしない。
 都会でも同じようなもので、コンビニに屯(たむろ)して何をするでもなく、話し込んでいる若者がいる。そういうもののことだ。
 広瀬千種もまさにその年代であるが、彼らは少々違っていた。良いところの坊ちゃんの二人は、そうした暇を持て余した若者には含まれてはいなかった。
 タクシーは別荘地の敷地内に入る門の前で車を一旦止めて、別荘の敷地内パスを貰う。これがないと各別荘地まで客を運べないのだ。
  この地の別荘を使う人間は、大抵金持ちの人だった。別荘地は管理され、塀で囲まれた中にある。入り込むには塀を越えるしかないわけだが、すると警報が鳴る。すぐに警察が到着して、捕まってしまうのだ。
 過去に別荘嵐が何人が侵入しては、何も盗めずに捕まっているという。
その門しか出入り口はないが、塀が囲んでいるエリアはかなり広く、小さな町一個分はあるという。そうした中には、元々地元にあった神社や小さな畑、田んぼ、舗装されてないが整備はされている脇道や山道などがあり、自然な田舎を楽しむことができるようになっていた。
 そうしたコンセプトの箱庭的な別荘地には、繁盛期にはたくさんの人がいるのだが、お盆前の時期にはまだ本格的な休みではないためか、広瀬千種の二人しかいない。それもそのはずで、繁盛期には使わせて貰えないから、梅雨が明けるか明けないかの微妙な時期に親から借りられたのだ。
 別荘地の建物同士は、くっついて立っているエリアと離れて立っているエリアがある。コンビニが近くにあるエリアと自然の中に埋もれているエリア。様々なエリアがあるが、二人が借りられたのは、山の中腹にある離れたエリアの一角だった。
 歩いてコンビニまで二十分はかかる場所なので、食べ物や飲み物は全て駅前で買い込んでタクシーに乗せてある。
別荘にタクシーが到着して、荷物を下ろして部屋に入った。
「おお、いいじゃん。この感じ」
 千種がはしゃいで、荷物を投げて置いてから、ソファにダイブした。
 広瀬はそれを苦笑して見ながら言った。
「寛ぐのはまだだよ。荷物、冷蔵庫に入れないとアイスも溶けちゃうよ」
 そう言いながら台所まで荷物を運び、冷蔵室や冷凍室に荷物を入れた。
 千種は一瞬だけ寛いだあと、部屋に入ってベッドを直して新しいシーツを敷いた。ベットメイクに必要な道具は全て管理会社が用意してくれているが、ホテルのような用意まではしてくれない。あくまで別荘を持っている人間が用意してあるシールやタオルなどを洗っておいておいてくれるだけのことだ。
「こっちの用意できたよ! お風呂もやっておくね」
 千種がそう言い、準備に走った後、広瀬は夕食の準備をした。昼食は駅前の地元の食堂でお薦めを食べてきたばかりだった。
 その準備なども午後三時を回った辺りで全て片付いた。
「ちょっとだけ散歩してくるか」
 日が少し落ち始め、暑かった太陽を木々が遮ってくれているので、散歩をするには最適だった。
「うん」
 そう言って二人は散歩にでかけた。
 森林の中は静かで、下っていくと畑や田んぼに出た。
 昔の民家などをそのまま保存して、それらしい田舎を形成している。映画で見る田舎そのものだった。それもそのはずで、たまに撮影などで使われているらしい。
 綺麗な田園の途中に小さな神社への道があった。
 二人は暇なので、そのまま神社まで上がった。
 階段が五十段ほどあるので、人は大抵、下にある簡易な鳥居の元でお参りをすると、その近くの看板に書いてあった。つまり、神社まで上がってくるほどの人間は珍しいらしい。
 階段を上がって行くと、結構大きな鳥居と、その先に神社があった。
