2020年11月

一眼レフデビューしました

一眼レフ初心者になりました。

カメラマンが出てくる話を書いているくせに自分は一眼レフに触れたこともないという。

まあ、ピアノもそうなのですが...。

結局どっちもやり始めることになりましたね。 中古でいいカメラを手に入れたので、色々揃えて、元々持ってたカメラ作画の参考にしていた雑誌を眺めて一眼レフデビューしました。

簡単なことが分からず、やりたいようにやるために全オートではないモードも使いながら、植物かドールばっか撮ってます。

幸いシャッター回数五千回以下でズームレンズ二本もカビなし埃もない上等品だったので、これを使いつぶす勢いで写真練習しまくろうと思っている。

単焦点レンズ一本買い足したけどね。

 

このミラーレスな時代になりかけているのにね。あくまでも鬼柳の気分になれるのは一眼レフなので選んだのもあるけど、やりたいことやレンズを増やす場合になるべく入手し易くお手頃で中古の備品も揃うものというので選んだのがNikonさん。

十年前の機種なので、画質も当然落ちるけど、デジカメやスマホで出来ない表現が出来ているので今のところ不満はない。

上位機種を触ったらさすがに違いも分かるだろうけど、他を知らない無知って素敵。

 

個人的にスマホで同じことをやったら加工してんの丸わかりな映像になったが、ちゃんと背景が綺麗にボケてくれて加工じゃない自然さでボケてたのと、スマホよりも出来上がりがいいように見えているのが、やっぱり違うなーと感心した。

 

デジカメで同じ物を撮ったら一番下手な構図にしかならなくて逆に面白かった。

あとraw保存で調整して書き出したら、笑えるくらいスマホと出来と違って、やっぱり違いって出るもんだなーとここ一週間、スマホに一眼レフの写真を入れたものを眺めてます。

まだスマホより構図が下手なのがドール撮影で、やりたいことがまだやれてないので、練習あるのみです。

風景も撮って見たいけど、今時期は色が暗い感じで寂しいので、道端の花とか撮ってる。 今から春が待ち遠しい。

 

基本アップ、単体もの。 インスタとかでぼちぼちそんなのを上げている。 ちょこっといいねも貰えて、モチベーションも上がるのは、写真でも小説でも変わらないもんですね。

 

こう、手にする趣味が増えたのはいいが、のめり込んでちょっと飽きて、別の物にハマってと、気付いたら、ピアノ、ギター、ウクレレ、カメラ、ドールって趣味が増えすぎてどれも週1しか構えないという雑多なことで一杯一杯になりました。 でもカメラ以外、インドアというどれだけ外に出たくないんだーとなりましたね。

今日はこれ、明日はこれ、気分でやること変わっているのでちっともあっちもこっちも上達しないんですけどね!!

アニメを見るドールを作る

最大級に流行っている鬼滅アニメをやっと一気に見たのだけど、面白すぎて漫画も買ってしまった。
もちろん本は売ってない(売り切れているのばっか)なので、電子書籍にした。
全部読んだけど、しくじった。
完結してると思ってたら、23巻完結じゃねーか。あと一ヶ月我慢しなきゃいけないとかなにこれ、ぎゃああああ。
やばい映画館に久々に行きたいくらいに見たいアニメの続き。
あまりによかったので、冨岡さんのねんどろいどまで予約しちゃった。善逸も欲しい。
でも推しは鬼滅最強の男、縁壱という、絶対ねんどろいどでねーよっていう。
だって柱でも冨岡さんがやっと出るところですよ。柱全種出たとしても、十二鬼月の上弦とか出た後くらいに回されるほどに遠いキャラ。
もちろんフィギュアすらでないような人。ファイナルまでアニメ化すれば、ぎりぎりフィギュアでるかなーくらいの人。(たぶん一番くじあたりが可能性があるかな~)

基本、最強男が好きなので、進撃でいえばリヴァイという分かりやすい推し傾向です。
あれよ、うだうだ悩まずやることやってる強い人は基本好きなので鬼滅のキャラは前向きで好きなキャラ多かったのでお気には多かったし背景を知れば好きになるキャラも多かったので、面白かったんだと思う。
で、その中でも最強キャラの縁壱、もう出ないなら出ないで自分でねんどろいど作ろうかなと思うほど。再販のねんどろいどヘッド注文しちゃったけどな。頑張って作ってみる……か。
でないキャラとか作っている人いたので(縁壱をどんぴしゃで作っている人がいたので作れるのかよと調べちゃったわ)

