07 After the rain

After the rain
VOCALOID IA
Lyrics&Music&Illustration 一維(kazui)2407


五月雨 濡れた窓に
寄り添う影 願うことだらけ
花柄 翻して
途方もなく 繋ぎ合わせていた

雨上がり 虹の中
過去が消えてゆきます
口ずさむこともなく
拙い言葉 溢れゆくよ

舞い上がるように駆け抜けた
風は頬 撫でてた
次の明日も手を伸ばして
夢物語 悲しき詩(うた)
自分のことを信じたい
蘇る詩(うた)たち
悲しき詩(うた)にならないで
生きたいのだ 叶うのならば
最後まで繋ぎたい
全て 愛おしい


紡いだ言葉達は
屁理屈だけ繋ぎ合わせてた
ひとつ ふたつ 息するため
大げさじゃなく重大なことなの

目に映るもの全て
壊してしまいたい
濡れている推薦は
次の空 雪崩れ込む 光る

季節が一つ駆け抜けた
輝きを残して
どこで待てばいいのだろう
夢物語 儚き詩(うた)
誰かを信じてみたいの
繰り返す詩(うた)たち
雨に流されたりしないで
生きたいのだ 叶うのならば
光 繋ぎたい
全て愛らしいの


雨上がり 聞こえます
風は凪いでいますか?
全て読み終えたなら
いくらだって詩(うた)ってゆくよ

好きなものを好きと言えたら
愛に似て嬉しい
もし許されるのであれば
生きたいのだ 未来に向けて
儚くて悲しい詩(うた)を
紡いで変えてゆく
蘇り輝く詩(うた)は
星にだって負けたりしない
最後まで繋ぎ
詩(うた)を届けよう