 真四角の小さな祠を期待していたら、意外に大きな建物で、真四角の祠の裏に人が住んでいた部分が見える。
 どうやら村の公民館も兼ねていたらしく、その部分なのだそうだ。
 二人はそこで裏まで回って祠を見ていたが、そこで千種広瀬に急にキスをしてきた。
「ちょ……千種……」
「いいからいいから、青姦しよ」
「もう……それが目的だったのかよ」
「一度やってみたかったんだよね」
 千種はそう言いながら、広瀬に甘えて、広瀬のズボンを脱がせてペニスを早速出した。それを扱きながらキスを求める。
 広瀬千種の悪のりに、乗っかって千種の躰を弄り、ズボンを脱がせて千種の尻を揉みながら二人はキスを繰り返した。
 この別荘には今日明日は、広瀬千種しかいない。つまり、青姦をしていても管理会社にはバレるかもしれないが、彼らもその辺は注意したりはしない。
 この囲われた別荘地で、客が被害者になる犯罪が起きない限り、彼らはただ従業員として最低限の仕事をするだけなのだ。
 暑い中で、陰に隠れ、二人は服をドンドンと脱いで真っ裸になった。
「はっ、えろすぎ……千種っ、く……」
「あー……っ! 広瀬、いいっあああああぁぁ……!!!」
「ひあぁ……っ、あっ……あっ……!」
「あぁ……っ、はっ……はぁっ……あぅぅ……」
 お互いにペニスを舐め合い、アナルを指で弄り合い、躰中も舐めた。
「ひっ、あっ……くんっ」
「あぁっ!あんん……っ」
「っあっ、はあぁあんっ」
 ペニスを擦り合いながら、乳首を舐め合って完全に青姦を楽しんでいた。
「もっと……おち○ぽっでっ突いて……!掻きまわしてえぇ……あぁ……!」
 とうとう千種の方が、ペニスをアナルに欲しがって、自ら壁に手を付いて、広瀬にお尻を向けた。
 広瀬は柔らかくなっている千種のアナルに、勃起したペニスを挿入した。
「いい、いい……!気持ちいいっ……!」
 千種か躰を逸らして、広瀬のペニスを喜んでいる。
 大きな声を出しても誰も聞いていない。それが分かっているからか、千種の嬌声も大きくなっていく。
「きもちいい……あぁぁっ……いい、おち○ぽっいいっきもちいい……っ!」
「俺も気持ちいいよ、千種っ。中がすごく蕩けてるっ」
「もっと、もっと激しく、おち○ぽっぐりぐりして……っ」
「はあぁっ……んっ、あっ、あっ……」
 千種の要求通りに、広瀬は腰を振って、千種を犯した。
「あーっ……あひっ、んっああっいいっ、きもちいっ……うぁっんっあっあぅっ」
 千種は何度もそう言って、嬌声を上げていた。
 やがて、挿入を繰り返していると、先に広瀬が達した。
「んぁっ……、ああ……っ」
「ああぁ……っ」
 広瀬は達した後、千種のペニスを扱いて千種をイカせようとした。
 その時だった。

2
「何か、楽しそうじゃん」
「いいねぇ、青姦じゃん」
 そう言って男が六人ほど神社の裏にやってきたのだ。
 驚いたのは千種広瀬だ。まだ繋がったままだった二人は、慌てて服を拾うために離れようとしたのだが、男達が素早く近づいてきて、それを阻止した。
「おっと、まだだ。そのまま繋がってろ」
 そう一人が言い、広瀬千種を繋げたままで、押さえつけた。
「やだっっ!」
「やめろっ!」
 そう二人が言うのだが、他の男達はニヤリとしていて、言うことを聞いてくれるわけもない。そもそも、別荘内には千種広瀬以外は従業員しかいないと言われていたのに、何故この明らかに町の若者達が我が物顔でここにいるのか、それが不思議だったほどだ。
「肝試しで、青姦を見付けるなんてラッキー」
