10 with

with
VOCALOID IA
Lyrics&Music&Illustration 一維(kazui)2407


夕暮れはぐれて
色付こうとも
覚えたての
愛が囁く

過激な遊びも
とうに寂れた
意識はここ
一人ぼっちだ

君の強さ 気付かずに
その瞳が非情に告げている

闇が告げた同じ夜
明ける時は大地を揺るがした

幸福が必要だ
いつもいつでも
躊躇わず望んで
無理矢理呼び寄せた
幸福はいかが?
繰り返している いつも


虚勢を張ってる
気配がしてる
振り絞った
声が囁く

愛はいかがと
嘘吐きばかり
悪魔が来て
罪を投げつけ

罰は神が下したら
世界の明日
朝は来ないという

その手伸ばし掴んだら
崩れ落ちた 天使の雷だ

蛇が渡すリンゴ
食べたら幸せに
なれますかなんて
甘い罠に溺れ
残った希望が
君を励ましているよ


この闇が晴れてゆくまで
君は唄歌い
罪と罰
洗い流した

闇が晴れてゆくよ
南のお空に星が一つ光る
それが希望という
君が掴んだ命の欠片なのです