04 優しきBlue

優しきBlue
VOCALOID IA
Lyrics&Music&Illustration 一維(kazui)2407


まわるまわる 蝶々のように
まるで私の心のよう
同じ所をくるりくるり

あなたが傷付かないように
何もかもから守ろうと
森は危険だから
ほらここにおいで

草や木 緑が溢れてる
祝福され生まれてきた
笑っていて欲しい
ねぇ手を繋いで

いつか離れていく
あなたにありったけの愛を捧げ
強く羽ばたいては
鳥のように海を飛んで渡ってく

まわるまわる 蝶々のように
目の前にある 綺麗なBlue
その目に映る全てが あなたにとって優しいであれ
走る走る 小さなあなた
いつか誰かと海を越えてく
振り返ったら私はここであなたを見守っている


あなたが転ばないようにと
手を伸ばしていたけれどね
もう一人でだって ほら前を見てる
城を後にあなたの前にあなたが守るべき人が
現れてたそこで ほら笑っている

いつか離れていく
あなたが私を抱きしめ泣いて
何千キロもいく
鳥のように海を渡って消えた

まわるまわる 蝶々のように
目の前にある 綺麗なBlue
その目に映る全てが あなたにとって優しいであれ
走る走る 小さなあなた
いつか誰かと海を越えてく
振り返ったら私はここであなたを見守っている

まわるまわる 蝶々のように
目の前にある 綺麗なBlue
その目に映る全てが あなたにとって優しいであれ
走る走る 大人のあなた
やっと海を越えていくのです
振り返ったら私はここであなたを見守っている

まわるまわる故郷のBlue
繋がっている あなたとBlue
その目に映る 全てが
あなたにとって優しいであれ