 そう言いながら二人ほどが携帯を取り出して、写真を撮っている。一人は動画らしく、動き回りながら千種広瀬の全身を舐めるように携帯で撮影し、さらにはペニスまでアップにして撮り、アナルの結合部分に至っては興奮したように撮りながら言った。
「動かせよ」
 広瀬にそう命令するも、怖がって動けなかった。
「しょうがないな」
 男がそう言いながら、広瀬の腰を掴んで千種に押しつけている。
「ちょっと貸してみな。こうやればできるんじゃね?」
 もう一人がそう言い、ペニスを出して勃起させ、それを広瀬のアナルに挿入させた。
「あっ……あぁ……ん、だめ、はーっ、はーっ……」
「ひぁっ……あああっ、あんっ、うぁ、あっあっ」
 挿入して案外簡単に受け入れられたことに、男は興奮して言った。
「こいつら、お互いに突っ込みあってんじゃん。こいつ、こっちも使えるし! いいじゃんっはあっ!」
 男が突くたびに、広瀬千種にのし掛かる形になり、自然とペニスの挿入が繰り返されることになってしまう。
 怖いのに、アナルに埋まる千種のペニスよりも大きく凶悪な知らない男のペニスが、妙な気分に広瀬をさせた。
「あああぁっ……だめ、だめ、ひっ、あっああぁーっ……」
 広瀬が頭を振りながら、逃げようとするも、その行為が更に千種を攻めている形になり、千種が喘いだ。
「ふぁっ……、あ゛っ、あああーっ……」
 それでも前も後ろも攻められている広瀬の快楽は味わったことがない快楽で、すぐに絶頂に達した。
「あ゛あぁーっ……だめ、はいって、あ゛あぁっ……、こすれてるっ……、なか、いっぱいになってる、いくっあ゛っあんっあああぁっ……!」
 感じた事がないところで感じて、広瀬は嬌声を上げた。
 千種とのセックスとは違い、乱暴な行為なのに、その熱さが酷く良かったのだ。射精を千種の中でしている間に、男が広瀬千種から引き離し、柔らかな土の上に広瀬達の服を広げたところに広瀬を寝かせ、男が続けて広瀬を犯した。
「お゛っあああっ! いまっ動いたらっ……あっあ゛っあんあんあんあんっ!」
 広瀬は絶頂を迎えているのに、更に男に犯されて、嬌声を上げながら、腰を足をしっかりと男の背中に回した。
「ああぁんっ……すごいっ、なかっ、犯されてるっ……! ……あぁっあ゛っあーっ……」
 レイプであることなど、些細なことだと思えるほど、千種とのセックスとの違いも一瞬で上書きされた。
 こっちのセックスが気持ちが良い。そう思えたのだ。
「ほら、こっちのペニスも咥えて。次はこれだ」
 撮影をしていた男がペニスを出し、それを広瀬の口に持っていく。すると広瀬はそのペニスを手を持って、口に咥えてペニスを舐め回した。
「……うわっすげっこいつフェラ、上手いぞっおおっ」
 撮影していた男が呻きながらも撮影を続けている。広瀬は上目遣いにそのカメラを見ながらフェラチオを続けた。
「こっちのアナルも最高っ。やべえよ、こいつら」
 広瀬を犯している男も夢中になって腰を振っていた。
「あ゛っああっいいっはげしすぎっあ゛っひっあんっあんっあんっ……あぁっあ゛っうあああっ」
 広瀬は乱暴に犯されている状況をすぐに受け入れ、男に身を委ねた。その間に千種が他の男に犯されているにも関わらず、そんなことは些細なことのように思えた。
「あ゛あーっ……あひっ、んっあ゛っああっいいっ、きもちいっ……うぁっんっあっあぅっ」
「素直になったな。こいつ、レイプ願望あったんじゃね?」
「というか、快楽に弱いって感じじゃね? 乱暴な方が好きな奴、いるじゃん」
「ああ、そういうこと。今までもさぞかし物足りなかったんだろうな。俺等が十分可愛がってやるからな」
「ああぁっ……セックス、いっいい……あーっ……ひっ、あっ、あぁあんっ」