最近こういう創作の方にもはまってしまってる。

ドールに填まってしまって、何体か買ってしまったのですが、(まだ球体ドールは買ってないのでぎりぎりセーフとか思ってる)
そのうち植毛ヘッドなるものがあり、自分で大体作れるらしいと知ってから、switchのキャラを作りたい衝動が抑えられず、ついに透耶と鬼柳の顔、自分で描いて作ってしまった次第。
描き目とかしたんだけど、後で印刷で貼り付けるやつでできるって知って悔しい思いをしているところです。
描き目めっちゃ苦労して描いたんだけど、透耶の目がもうちょっとどうにかしたかった気がしたんで、ちょっとアウトフィット作りが収まったらその印刷でどうこうの指南サイトでもみながら勉強しようかなと思っているところであります。植毛ヘッドはアゾンさんに売っているやつなので簡単に手に入れられるしな。
で、鬼柳のヘッドがもう市販されてないやつをなんとかオークションで手に入れて、描き目はばっちり描けたのでよかったのだけど、ボディがどうしてもオビツ27スリムしか合わなくて、なんとかピュアニーモMあたりにはまってくれたらよかったのだけど、はまるけど違和感凄いもんで怖いから止めたけど、服作るのがいろいろと面倒な身体(型紙がない)をしているので、アゾンさんの六分の一男子のボディにすっかなーどうすっかなーと迷っている。
透耶をピュアニーモMにしないとオビツ27との身長差が合わないのもあって、ああーもうあわねえよっとどれにしても面倒くさいことになってしまっている。

まあ、ドールのアウトフィット作りは今年になってから始めたもんで、ミシンが手に入らないからめちゃくちゃ困った。モノがないってすごい不便。買いに行っても売ってないのだもの。
ちょうど出た給付金をたまたま再入荷したミシンと布や道具揃えるのに費やした。ははは。
あれこれ縫ってみている。作りたいのと本などに載っているのと微妙に好みから外れているパターンでそこをオリジナルに書き換えてとかして、面倒くさいことをしている。
最初は上手くいかなかったけど、ぼちぼちミシンが言うことを聞くようになってきたのが何とかなってる感じですね。

ドールもやっとお気に入りが決まったのと縁壱を作りたいという気持ちが今のところ強いので、あとは透耶のピュアニーモボディを新調して(他のを借りている状態なので)アウトフィットも鬼柳のワイシャツと透耶の初期コート、鬼柳のコートも作りたい。型紙がないパターンなのでどっかから人間用のものを参考に作り直ししていくしかない。
ちなみにROLLIN'のキャラとかも作ろうと思ったのだけど、男のヘッドが売ってなくて、ボークスさんの植毛ヘッドしかないんだけど、優男なので楸(ひさぎ)に合うのかどうかすら予想すらつかない状態で一旦ストップしてる。ヘッドだけ作ってみてどうすっかなとは思っている。
ちなみに響のヘッドは予備で買っておいた植毛ヘッドで描き目入れたんで、あることはあるんだけど、顔がなー丸いのがなー。かといって楸(ひさぎ)と同じ顔にすると身長も同じことになるんで、身長差萌えもできんアレになるのがなーといろいろと考え中。
とりあえずはボークスの植毛ヘッドを手に入れるしかないんだけど、オールバックにするには生え際とかを植毛をするしかないっぽいんだよね。なので最悪、植毛すらデビューする羽目になるわ、私。とちょっとネット検索してオールバック植毛しているブログ読んでる。


こんなことをしているのでもちろん小説書いてない時間は長い。あはーん。
いやね、書いてない時は考えているので、書こうと思って準備したら結構あっちゅーまに書き上げてしまうのでいいんだけど。
結局短編三本書いたし、R18短編もだいぶ先まで書いてあるし、最悪来年分はある感じなので、まあ今年はもう大晦日まで別のことして遊んでもいいかなと思いながら、switch外伝11あたりのネタをこねくり回しているところです。

基本創作好き、というか何か作っているのが性に合っているのでしょうかね。
気付いたのだけど、何かやって形が残って結果がわかるものが満足度が高いね。
なのでギター練習がちっとも進まないのだよ。結果形が残らないもんで(曲は自分で作ってないから)


こんな感じでいろいろやってるんです。
創作、楽しいよね。