ゲルインクで描くつもり

線画はアナログで仕上げた方が断然早いので、今回はさらに早くできないものかと思い、ペンはペンでもゲルインクでもよいんじゃないか思った。
基本的につけペンはどうやっても上手くできない。
投稿するわけじゃないし、PC取り込みの時に取り込める黒さであればいいんじゃないかと思って。今回はPCで線修正をする前提。
作画にSAKURAのペンとか使ってらっしゃる人もいるし、書き足しにそういうペン使う人もいるし、別に何使っても取り込めればいいんだよって。
とりあえず一枚だけ描いてみたら、まあなんとかなりそうだったので、ゲルインクで今回のswitchを描いてみることに決めた。

で、ゲルインクの替え芯を注文したら、0.4のものだけ型番間違えてしまった。怒りの再注文(自分のミスなのでなんともならん)
原稿用紙を同人用のものを使っていたのだけど、投稿しないし、ペンがにじまなければいいかと、イラスト用に買っていたケント紙で描いてみたら、全然オッケーだったので枚数足りないから100枚入りのものを再注文。今回は足りるかもしれないが、23話目も同じことしようとしているので、どうしたって足りないから。
ゲルインクのものは、0.3、0.4、0.5と三種類を揃えた。他にも0.28のものもあるし、もっと細かいと0.2、0.1や0.05のミリペンもあるからいいかなーと。
下絵トレースして線画をするので、ちょっとムスカ中。(目が目がぁ)

最近、絵を描いていることが楽しくて仕方ない。
いつもなら大苦戦のネームもすんなり描けたし、下絵もガンガン描いている割に丁寧に描いている。描き込みもしまくってる。
まあ、全部、ワンパンマンを描いている村田先生の生配信の影響なんだけどね。ここ五日ほど遅くまで描いてらっしゃってそれをずっと付けて、休憩時にじっくり見てる。
配信の録画もページにあるので、配信がないときは見てなかった分を見たりしている。
だらっとして丁寧に描けなくなると、めちゃくちゃ早くてでも丁寧に描いている先生の映像を見て「丁寧にやらんと意味ない」とか思いなおしている。

こんな感じでモチベーションを保っている。
なんというか、描いているのをみると描きたくて仕方なくなるのです。
あと漫勉の録画を流していても同じ感じ。
なんだろうね、プロの方は苦しそうに描いてないからかもしれない。

あと最近一言コメントをバンバン押して貰っているのもある。
萌えって押して貰えると嬉しいね。頑張ろうっと。