 広瀬が満足して犯されている中、千種は怖さから、逃げようとしていた。表に逃げようとしたが、表に出る前に男達に捕まった。
「裸で逃げようってのか?」
「アナルにあるの、あっちの淫乱な僕の精液なのにな」
「あ〜あ、恋人を置いていくとか。酷いなお前」
 千種は男三人に押さえつけられ、立ったまま前屈みにされ、後ろから男に犯された。
「ひあ゛あっうあっあんあんあんあんあんあんあんっ!」
 男は乱暴に千種の中に入り込み、抉るように前立腺をなども擦り上げて、、まずは千種の恐怖を快楽に変えていく。
 千種は嫌だと言いながらも、嬌声を上げて、まずは一回絶頂させられた。
「あ゛ああぁーっ……あひっ、あ゛っいっあ゛っんっだめっ、あああっ」
広瀬の嬌声が聞こえてきて、千種はそれに少し煽られる形になった。
「あああぁっ、やらっ、おれ、いって、いってるよおっ、あんっ、そこ、ぐりぐりってぇっ!」
「自分のことは、可愛く千種って名前で言え。もっと気持ち良くさせてやるからな」
「ひああっらめっ、そこっあひっ……おかしくなるっ……い゛っあっあっあんっあんっあんっあぁんっ!」
「気持ちいいって認めな。広瀬くんなんか、もう認めちゃって、気持ち良くなってるよ。ほら」
 そう言われて、広瀬を見せられた。
 広瀬は男に跨がっていた。逃げられる体勢なのに、男のペニスを口で咥えて、精液を躰に浴びている。
「ひろ、せ……?」
 あまりの変わり様に、千種は唖然とした。
 あんな広瀬を見たことがない。千種とのセックスで、あそこまで乱れたこともなかった広瀬が、知らない男相手に躰を開いて、心まで開いているのだ。ショックを受けない方がおかしい。
広瀬くんだっけ、セックス好きだよね?」
 男がそう言いながら、広瀬の顔に精液を吹き付けている。
「ふあぁっあ゛っあんっセっクスっすきっすきっ……! ああっい゛いっ……きもちいっ、んっあ゛っああっ」
 広瀬は気持ちが良いと嬌声を上げ、二人目の男を受け入れ、三人目の男の精液もアナルで受け止めた。 
「あっ、広瀬は男の、おち○ぽが大好き……ぁっ、大好き、なっ、淫乱です……っ!」
 広瀬はそう叫んで、男のペニスに自ら跨がって、腰を振って、乳首を自分で弄った。それを男達は笑いながら撮影をしている。
「ひぁっ……おっ……おち○ぽぉっ……広瀬の、ケツま○んにいれてぇっ奥までいっぱい突いてっ、んっあああああっ!!」
「精液欲しいだろ? 広瀬、言うんだ」
「ひぁんっ! あぁっ、くださいぃっ、せいえき、広瀬のっケツま○こにぃっああぁっ、いっぱい注いでっ……あっおれもいくっ、せいえきでちゃうぅっ! んんっ、あんっあんっぁあんっあああああぁっ!!」
広瀬くん、可愛すぎだろ。俺等のペットになるか? 毎日、こんなセックスができるぜ?」
「あああぁんっ、すごいっ……! あっ、ぁんっ、ふあぁっ、広瀬はペットになるっ、ああっいってるのぉっ! せいえきでてるよぉっ!!」
 広瀬はペットになると叫んでから絶頂をした。
 アナルから精液を吹き出しながら、男達の萎えたペニスを勃起させるために、フェラチオをして、勃起させると、自ら男に跨がったりして、ペニスを要求した。
 あまりの広瀬の変貌に、呆然としている千種を男は犯し続けた。
「あああんっ!! あっ、ひぁっ、んぁっはぁんっ!!」
 千種が息をすれば、自然と嬌声が口から漏れるようになった。
「ああああーっ! やらぁっ、らめっ、はっふぅっ……あっ、ああぁっ」
 気持ちいいことを認めたくはない。けれど気持ち良くて、何もかもどうでもよくなってくる。そういう絶頂を何回も味わい、快楽の限界がもっとあることを知った。
 そして五度目の絶頂で、とうとう千種の常識も全てが吹き飛んだ。
「ひあ゛っ、いいっ、あんっあんっあ゛ーっ……きもちいっ、なかっ、あ゛あぁっ、おち○ぽでっ、犯されてるっ……あーっ、あーっ……」
 立ったままで三人目の男を受け入れている千種がそう口走ると、男達がふうっと息を吐いた。
「やっと堕ちたな。久しぶりに難解なヤツだったっけど。セックス好きな奴なら、俺等に堕ちないわけないからな」
「あっちは簡単だったけどな。でもどっちも受け受け過ぎるんだよ。こんないい穴してるのに、乳繰り合いで満足とか、勿体ない。もっと回してやんないと、満足しないでしょこれ」
「あ゛ああぁっ……だめぇっ、セっクスっよすぎて……こわいっ、ひあっあ゛っあーっ、ああぁんっ……」
 千種はセックスの快楽が怖いと、素直に認めた。
 それでもそれを求めずにはいられずにいる自分を否定できなかった。
「ひっあ゛ああーっ……いぐっ、中でっ……! ふあぁっあ゛っあああんっ!」
 千種はもう広瀬とのセックスのことなど、遙か彼方に忘れるほど男達との行為に夢中になった。

 六人の男達に順番に回された後、男達に二人の別荘まで入り込まれ、その別荘で丸二日間も二人は、新たに呼ばれた男達も交えて、二十人弱の男達に回された。
「あ゛あああっ……はひっ、イっあっうああぁっ……」
 別荘中のあらゆる場所で、千種は犯された。それどころか青姦は川まで降りて水の中だったり、別の別荘に忍び込んだり、従業員が若者の仲間だったコンビニの店内で犯されたりと、あらゆる青姦も楽しんだ。
「あ゛あああぁんっ! あひっいいっあ゛っあ゛っああああっ! ひあ……あーっあーっ」
 最後には道路の真ん中で四つん這いになりながらセックスもした。
「ああぁんっ、あんっ、んっ、はふぅっ、いいっ、いいのぉっ、おち○ぽぉっ、もっと……いいっ、あっあっあっ」
 ガードレールに捕まったまま、連続で十人以上も相手をして気絶したり、二輪差しまですっかり覚えてしまった。
「ふぁあっ! あぁんっ乳首っ、ちくびさわってぇっ、んぅっ、いっぱいこりこりってして、舐めて吸ってぇあああんっ」
 男達が持ち込んだ様々な道具で、オナニーをさせられもしたし、撮影もされたが、千種広瀬も気にすることなく、行為の溺れた。
「ああああっ! ああんっ、おち○ぽっすきっ!」
「やああああぁ! きちゃうっ、またきちゃうのぉっひぃあっ、あんっ、ぁんっ、あぁっあああああっ!!」
 いい掘り出し物を見付けたと男達は千種広瀬を犯しつづけたが、二人が帰る日にはあっさりと解放してくれた。
 男達は自分たちの痕跡を消すためか、別荘を掃除して痕跡を消してから消えていた。その手慣れた様子から、いつもやっていることだと二人は気付いた。
 この別荘地は確かに囲われているが、町のああいう人間が入りこめる箇所かどこかにあるらしい。そこから二十人近い男達が入りこんでいるのに、従業員が気付かないなんてことはあるわけない。
 そう思っていると、帰りのタクシーで別荘地の門を出る時に、二人は気付いた。
 従業員があの最初に二人をレイプしてきた若者の中にいたことを。
「機会がありましたら、またお越し下さいませ」
 にこやかに男が言ったので、二人も喉を鳴らして答えていた。
「はい、またすぐに来ます」
 誰もいない時期にきっと、この従業員から連絡があるはずだ。
 あんな楽しい日々をバカンスとして送れるならば、二人は何を置いてもここに駆けつけたいとそう思った。
「楽しかったね」
 広瀬がそう千種に言った。
「うん、楽しかったね。また一緒にいこうね?」
「うん、絶対だよ」
 二人はそう強く約束をしたのだった。